株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  ライツ・ネットワークメンバー一覧 >  山崎一彦のプロフィール

山崎一彦

Kazuhiko Yamazaki

順天堂大学教授

男子400m障害の第一人者で前日本記録保持者。バルセロナ、アトランタ、シドニーオリンピック3大会連続出場

生年月日
1971年5月10日
出身地
埼玉県与野市(現・さいたま市中央区)
出身校
順天堂大学

略歴


1995年の世界陸上競技選手権イエテボリ大会400m障害で、この種目日本人初の7位入賞。同年のユニバーシアード福岡大会では短距離種目で日本人初の優勝を果たす。

現在は、順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科教授、同大学陸上競技部監督、(公財)日本陸上競技連盟 強化副委員長、2020東京オリンピックプロジェクトチーム・ディレクター

経歴


1989年 埼玉県武南高校卒業
1994年 順天堂大学体育学部卒業、株式会社デサント入社
1999年 筑波大学体育研究科修士課程修了
2000年~2003年 (財)岐阜県イベント・スポーツ振興事業団「スポーツ科学トレーニングセンター優秀指導者」
2008年 英・ラフバラ大学客員研究員 同大学陸上競技部コーチ
2009年 福岡大学スポーツ科学部准教授 同大学陸上競技部監督
2014年 順天堂大学スポーツ健康科学部 准教授、順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科 准教授
2016年 同大学陸上競技部 監督

 

主な競技歴


1990年 世界ジュニア8位
1991年 世界選手権東京大会 出場
ユニバーシアードシェフィールド大会 6位
1992年 バルセロナオリンピック 出場
1993年 ユニバーシアードバッファロー大会 5位
1995年 世界選手権イェーテボリ大会 7位(日本人初の決勝進出)
ユニバーシアード福岡大会 優勝 金メダル(短距離種目で日本人初)
1996年 アトランタオリンピック出場
1997年 世界選手権アテネ大会 出場
1998年 東アジア選手権 3位
1999年 世界選手権セビリア大会 出場
2000年 シドニーオリンピック出場

 

指導歴


現役時代にプレイングコーチとして400mH河村英昭(アトランタ、シドニー)、吉澤賢(アテネ)の五輪選手を育成。
福岡大学では吉形政衡が400mHで09年世界選手権代表。同種目において日本歴代10傑中5名の指導に携わった。為末大にはメンターコーチとして携わった。
福岡大学の10年間では、日本選手権優勝は女子400mH櫻井里佳、400m田中千智、日本インカレでは延べ4名優勝させる。その他アジア大会、ユニバーシアード入賞者を輩出。
2014年から順天堂大学スポーツ健康科学部准教授として着任。15年には、世界選手権代表を輩出し、日本インカレではチーム24年ぶりの4×400mリレーでの優勝など、指導力を発揮。
現在は日本陸上競技連盟強化委員会副委員長、強化育成部長を務め、世界ジュニア選手権などの監督を歴任。2020東京オリンピックプロジェクトチーム・ディレクターとして若手育成に尽力している。

現在の活動


・順天堂大学スポーツ健康科学部 教授
・順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科 教授
・順天堂大学陸上競技部 監督
・日本陸上競技連盟 強化委員会副委員長、育成部長、2020東京オリンピックプロジェクトチームディレクター
・日本代表選手の指導
・陸上教室/山崎陸上教室(岐阜県) <年20回程開催>
※小・中・高生及び指導者を対象とした陸上競技(短距離・ハードルの技術指導)クリニックを実施。
・キッズ陸上/福岡県で小学生を対象に開催
・テレビ/アテネ五輪JC解説など

講演テーマ


・「極限で勝てる人,勝てない人」(企業向け)
・「世界のハードル競技の技術とトレーニング」(指導者研修会)
・「日本400mハードルは世界に通用するか」(指導者、中高生対象)
・「私のトレーニング実践とスポーツ科学」(指導者、中高生対象)
・「少年期スポーツのあり方を考える」(指導者、中高生対象)
・「全国で活躍するためには」(中高生対象)

このエントリーを Google ブックマーク に追加

アスリート・スポーツ文化人をキーワードで探す

キーワードを入力してください。

フリーワード検索

競技・ジャンルで絞り込む

競技

仕事/ジャンル

実績/経験

依頼内容

講演/研修テーマ

出身・ゆかりの地

フリーワード

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.