株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  ライツ・ネットワークメンバー一覧 >  大古誠司のプロフィール

大古誠司

Seiji Ooko

メキシコオリンピック銀、ミュンヘンオリンピック金をはじめ、男子バレーボール界の黄金時代を築いた日本のエースアタッカー「世界の大砲」

生年月日
1948年2月15日
出身地
神奈川県川崎市
出身校
日本大学鶴ヶ丘高等学校

略歴


1967年、地元・川崎にある日本鋼管に入社。その年からVリーグの前身である日本リーグの第1回大会にエースアタッカーとしてレギュラー出場。いきなり敢闘賞とベスト6を受賞する。
同年、東欧遠征に参加し全日本デビュー。国際舞台での活躍も華々しく、常に全日本男子バレーボールチームの主力アタッカーとして多くの大会で活躍し、メキシコオリンピック銀メダル、ミュンヘンオリンピック金メダルに貢献、「世界の大砲」と称された。
若き日の大古を見たブランデージ元IOC会長から「ビッグホース」と、そのパワフルなプレーぶりを称賛された逸話を持つ。

ミュンヘンオリンピック後、1973年サントリーに移籍しバレー部を創設。同社バレー部の主将、監督を経て、1982年の第10回世界選手権アルゼンチン大会(4位)以降1990年まで全日本チームのアシスタントコーチを務めた。
翌1991年4月から1995年12月まで全日本男子チームの監督として、92年バルセロナオリンピック(6位)を始め多くの国際大会に出場した。
オリンピックに選手として3度、指導者として2度、世界選手権にも選手として2度、指導者として3度出場しバレーボール界の発展に大きく貢献した。
2004年4月、アメリカバレーボール殿堂入り。現在もバレーボール界の発展に情熱を注いでいる。

主な競技歴


1968年 メキシコオリンピック  銀メダル
1969年 ベルリンワールドカップ 銀メダル
1970年 ソフィア世界選手権   銅メダル
1972年 ミュンヘンオリンピック 金メダル
1974年 メキシコ世界選手権   銅メダル
1976年 モントリオールオリンピック 4位

 

全日本(男子)コーチ歴


1984年 ロサンゼルスオリンピック 7位
1989年 ワールドカップ(日本) 6位
1990年 アジア大会(北京) 3位

 

全日本(男子)監督歴


1991年 アジア選手権(パース) 金メダル
ワールドカップ(日本) 4位
1992年 バルセロナオリンピック 6位
1993年 アジア選手権(タイ)  銅メダル
1994年 アジア大会(広島)   金メダル
世界選手権(ギリシャ) 9位
1995年 アジア選手権(ソウル) 金メダル
ワールドカップ(日本) 5位
2002年 アジア大会(釜山)   銅メダル

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加

アスリート・スポーツ文化人をキーワードで探す

キーワードを入力してください。

フリーワード検索

競技・ジャンルで絞り込む

競技

仕事/ジャンル

実績/経験

依頼内容

講演/研修テーマ

出身・ゆかりの地

フリーワード

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.