有森 裕子
有森 裕子
Yuko Arimori
「よころびを力に〜走り続けて得たもの〜」を聞いて
株式会社富士通関西システムズ、富士通株式会社(関西地区ES・CS委員会)セミナー(11.08.03)
  • いつも一所懸命なんだと思った。本気でやっていて“本気の人”なのだと思った。負けず嫌いがすごい!
  • 2時間という時間を短く感じる。素晴らしい話術をもっていると思う。
  • 自分を十分褒めていいと思いました。今までマラソンランナー“有森裕子”さんという認識でしたが、人間“有森裕子”さんのファンになりました。
  • テレビで見るよりずっと素敵な方でした。本気・本音で答えてくれ全力をもって生きていらっしゃると思いました。
  • 大変熱い人で思いを伝えたいという気持ちが伝わってきました。
  • 内から輝くものがありました。キレイ。
  • 「すべてを力に!」という言葉が印象的だった。表情・発声・全てが良く、励まされた。
  • 元気で明るく素敵な女性だと思います。子供にも聞かせたいです。ありがとうございました。
  • 諦めないことの大切さを教えてもらった。明日からまた頑張ります。
  • 自分の短所を見事に長所に変え、素晴らしい人との出会いを逃さず、真面目に生きてこられたということにとても感動しました。
  • とても元気をいただいた。明日への活力が湧いた。
  • パワーを頂きました。ありがとうございました。
  • 熱い、とても熱い良い話でした。ありがとうございました。
  • 元気になれるセミナーであった。前向きな気持ちになれた。被災地の大変さも伝わり感動した。
  • エネルギッシュな講演でとても感動しました。特に高校の部活に入部する話が印象的でした。
  • きっかけの話が聞けて、私の娘に聞かせてあげたいと思いました。
  • 頑張ることの大切さ、日々しんどい時にあきらめない・粘る。すごくパワーをもらいました。
  • 強く生きる、人より頑張る、あきらめないという強い意志を持って努力することを学んだ。
  • 自分の日頃の心の在り方を考えさせられる良い機会だった。やり遂げる大切さを気づかされた。
  • いい言葉を聞かせてもらった。プラス思考の大切さを再認識した。
  • 震災からの復興、マラソン、何事も継続することが大切という改めて続けることの大切さを認識させられました。
  • 当たり前の言葉かもしれないが、「続ける、手を抜かない」という言葉が一流のアスリートから聞けたことが新鮮だった。
  • 「手を抜いたことはありません」と言われていたことが印象的でした。
  • 「なんで・・・だろう」ではなく、「せっかく・・・だから」に変える言葉を聞き、一気に視界が明るくなったような気がしました。どのお話も自分の琴線に触れ、とても震えました。
  • 「マイナスと思われていることをプラスに変えていくこと」、素晴らしかったです。

ご参加いただき、有難うございました。