株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  ライツ・ネットワークメンバー一覧 >  中山竹通のプロフィール

中山竹通

Takeyuki Nakayama

2時間8分台の公式記録を4回も出している不屈の天才マラソンランナー

生年月日
1959年12月20日
出身地
長野県
出身校
池田工業高等学校
好きな言葉
克服

略歴


長野鉄道車輌整備会社、(株)富士通を経て、1983年(株)ダイエー入社。1984年福岡国際マラソンで優勝すると、1985年ワールドカップ(広島)で、当時・日本最高記録を樹立。その後も2時間8分台の記録をコンスタントに出し、「天才ランナー」と称された。

ソウル、バルセロナの両オリンピックで共に4位。1995年大阪産業大学・付属高校陸上部監督に。大阪産業大・付属高校陸上部、愛知製鋼陸上競技部監督を経て、現在もランナーへの指導や講演活動を行なう。

主な競技歴


1984年 福岡国際マラソン 優勝
1985年 ワールドカップ広島大会 2位 2時間08分15秒(当時・日本最高記録)
1986年 アジア大会(ソウル) 優勝 金メダル 2時間08分21秒
1987年 福岡国際マラソン 優勝 2時間08分18秒
1988年 ソウルオリンピック 4位
1992年 バルセロナオリンピック 4位

 

講演内容


・「ゼロからの出発」
エリートコースとは程遠いランニング人生を、自ら切り開き頂点にたった、その半生。大好きな言葉「克服」の意味を、若い世代に伝える。

著書


・『挑戦 ─炎のランナー中山竹通の生き方・走り方』(2000年3月 / 自由国民社)

このエントリーを Google ブックマーク に追加

アスリート・スポーツ文化人をキーワードで探す

キーワードを入力してください。

フリーワード検索

競技・ジャンルで絞り込む

競技

仕事/ジャンル

実績/経験

依頼内容

講演/研修テーマ

出身・ゆかりの地

フリーワード

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.