「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
■2016年4月25日
京谷和幸が14人目の「SPORTS JAPANアンバサダー」に就任しました!
京谷和幸が14人目の「SPORTS JAPANアンバサダー」に就任しました!

◇4月20日(水)

京谷和幸の「SPORTS JAPANアンバサダー」就任式が20日行なわれました。

SPORTS JAPANアンバサダーは、“スポーツに、もっと出会える国へ。もっと勇気をもらえる国へ。みんながスポーツで笑顔になれる、そんなニッポンをつくろう。”という「SPORTS JAPAN」の理念をたくさんの人々に訴求するメッセンジャーとしての役割と、日本スポーツ振興センターと一緒にスポーツを通じて、日本(日本国民)の「信頼」「規範」「ネットワーク(絆)」(=「ソーシャル・キャピタル」)の構築を推進するパートナーとしての役割の両方を担います。

ライツネットワークメンバーでは、7人目のアンバサダーとして佐藤真海(サントリー)が就任していて、京谷は14人目です。

京谷は自身のブログで、「スポーツを通じて、少しでも社会に貢献できるように顔晴りたいと思います。」と抱負を述べています。

日本スポーツ振興センターのサイトには、京谷のメッセージと就任式の動画が アップされていますので、ぜひご覧ください。