株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  試合情報 >  髙橋礼華の試合結果

髙橋・松友ペアが第1シードの中国ペアを一蹴、マレーシアOPで強さ見せ優勝!


2018/7/3
試合結果

[BWFワールドツアーSUPER750「マレーシアオープン2018」]
◇6月26日(火)~7月1日(火) ◇マレーシア/クアラ・ルンプール

 

 バドミントンのワールドツアー「マレーシアオープン」の女子ダブルス決勝で、髙橋礼華・松友美佐紀(日本ユニシス)ペアが、第1シードのチェン・チンチェン/ジャ・イーファンペア(中国)を12本、12本に抑え完勝し、1月のSuper500インドネシアマスターズ以来シーズン2勝目を上げました。

 

 大会を通して攻守に好調だった髙橋は、この試合もミスが少なくコースを打ち分け緩急を使った攻めでポイントを重ねました。松友選手も後ろに下げられても粘り強く対応し、コンビネーションも素晴らしく、勝利の瞬間、二人の笑顔が弾けていました。

 

 髙橋は、中島コーチとスリーショットの笑顔の写真で優勝を報告。「あと2週あります、、、。怪我だけはしないように頑張ります」と、本日3日に1回戦が始まるSuper1000インドネシアオープン、来週のSuper500タイオープンと連戦を見据えています。

 

 

 今大会でもっとも苦労したのは、お互いに手の内を知り尽くした日本代表同士の対戦となった松本麻佑・永原和可那ペア(北都銀行)との準々決勝でした。1ポイント1ポイントが長いラリーになることが多く、第1ゲームは18オール、第2ゲームは19オールを迎える接戦になり、前者は髙橋・松友ペア、後者は松本・永原ペアがものにし、フルゲームにもつれました。

 

 ファイナルゲームも9-9までは一度ずつしか連続ポイントがなく進行しましたが、インターバルを挟んで抜け出したのは髙橋・松友ペアで、追いすがる松本・永原ペアを15本に抑え、1時間20分に及ぶ熱戦を制しました。

 

◇試合結果◇
27日/1回戦◯21-16,24-22 vs CHOW Mei Kuan/LEE Meng Yean(MAS)
28日/2回戦◯21-14,21-9 vs Vivian HOO/SOONG Fie Cho(MAS)
29日/QF◯21-18,19-21,21-15 vs 松本麻佑/永原和可那(北都銀行)
30日/SF◯21-9,21-9
      vs Della Destiara HARIS/Rizki Amelia PRADIPTA(INA)
1日/決勝◯21-12,21-12
      vs チェン・チンチェン/ジャ・イーファン(CHN)



試合結果一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.