「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
■2012年9月20日
井原慶子が「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」に選出されました!
井原慶子が「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」に選出されました!

唯一の日本人、かつ女性として世界最高格式の耐久レース、世界耐久選手権(World Endurance Championship:WEC)に年間参戦している井原慶子が、内閣官房国家戦略室から「世界で活躍し、『日本』を発信する日本人」の一人に選出され、古川国家戦略室担当大臣から感謝状を授与されました。

ル・マン24時間レースを含むWECへの参戦を通し、日本人女性アスリートの活躍と、日本の自動車技術の高さを過酷なモータースポーツを通じて世界に強く発信した功績が認められた事によるもので、内閣府と海外主要メディアの日本特派員により選ばれました。スポーツ界では他に、女子サッカーの澤穂希選手、ゴルフの石川遼選手が選出されています。

今回の件に関し、井原は以下のように述べています。
「25歳の時にレースクイーンとして初めて観たレースに感動し、自動車運転免許の取得から私のレースキャリアは始まりました。途中、様々な困難はありましたが、『あきらめなければ夢はかなう』という信念のもと、多くの人たちにも支えていただきながらここまでやってきました。今年は、世界最高峰のレースで走る、という長年の夢をついにかなえる事ができました。これからも、我が国の自動車産業・モータースポーツの力と女性の大きな可能性を世界に発信し続けながら、応援してくださる皆さんには、私の諦めない姿勢を見ていただく事で恩返しをしたいと思います」

井原は来週末、バーレーンでのWEC第6戦に出場し、10月13日、14日には富士スピードウェイで行なわれる第7戦日本ラウンドが控えています。