株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  ライツ・ネットワークメンバー一覧 >  木塚敦志のプロフィール

木塚敦志

Atsushi Kizuka

横浜DeNAベイスターズ一軍投手コーチ。現役時代はリリーフ陣の柱として活躍

生年月日
1977年7月19日
出身地
埼玉県浦和市(現・さいたま市)
出身校
浦和学院高等学校 - 明治大学
所属
横浜DeNAベイスターズ
選手歴
横浜ベイスターズ(2000-2010)
投打
右投右打

略歴


2年生の夏に甲子園出場。1996年明治大学に進み、エースとして活躍。4年秋の六大学東大戦で史上18人目のノーヒットノーランを達成(明大では星野仙一投手以来33年ぶり)。日米大学野球日本代表も経験。大学通算12勝6敗(防御率1.68)。2000年ドラフト2位で横浜ベイスターズに入団、その年の開幕戦でいきなり初登板・初勝利をあげるなど、メジャー移籍した佐々木主浩に代わる抑え投手として7勝18セーブをマーク。

2001年には中継ぎ投手として活躍し、69試合に登板。7月の月間MVP、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。その後もリーグを代表する中継ぎ投手として活躍し、2005年は川村・加藤・クルーンとの“勝利の方程式”の一員としてチーム最多の58試合に登板。4人の頭文字から「Cuatro(クァトロ=スペイン語の4)K」の異名をとる。2010年シーズン限りで現役引退、2011年より横浜DeNAベイスターズ投手コーチに就任。2015年スカウトを経て、現在は一軍投手コーチ。

主な競技歴


1994年 高校野球 夏の甲子園出場(2回戦敗退)
1996年 明治大学野球部へ入部
1999年 六大学野球 東大戦でノーヒットノーラン達成
2000年 横浜ベイスターズにドラフト2位で入団
開幕戦でプロ初登板・初勝利
2001年 月間MVP(7月)
最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得
2004年~2007年 4年連続50試合以上登板
2007年 自身初のオールスター戦出場
球団史上最多の76試合に登板し、チームトップの29ホールドを記録
424試合連続リリーフ登板のセ・リーグ新記録を樹立
2010年 現役引退
      ◎通算成績:490試合 35勝 25敗 24セーブ 367奪三振 防御率3.35

 

コーチ歴


横浜ベイスターズ - 横浜DeNAベイスターズ(2011-2014,2016- )

このエントリーを Google ブックマーク に追加

アスリート・スポーツ文化人をキーワードで探す

キーワードを入力してください。

フリーワード検索

競技・ジャンルで絞り込む

競技

仕事/ジャンル

実績/経験

依頼内容

講演/研修テーマ

出身・ゆかりの地

フリーワード

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.