株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  ライツ・ネットワークメンバー一覧 >  大南博美のプロフィール

大南博美

Hiromi Ominami

facebook

5000mからフルマラソンまでオールラウンドにこなす、双子の妹敬美と共に日本を代表する長距離・マラソンランナー

生年月日
1975年11月15日
出身地
福井県若狭町
出身校
美方高等学校
所属
ユティック
好きな言葉
夢ある限り挑戦

略歴


東海銀行(UFJ銀行)、トヨタ車体、福井陸協を経てユティック所属。
双子の妹・敬美と共に日本を代表する長距離・マラソンランナー。2002年釜山アジア大会の女子マラソンで銅メダル。2004年ベルリンマラソンでは2時間23分26の当時日本歴代9位の記録をマークし第2位。

トラック競技においては2000年の全日本実業団対抗上10000mで優勝。2005年の日本選手権では5000mで第2位、10000m第3位に入り、ヘルシンキ世界選手権(10000m)の日本代表に選出された。続く2006年の日本選手権でも10000mで第2位に入り、ドーハ・アジア大会日本代表で銅メダルを獲得。
2007年にはロッテルダムマラソンに優勝し、世界メジャーレースで初勝利を挙げた。

主な競技歴


1998年 全国都道府県対抗女子駅伝 9区10km 区間賞
1998年 全日本実業団対抗女子駅伝 優勝(東海銀行/1区3位)
1998年 横浜国際女子駅伝 日本チーム 2区 区間賞
1999年 宮崎女子ロード(ハーフマラソン) 優勝
全日本実業団対抗女子駅伝 準優勝(東海銀行)
2000年 全日本実業団対抗陸上競技選手権 10000m 優勝
2002年 名古屋国際女子マラソン 2位
アジア競技大会(釜山) マラソン 3位 銅メダル
2003年 ロッテルダムマラソン 2位
2004年 大阪国際女子マラソン 3位
日本陸上競技選手権大会 5000m 4位
札幌国際ハーフマラソン 優勝 1時間08分45秒(当時日本歴代3位)
ベルリンマラソン 2位 2時間23分26秒
2005年 日本陸上競技選手権大会 5000m 2位、10000m 3位
ヘルシンキ世界陸上競技選手権大会 10000m 21位
2006年 マイアミマラソン 優勝(大会新記録)
日本陸上競技選手権大会 10000m 2位
札幌国際ハーフマラソン 2位 1時間09分19秒
アジア競技大会(ドーハ) 10000m 3位 銅メダル
2007年 ロッテルダムマラソン 優勝 2時間26分37秒
2008年 全日本実業団対抗陸上競技選手権 10000m 4位(日本人第1位)32分14秒10
名古屋ハーフマラソン 優勝 1時間09分31秒
2009年 ホクレンディスタンスチャレンジ 10000m 優勝 32分06秒07
山陽女子ロード 10km 2位
2010年丸亀国際ハーフマラソン 5位
青梅マラソン 30km 2位
名古屋国際女子マラソン 3位

 

ベスト記録


5000m 15分20秒75 (2004年日本選手権 4位)
10000m 31分35秒18 (2005年日本選手権 3位)
ハーフ 1時間08分45秒 (2004年札幌ハーフマラソン 優勝 日本歴代6位)
マラソン 2時間23分26秒 (2004年ベルリンマラソン 2位)

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加

アスリート・スポーツ文化人をキーワードで探す

キーワードを入力してください。

フリーワード検索

競技・ジャンルで絞り込む

競技

仕事/ジャンル

実績/経験

依頼内容

講演/研修テーマ

出身・ゆかりの地

フリーワード

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.