平林 岳
平林 岳
Takeshi Hirabayashi
ジム・エバンス アンパイアクリニック in Japan
―講習会を終えて アンケート― クリニック@東京(03.12.12〜14)
  • 結果:アンケート用紙数・63
  • NPO法人 Umpire Development Corp
講習会ご参加の皆様:更なる講習会の質の向上、参加者のニーズに応えるため次の質問にお答え下さい。ご協力をお願い致します。
1:この講習会をどのようにお知りになりましたか?(複数回答あり)
  • A:知人からの紹介
  • 29
  • B:新聞
  • 11(ベースボール・クリニック)
  • C:インターネット
  • 16
  • D:その他
  • 12
  • ・自分の協会で一括申し込み
  • 3
  • ・平林より
  • 2
  • ・神谷より 
  • 2
  • ・外苑
  • 2
  • ・リトルシニア
  • ・手紙が来た
  • ・ライツ社よりDM
  • ・父より
  • ・UDCより

2:この講習会で一番勉強になったのは何でしたか?(複数回答あり)

  • ・VTRによるボークの説明
  • 10
  • ・正しい目の使い方
  • 7
  • ・座学、ルールの説明
  • 7
  • ・距離よりも角度が大事
  • 6
  • ・講習全て
  • 5
  • ・7つの法則
  • 4
  • ・審判の基本
  • 4
  • ・2人制
  • 3
  • ・PUの基本
  • 3
  • ・PUとBUの責任分担
  • 3
  • ・Pause、Read、React
  • 2
  • ・ピボット
  • 2
  • ・アピール権の消滅
  • 2
  • ・日米のルール解釈の違い
  • 2
  • ・ルールブックをもう一度読んでみようと思った
  • 2
  • ・動きには全て理由があるということ
  • 2
  • ・色々なことを知る
  • ・若い人がそれなりに多かったのが、これからの審判界に希望が持てる
  • ・バントの説明
  • ・今までルールを勉強してきたつもりだが、ジムの説明により、かなり新しい発見があった
  • ・審判の最大の敵は「驚くこと」
  • ・けん制球
  • ・審判はただ単にアウト、セーフだけのものではなく、ルールを正しく知り、皆に納得させる真摯な仕事
  • ・ジムの指導
  • ・1塁でのプレーの見方
  • ・フォースプレイ
  • ・野球の最新情報
  • ・判定に対して必ず理由をコール
  • ・常にトレーニングが必要
  • ・審判用語の習得
  • ・アメリカの審判の実際の方法を知ったこと
  • ・審判に何が必要かという心得
  • ・ビデオの映像による実例
  • ・時間のロス無しで動くにはどうしたら良いかという事
  • ・ポジショニング
  • ・リトルリーグへの考えとして、子供達に夢を与える事が今まで以上に出来ると思った(ストライクゾーンなど)

3:ジム・エバンスの講義、指導はあなたにとって理解しやすかったですか?

  • A:分かりやすい
  • 58
  • B:普通
  • 4
  • C:分かりにくい
  • 1

・どの点がそう感じましたか?(複数回答あり)
(Aの回答者から)

  • ・具体的な例を挙げ、その理由をいつも簡易に説明していた
  • 21
  • ・身振り、手振りを加えての説明
  • 5
  • ・わかりやすく、納得いくまで説明してくれた
  • 5
  • ・内川の通訳
  • 4
  • ・熱心で丁寧な指導
  • 3
  • ・質疑に対する応答
  • 2
  • ・新しい知識、実感、斬新
  • ・理論的
  • ・ジムがハンドマイクを使用していればさらに良い
  • ・ジムのジョークが楽しい
  • ・講義の進め方
  • ・ユーモアを交えて、聞く側をリラックスさせての話術
  • ・全部
  • ・基本に忠実

(Bの回答者から)

  • ・ジムの英語を理解出来ないのが残念。もう少し勉強しておけばよかった

(Cの回答者から)

  • ・ いろいろな例を挙げて説明してくれた事
  • *「分かりやすい」と間違えて、Cと回答した可能性あり

4:今まで受講してきた審判講習会とどんな点が一番違いましたか?(具体的に・複数回答あり)

  • ・明確な理由で、わかりやすく説明してくれた
  • 18
  • ・2人制の説明
  • 4
  • ・今回が初めての講習会への参加
  • 4
  • ・講習中に笑いが出たり、褒めてくれたりする
  • 3
  • ・スロットポジションの意味の詳しい内容説明
  • 3
  • ・インストラクターが親切
  • 2
  • ・押し付けるような指導がなかった
  • 2
  • ・座学が楽しかった
  • 2
  • ・教える側の熱意が違う
  • 2
  • ・いつもエバンスで講習を受けていますが、その都度何かを得ている
  • ・斬新
  • ・自由に意見が言える
  • ・質問に対して明確に答えてくれた
  • ・えらぶらずに、レベルに合わせて教えてくれた
  • ・身振り、手振りによる指導
  • ・他は厳しさばかり前面に出て、ベースボールの楽しさを伝えることが少ない。
  • ・この講習会は野球はドラマチックであり、厳しさの中にも楽しさを伝えてくれる。
  • ・根本的に違う
  • ・いろいろな状況に対する判定の仕方
  • ・アメリカと日本、及び各連盟のルールの違いの説明
  • ・今までは一方通行的な講習会ばかりだったが、今回は一つの質問に対して細かく、また広く教えてくれた
  • ・通訳がとてもよかった
  • ・細かい動きまで短時間で教えてくれた
  • ・テンポがよかった
  • ・一つのプレーに対して、さまざまな場面の対応を話してくれた
  • ・インストラクターが若い方ばかりである
  • ・宣告用語とシグナルを具体的に教えてくれた
  • ・説得力がある説明で、反論の余地がない
  • ・1塁でのフォースプレイの説明
  • ・目の使い方

5:今後講習会に加えて欲しい講習内容、メニューはありますか?(複数回答あり)

  • ・3人制、4人制
  • 10
  • ・ドリルをもっと多く
  • 10
  • ・実際の選手を使った試合
  • 7
  • ・状況別のデモをもっと多く
  • 3
  • ・interference、obstruction
  • 2
  • ・ルール講義をもっと詳しく
  • 2
  • ・審判用語を詳しく
  • 2
  • ・少人数制、経験者別に分かれてのトレーニング
  • 2
  • ・2人制をもっと
  • ・個人それぞれのメカニックの形成
  • ・ランナーがいる状況をもっと多く
  • ・8.02をもっと詳しく
  • ・キャンプゲーム
  • ・講義時のビデオでの解説
  • ・プレートミーティングのデモ
  • ・もっと長時間の講習会
  • ・ホームでのタッチプレーを見る位置
  • ・ランダウンプレイ
  • ・審判学校と同じような5週間のトレーニング
  • ・VTRを取り入れた実技指導
  • ・Pause、Read、Reactをもっと多く
  • ・グループに分かれて、ルールなどを話し合う(※このクリニックで行いましたが・・)
  • ・2塁盗塁の見方
  • ・ランナーズレーンの対処の仕方

6:UDC主催の講習会を、これから審判を始めようとする方にあなたなら勧めますか?

  • A:勧める
  • 61
  • B:勧めない
  • 1
  • C:無回答
  • 1

(Aの回答から・複数回答あり)

  • ・理論付けて説明があり、わかりやすいから
  • 5
  • ・基本がいかに大切かを知ることが出来るから
  • 4
  • ・今までにないクリニックだから
  • 2
  • ・他人に勧める価値がある
  • 2
  • ・審判に対する考え方が、現時点より一層興味が湧いてくると思うから
  • ・今年から始めたばかりの自分にとって、今回の講習は間違いなくプラスになったから
  • ・丁寧に教えてもらえるから
  • ・自分のためにもなったから
  • ・日本審判員の権威向上のため
  • ・審判とはこうあるべきを知れるから
  • ・若い人に審判を目指して欲しいから
  • ・2ランクアップすることが出来るから
  • ・悪いくせが出る前に講習を受けた方がいいから
  • ・日本の審判(旧体制)を変えたいから
  • ・この講習会は大変勉強になるから
  • ・各ルール、フォーメーションの根拠がしっかり身につくから
  • ・話があったように、よい審判をするには、よいトレーニングを受けることが大切だから
  • ・この先、日本で中心となる審判法と思われるから
  • ・野球はインターナショナルでなければならないから
  • ・これほど徹底した講習会は、どこにもない。自信を持って勧めたい
  • ・審判をやり始めた人には特に勧めたい。審判としてのコツがすぐにつかめる
  • ・ジムに会える機会が素晴らしいから
  • ・リトルリーグ、中学校などの底辺から勉強させたいから
  • ・やればやるほど楽しいから
  • ・出来るだけ早い時期に、正しくトレーニングを受けることが大切だから
  • ・純粋に審判に取り組める理念を感じるから。変なしがらみがないから
  • ・ルールの適用等が優れているから
  • ・2人制を理解出来れば全てが理解出来ると思うから
  • ・色々なシステムがある事を知ってもらいたいから
  • ・審判の基本が2人制である事を認識させたいから
  • ・教わろうというより、未知のものに触れてみたくて参加しました

※こんな意見も・・・

  • ・勧めるが、初心者では難しいかも

(Bの回答から)

  • ・少年野球、草野球などには使えないと思うし、ある程度のレベルの方に指導していくべきだと思うから

7:その他講習会に関する感想があれば何でもお書き下さい。(複数回答あり)

  • ・もう少し長い期間で
  • 7
  • ・また参加したい
  • 5
  • ・ローカルへも出向いて欲しい。
  • 4
  • (例:埼玉県川口市、さいたま市、所沢市、神奈川県大和市、横須賀市)(袖ヶ浦)(福岡)
  • ・班分けされていたが、グループでの活動がなく、機能していなかった
  • 3
  • ・インストラクターの情熱が伝わる楽しい講習会だった
  • 2
  • ・定期的に開催して欲しい
  • 2
  • ・初級、中級、上級とレベル分けした講習
  • 2
  • ・金銭の授受について、もう少し基本に忠実であった方がよい。
  • 2
  • (パーティ費の支払いなど、単なるチェックだけでしたが、領収書(参加証)の発行など必要ではないでしょうか。パーティ費の返金については、受領サインをするなども必要だと思います。)
  • ・アメリカの審判学校の情報が欲しい
  • ・デザートクラシックに参加したい
  • ・週末だけの講習にしても、何週も連続で行って欲しい
  • ・参加者多数の場合には、何組かに分けて欲しい
  • ・スタッフの役割分担が明確であった
  • ・説明のやり方が、「教えてやっているのだ」という高圧的な態度がなく、素直にやってもらえたので、我々も素直に聞けた
  • ・1つでも聞き漏らすのが、大変惜しいと思える気持ちで聞けたことを感謝したい
  • ・ジムを招いたご尽力に感謝
  • ・今回は100名ぐらいの参加でしたが、50名ぐらいで集中したい
  • ・出来るだけ早い時期(申し込み時)に事前アンケートをとって、参加者の実態(経験年数等)を把握すれば、それにあわせてもっと効率よくできるのではないか。
  • ・1人あたりのフィールドトレーニング時間をもっと増やす
  • ・理論も必要だが、習うより慣れることも大事ではないか。
  • ・インストラクターによるデモンストレーションがあれば分かりやすい
  • ・今回はジムをお招きしての講習会ということでしたが、せっかく平林様、内川様、藤原様という3人の方がいらっしゃいましたので、グランドでの講習を分担して同時進行で行うなど密にして欲しい。
    例:A班 平林氏・・・投球判定 B班 内川氏・・・球審 C班 藤原氏・・・塁審
    これをローテーションすることにより全部経験する。
  • ・班分けを明確にするために、名札にグループ名を明示するとか、色分け、又はゼッケン等で誰でも分かるようにすればよいと思う。
  • ・審判の年功序列を止めさせられるような働き掛けをお願いしたい。
  • ・基本から次のステップに進んだカリキュラムを企画して欲しい
  • ・アメリカの5週間のプログラムを、3〜5年間程度でマスター出来るような、息の長い企画を期待している
  • ・集中するため、もうちょっと休憩があってもよかった
  • ・楽しく指導されていることが印象に残った
  • ・ジムは最高
  • ・これからも時代にマッチした新しい指導を、もっと広く全国にインストラクターを派遣して行って欲しい(特に軟式野球)
  • ・仲間にまず2人制を見せてやりたい
  • ・ジムの話は説得力もありよく分かるが、内川さんの話の方が、中身の多いものが出来ると思う(時間に限りがあるから)
  • ・インストラクターの内川氏の解説は、今までの講習会ではなかった流暢さが大変気に入りました。又受講するたび(今回が2度目)に少し技術が上達したように思われ、審判そのものの概念が大きく変わり、ジャッジ等に自信が持てるようになりました。
  • ・英語が苦手なので、コールなどの日本語訳が欲しい
  • ・内川さんの試合を含め、マイナーリーグ観戦ツアーを企画して欲しい
  • ・日本全体が組織にとらわれることなく、同じスタイル、同じ考えで出来る様頑張ってください
  • ・英語が話せないのと、普段使っていないコールが英語なので、トレーニングの場に出ていけなかった
  • ・弁当が冷や飯でひどい
  • ・実習に入る前の「ゴー・ストップ・コール」で、審判としての「型」「美」「威厳」への作り上げの為、インストラクターは手を加えても良いと思います。
  • ・日本の講習は、「ああやれ」「こうやれ」と言うだけの方法であるので、「なぜこうなんだ」「言って聞かせてやらせてみる。ほめてやらねば、人は動かず」の指導を方法を活用してほしい
  • ・ホテルの部屋割りを、喫煙・禁煙に分けるべき
  • ・参加者名簿が欲しい
  • ・審判学校を作っていただき、どしどし審判を指導して欲しい
  • ・英語を勉強して、将来大リーグに挑戦したいと思っています。ジム・エバンスのもとで勉強したいです。
  • ・グランドでの講習時、名札のない人が何人か見られました。もし受講料を払っていない人が入れるようだと、正規の受講料を払って受講している人と不公平になるので、チェックが必要ではないか。
  • ・軟式では走者に指をさしてコールすることがほとんどないので、指をさしてコールすることはどうしてなのかよくわかりましたが、コールする言葉が難しかったです。
  • ・金曜日の朝まで38.5度の熱がありましたが、参加してほんと自分自身の技術向上につながると思います。
  • ・ 私は少年野球のコーチをしているのですが、監督からいつも言われてます。「審判の冷静な心、 そして明確なジャッジ、試合全体(フィールド)を見る目、そして何よりルールを熟知すること。それらは必ずチームを監督することに役立つよ。」打球が飛んだ後、監督としてどこを見るのか、何を見るのか、必ず分かってくると言われてます。みなさんとは目指しているものが少し違いますが、これからも今回教わった基本を大切に、そしてもっとルールにも詳しくなれるように頑張ります。それからカッコよく出来るように。最後に、今まで「アウト!」とコールしてましたが、「He’s out!!」と言うのが、今日一日ではずかしくなくなりました。

※こんな質問もありました・・

  • ・2人制審判について、今後日本の野球は、2人制審判になっていくのですか?
  • ・興味本位なのですが、UDCは今後どのように発展していくのですか?

ご協力有難うございました。