「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
■2012年10月12日
片山梨絵がプロサイクリストを引退し“ジテンシャバカ”へ。ブログで引退を発表
片山梨絵がプロサイクリストを引退し“ジテンシャバカ”へ。ブログで引退を発表
片山梨絵がプロサイクリストを引退し“ジテンシャバカ”へ。ブログで引退を発表

マウンテンバイク女子クロスカントリーの日本代表として北京オリンピック、ロンドンオリンピックの2大会に出場した片山梨絵(SPECIALIZED)が、10月に出場する3つのレースをもって、プロサイクリストとして走る公式戦から引退することを自身のブログで表明しました。
・⇒全文はこちら

片山は、前々から2012年を区切りと考えていて、「味わうように1レース、1レース、また日々のトレーニングに取り組みながら、濃厚だった9年間のプロ生活を振り返り、気持ちが変わらないことを確認した」ので引退を決意したとしており、「今まで応援してくれたり、一緒に競ってくれた世界中のライバルたちに、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。」と、感謝の気持ちを綴っています。

今後については、「レーサーになる前の夢だった教員への方向へ舵を切りつつ、自分の経験がHotなうちはレースに関わって自分のノウハウを活かせる場も探しています。」と語り、最後に、「レースとMTBを愛する気持ちはまったく色褪せません。これからもずーっとジテンシャバカであり続けますので、今後ともよろしくお願いいたします!」と結んでいます。

プロとしての片山梨絵の最後の3レースは以下の予定です。
・10月14日(日) 2012年マウンテンバイク・アジア選手権大会
       (レバノン・Baskinta)
・10月20日(土) 2012ジャパンカップ オープンレース女子
       (栃木県宇都宮市・森林公園周回コース)
・10月28日(日) JCF・MTBジャパンシーリーズ最終戦
       (長野県白馬村・白馬クロスカントリー競技場 スノーハープ)
 プロとして最後のレースへのご注目、ご声援をよろしくお願いいたします。