●スポーツ選手の講演会、アスリートへの各種出演依頼はライツへ

「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
競技・ジャンル別ネットワークメンバー一覧
陸上競技 パラスポーツ 野球野球/審判 サッカーサッカー/審判 フットサル ゴルフ
バスケットボール バレーボール ビーチバレー テニス ソフトテニス 卓球
バドミントン ラグビーラグビー/審判 ソフトボール ラクロス フライングディスク 競泳・シンクロ
体操 トランポリン チア ボクシング キックボクシング レスリング
プロレス 総合格闘技 フェンシング スキー スノーボード スケート
フリークライミング フリーダイビング ウインドサーフィン 自転車 モータースポーツ トライアスロン
ウォーキング エアロビクス ピラティス トレーナー コーチング イメージコンサルタント
栄養・美容アドバイザー スポーツキャスター アナウンサー カメラマン アーティスト
陸上競技
有森裕子
有森 裕子(ありもり ゆうこ)
1966年12月17日生まれ。岡山県出身。バルセロナオリンピック女子マラソン銀メダル、アトランタオリンピック女子マラソン銅メダル。NPO「ハート・オブ・ゴールド」代表理事
市橋有里
市橋 有里(いちはし あり)
1977年11月22日生まれ。徳島県出身。世界陸上女子マラソン銀メダリスト。世界大会のマラソン種目では史上最年少のメダリストとなりシドニー五輪に出場。現在はランニングアドバイザーとして、マラソン大会へのゲストランナー出演や、ランニングライフをより楽しむ「スローラン」を提唱している。
Eric Wainaina(エリック・ワイナイナ)
1973年12月19日生まれ。ケニア共和国出身。高校卒業後単身ケニアから来日。 1994年北海道マラソンで初マラソン初優勝を飾り、一躍注目される。アトランタ五輪で銅メダル、シドニー五輪で銀メダルを獲得し2大会連続メダルの偉業を達成。気さくで人柄が良くサービス精神旺盛。「日本が第二の故郷」。
澤野 大地
澤野 大地(さわの だいち)
1980年9月16日生まれ。千葉県出身。棒高跳びの日本記録保持者。世界選手権ではパリ、ヘルシンキ大会で決勝進出。アテネ、北京のオリンピックに連続出場後、1大会置いて出場した2016年リオで決勝進出、7位入賞を成し遂げた。
青戸慎司
青戸 慎司(あおと しんじ)
1967年和歌山市生まれ。ソウル、バルセロナ両五輪に陸上短距離代表として出場し、リレーではアジア新記録を樹立するなど活躍。98年にはその脚力を生かし、長野冬季五輪のボブスレー代表にも選ばれ、日本人男子初の夏冬五輪出場選手となった。
市河 麻由美
市河 麻由美(いちかわ まゆみ)
1976年5月3日生まれ。東京都出身。名門・市立船橋高では全国女子駅伝に2回出場。1999年セビリア世界陸上の女子マラソン代表。自己ベスト2時間27分22秒(2001年名古屋国際女子マラソン)。NSCA公認パーソナルトレーナー。
市川 良子
市川 良子(いちかわ よしこ)
1976年4月18日生まれ。山口県光市出身。アトランタ、シドニーの5000m日本代表。1500mからマラソンまで、またトラックからクロスカントリーまで、長く日本のトップで活躍する長距離ランナー
碓井 哲雄
碓井 哲雄(うすい てつお)
1941年、東京都生まれ。中央大学時代、箱根駅伝に3度出場し、10区の最終ランナーと花の2区を走り、中央大学の6連覇に貢献。現在は指導者として、神奈川工科大学陸上競技部監督を務め、解説者としては、毎年箱根駅伝のテレビ解説を務めている。
大南 博美
大南 博美(おおみなみ ひろみ)
1975年11月15日生まれ。福井県出身。ユティック所属。02年釜山アジア大会マラソン銅メダル、06年ドーハアジア大会10000m銅メダル、07年ロッテルダムマラソン優勝。双子の妹・敬美と共に日本を代表する長距離・マラソンランナー。
大南 敬美
大南 敬美(おおみなみ たかみ)
1975年11月15日生まれ。福井県出身。ユティック所属。02年のロッテルダムマラソン、03年の名古屋国際女子マラソンと2度世界の主要マラソンを制す。01年エドモントン、03年パリ2大会連続世界選手権女子マラソン日本代表。
尾方 剛
尾方 剛(おがた つよし)
1973年5月11日生まれ。広島県熊野町出身。世界陸上ヘルシンキ大会 男子マラソン銅メダリスト。北京オリンピック男子マラソン日本代表。現在は、広島経済大学陸上競技部監督として後進の指導にあたっている。
小幡 佳代子
小幡 佳代子(おばた かよこ)
1971年9月18日生まれ。神奈川県平塚市出身。世界陸上セビリア大会女子マラソン日本代表・8位入賞、ドーハアジア競技大会女子マラソン日本代表・銅メダリスト
片岡 純子
片岡 純子(かたおか じゅんこ)
1970年6月13日生まれ。東京都出身。今日の日本女子長距離界発展の礎を築いた一人。3000m、10000m、ハーフマラソン、1時間走の日本記録を塗り替え、「超快速女」の異名を持つ。1時間走は今も日本記録として残る。
君原 健二
君原 健二(きみはら けんじ)
1941年3月20日生まれ。福岡県出身。メキシコ五輪銀メダル、ボストンマラソン優勝など、マラソン王国ニッポンを牽引してきた功労者。現在もゲストランナーとして多くの大会出場しており、フルマラソンは競技者時代も含め70回以上走って一度も途中棄権することなく完走を果たしている。
金 哲彦
金 哲彦(きん てつひこ)
1964年、福岡県北九州市生まれ。市民ランナーからオリンピックランナーまで幅広く指導するプロ・ランニングコーチ。駅伝・マラソン中継の解説者としても活躍中。ランニングに関する著書多数。ニッポンランナーズ代表。
櫛部 静二
櫛部 静二(くしべ せいじ)
1971年11月11日生まれ。山口県出身。早稲田大学3年時の箱根駅伝で1区区間新の走りで区間賞。1994年、ヱスビー食品入社し実業団で活躍。2001年、城西大学駅伝部コーチ就任。2009年、城西大学駅伝部監督に就任。
小出 義雄
小出 義雄(こいで よしお)
1939年4月15日生れ。千葉県出身。市立船橋高校監督として全国高校駅伝優勝。有森裕子、鈴木博美、高橋尚子選手らを育成。現在は、佐倉アスリート倶楽部株式会社代表取締役兼監督
小鴨 由水
小鴨 由水(こかも ゆみ)現姓・松永
1971年、兵庫県明石市生まれ。大阪国際女子マラソンに彗星のごとく現れ、日本最高記録をマークし初優勝。バルセロナオリンピック女子マラソン代表。現在は男の子2人を育てる「ママさんランナー」。
志水 見千子
志水 見千子(しみず みちこ)
1970年、京都府竹野郡網野町生まれ。アトランタ、シドニー、オリンピック2大会連続5000メートル日本代表。アトランタでは、日本新記録で4位入賞。女子中長距離トラック種目では68年ぶりの偉業を達成。
鈴木 秀夫
鈴木 秀夫(すずき ひでお)
千葉県出身。市立船橋高校監督時代に全国高校駅伝優勝。95年に三井海上(現・三井住友海上)の監督となり実業団駅伝で6回日本一に導くなど輝かしい実績を残す。渋井陽子選手、土佐礼子選手らを育成。
鈴木 博美
鈴木 博美(すずき ひろみ)
1968年12月6日生まれ。千葉県出身。バルセロナ・アトランタ五輪2大会連続女子10000m日本代表(アトランタは決勝進出)。世界陸上アテネ大会女子マラソン金メダル。90年代の日本女子長距離界を牽引。現在はランニング大会等にゲスト参加。
高尾 憲司
高尾 憲司(たかお けんじ)
高尾 憲司プロフィール
1975年3月23日生まれ。京都府京田辺市出身。名門・旭化成陸上部に入部し、実業団駅伝で4回優勝、区間賞も4回獲得。個人では98年バンコクアジア大会10000mで金メダル。専門誌やネットでコラムを執筆し、後進の育成に力を注ぐ。
高橋 千恵美
高橋 千恵美(たかはし ちえみ)
高橋 千恵美プロフィール
1976年2月16日生まれ。宮城県若柳町(現・栗原市)出身。ジュニア時代から日本女子長距離の代表として活躍。シドニーオリンピック10000m代表、セビリア世界陸上10000m5位入賞
寺内 多恵子
寺内 多恵子(てらうち たえこ)
1972年12月19日生まれ。栃木県出身。バレーボールでインターハイ出場という異色の経歴を持つ。96年東京国際女子マラソン5位、99年大阪国際女子マラソン8位、ロンドンマラソン6位など、マラソン選手として活躍。
中山 竹通
中山 竹通(なかやま たけゆき)
1959年12月20日生まれ。長野県出身。ソウル・バルセロナ五輪2大会連続男子マラソン日本代表(ともに4位)。ワールドカップ広島大会優勝、ソウルアジア大会金メダルなどマラソン優勝5回。2時間9分を切る公式記録4回は史上最多タイを誇る不屈の天才マラソンランナー。
弘山 晴美
弘山 晴美(ひろやま はるみ)
1968年9月2日生まれ。徳島県鳴門市出身。資生堂ランニングクラブ所属。オリンピック3大会連続出場、世界陸上4大会出場3種目入賞。日本女子長距離界の第一線で、世界へ挑戦し続けた名ランナー。
松尾 和美
松尾 和美(まつお かずみ)
1974年4月18日生まれ。神戸市出身。99年、北海道マラソンで初マラソン初優勝の快挙を果たすと、2000年ベルリンマラソン、2001年名古屋国際女子マラソンと、マラソン3連覇達成。2001年、世界陸上エドモントン大会女子マラソンに出場(9位)。2002年、結婚を機に現役引退。
宮原 美佐子
宮原 美佐子(みやはら みさこ)
1962年5月29日生まれ。埼玉県川口市出身。社内のジョギング大会がきっかけで本格的に陸上を始め才能が開花。88年、日本人女性として初めてフルマラソンで2時間30分の壁を破り、ソウル五輪女子マラソン日本代表の座を獲得した。現在はランニングアドバイザーとして活動。
村上 幸史
村上 幸史(むらかみ ゆきふみ)
1979年12月23日生まれ。愛媛県生名村(現・上島町)出身。2009年の世界選手権ベルリン大会で銅メダルを獲得し、オリンピック、世界選手権を通じやり投種目で日本人初のメダリストに。30歳から毎年自己記録を更新し、進化を続けるベテランスロワー。
マーラ・ヤマウチ
マーラ・ヤマウチ
1973年8月13日、イギリスオックスフォード生まれ。外交官として4年、日本人の妻としてプロランナーとして5年の計9年日本に滞在。北京、ロンドン2大会連続オリンピック女子マラソンイギリス代表。北京での6位入賞は、イギリスのオリンピック女子マラソン歴代最高順位
山口 衛里
山口 衛里(やまぐち えり)
1973年1月14日、兵庫県加東郡滝野町(現・加東市)生まれ。シドニー五輪女子マラソンで7位入賞。天満屋女子陸上部に創部2年目から所属し、名門の歴史を築いた。全国都道府県対抗女子駅伝は2009年から岡山県チームの監督を務め、2010年、岡山県チームを初の日本一に導いた。
山崎 一彦
山崎 一彦(やまざき かずひこ)
1971年、埼玉県生まれ。1995年、世界陸上イエテボリ大会の400mハードルで、日本人初のファイナリストに(7位入賞)。バルセロナ・アトランタ・シドニー五輪3大会連続出場。世界で勝負できる日本400mハードルの先駆け。現在は、順天堂大学スポーツ健康科学部 先任准教授。
山下 佐知子
山下 佐知子(やました さちこ)
プロフィール
1964年8月20日生まれ。鳥取県出身。91年世界陸上東京大会で銀メダルを獲得。翌年のバルセロナ五輪女子マラソンでは4位入賞と、日本女子マラソンの黄金時代の幕を上げた存在。引退後は第一生命監督として実業団女子駅伝優勝、教え子が東京国際女子マラソンを2度優勝など、現場の第一線で活躍。
山本 佳子
山本 佳子(やまもと よしこ)
プロフィール
1970年6月6日生まれ。兵庫県出身。90年パリマラソン優勝、92年ボストンマラソンで当時の日本最高を記録し2位など、早くから海外レースに参戦し実績を残した。現在は、解説者・ゲストランナーなどで活動中。
お気軽にお問合せ下さい!

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。

  お問い合わせフォームはこちらをクリック 講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。03-6402-4020までお電話を。ご相談は無料です。
ライツがプロデュースしたアスリートアイテム
SUPER TAKUROISM商品ラインナップはこちら
ライツが運営するキッズプロジェクト
琢朗アスレティックアカデミー
キッズスポーツ体験キャンプ