ライツネットワークメンバーの山羽教文プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
山羽教文
Takafumi Yamaha
元早稲田大学ラグビー部主将、学生日本代表、卒業後はクラブラグビーで活躍。理想的なスポーツ教育社会の構築をめざし起業
山羽教文
略歴
1987年、兵庫県明石市の中学を卒業後、単身で上京し、私立桐蔭学園に入学、ラグビー部に入部。3年次にラグビー部副将を務め、神奈川県代表選手にも選出される。1991年、大学ラグビーに憧れ、早稲田大学教育学部に入学。4年次にラグビー部主将を務め、160人強の部員をまとめる。関東代表、学生日本代表に選出される。卒業時、ラグビーをつづけるか、ビジネスの道に進むか迷った末、ビジネスの世界で勝負することを決意し、三井物産(株)に入社。仕事に打ち込む傍ら、1996年NPOマンダラ東京(ラグビークラブ)に入会し、ラグビーにも情熱を注ぐ。4年間の在籍期間中、3年間主将を務め、優勝未経験チームを全国クラブ選手権優勝(1回)、準優勝(2回)に導く。クラブラグビーの認知度アップに大いに貢献する。2000年、自身の潜在能力を発揮できる環境、そして今までの経験を社会に還元できる場を求めて三井物産(株)を退社。翌年、スポーツ心理学、スポーツ経営学を学ぶため、オハイオ大学大学院に進み、「スポーツの教育的価値」や「社会学的見地におけるスポーツの勝利者」をテーマに研究。帰国後、Jリーグ柏レイソルのマーケティングコンサルティングを担当し、マーケティング戦略の方向性についてアドバイスする。多様なフィールドで活躍する中、人それぞれが自己実現に向かって挑戦することが大切であり、そのためのスキルを養う教育が必要だと痛感。スポーツを通じた教育社会を実現するために、2003年(有)FIELD OF DREAMSを設立。現代のスポーツ社会、教育社会が直面している課題に取り組みつつ、スポーツによる教育社会の構造改革の実現を目指して事業を展開している。
山羽教文
主な経歴
1991年 早稲田大学教育学部入学 ラグビー部所属
1995年 三井物産(株)入社
1996年 NPOマンダラ東京(ラグビークラブ)入会
2000年 三井物産(株)退社
2001年 オハイオ大学大学院留学
スポーツ心理学、スポーツ経営学を学ぶ
2003年 博報堂スポーツマーケティング・インターンシップ
2003年 FIELD OF DREAMS Co.,Ltd. 設立。代表取締役
2004年

オハイオ大学スポーツ経営学修士課程修了

2006年 早稲田大学ラグビー部セルフマネジメントコーチに就任
現在の活動
株式会社FIERD OF DREAMSにおける事業
スポーツコンサルティング、講演(テーマ:スポーツビジネス、スポーツ教育環境など)、 英語スポーツ教室、 ラグビー教室、 スポーツマンシッププログラム(中学生〜大学生・指導者対象)、スポーツツアーの企画(オーストラリア)
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]