スポーツ選手の講演会、アスリートへの各種出演依頼はライツへ 「スポーツの力」を「生きる力」に。
廣道 純 7月の活動報告

廣道純プロフィール

種子島ハーフ結果
日程:2004年7月17日(土)
場所:鹿児島県・種子島
<結果>4位
米・アトランタトラックミート アテネオリンピック1500mエキシビジョン予選結果
日程:2004年7月1日(木)〜2日(金)
場所:米・アトランタ
<結果&コメント>残念ながら0.44秒及ばず2組目の7着に終わり、決勝を逃しました。展開的には1組目が3分1秒台の好タイムを出していたのですが、2組目がそれを上回る3分00秒で走り、5着までが決勝に上がれたのですが、ラスト200mでブロックされ、最後尾から追い上げる羽目になってしまいました。T53のピエールと二人で仲良く、7位、8位フィニッシュでした。でも、その後の5000mでは5位ながら10分05秒49で世界記録(10分6秒)を上回って、自己の日本記録を10秒以上縮めました。まだまだ、世界の壁は厚いですが、9月には確実に1500mで決勝進出できるようにします。応援ありがとうございました。今日、3日はOFFで、明日の朝ピーチツリー10kmレースで終わりです。アップダウンの激しいコースでT53にはキツイですが、アテネのマラソンを想定してがんばります。
佐賀関高講演のアンケートをアップしました
※ 2004年6月9日に佐賀関高校で、「どうせ、生きるなら」をテーマに講演した際のアンケートをアップしました
写真展『F-1のごとく Road to Athens−廣道純とその世界』
会場及び開催期間:
  東京都中央区・銀座キャノンサロン 6月28日(月)〜7月3日(土)
  福岡市博多区・天神キャノンサロン 7月19日(月)〜7月30日(金)
  大阪市北区・梅田キャノンサロン 8月12日(木)〜8月18日(水)
※ 約4年の間、世界各国のレースに同伴し、追い続けたカメラマン・渡部仁さんの写真展です。「努力すれば、必ず夢は叶う」を持論とする廣道純の生き方をスポーツカメラマンの目を通してご紹介します。
スポーツ選手の講演会、アスリートへの各種出演依頼はライツへ Copyright(c) 2002-2016 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved
このホームページに係わる著作権、その他一切の権利は株式会社ライツに帰属します。
このホームページの一部または全部について、無断転載、複製などの行為を禁止します。