ライツネットワークメンバーの山口 衛里プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
上山 容弘
Yasuhiro Ueyama
 
2006年、2007年トランポリン男子個人世界ランキング1位
2008年北京、2012年ロンドン 2大会連続出場
2005年の世界選手権で、日本人初のメダリストとなり、2006年には世界ランキング1位まで上り詰めた。2007年の世界選手権で、2大会連続のメダルを獲得し、北京五輪出場を決めた。
北京ではあと一歩で決勝進出を逃がしたが、安定した演技は「世界一の精密機械」と評されるほど。2大会連続出場となったロンドン五輪では、5位入賞を果たす。
上山 容弘
略歴
1984年10月16日生まれ。大阪府出身。
2005年の世界選手権で日本人初のメダリストとなり、2006年にはワールドカップで4勝、ワールドカップファイナルでも優勝し、日本人初の世界ランキング1位まで上り詰めた。
2007年の世界選手権個人で銅メダルを獲得し、悲願であった北京五輪の切符を獲得。しかし本番では実力を発揮できず、まさかの予選敗退で初めてのオリンピックを終えた。その雪辱を晴らすべく、練習環境を整えるため拠点を大阪から東京に移し、4年後に迎えた2012年ロンドン五輪最終選考会で見事優勝。2大会連続となるロンドン五輪の出場権を獲得した。2度目の五輪では持ち前の安定した演技を披露し、5位入賞を果たした。
2016年に現役を引退し、現在は日本トランポリン界の強化と普及活動に務めている。
主な競技歴
 2000年 第37回全日本選手権大会 シンクロナイズド競技 優勝 (人見雅樹とのペア)
 2002年 第39回全日本選手権大会 個人 優勝
 2003年 第40回全日本選手権大会 シンクロ 優勝 (外村哲也とのペア。以下シンクロは同ペア)
 2004年 第41回全日本選手権大会 シンクロ 優勝 (2連覇)
 2005年 世界選手権大会 個人2位 シンクロ3位
  第42回全日本選手権大会 個人 優勝、シンクロ 優勝(3連覇)
 2006年 2005/2006年ワールドカップシリーズ大会 個人 第1戦優勝、第5戦〜第8戦 4連続優勝
  同大会 シンクロ第1戦、第4戦、第8戦 優勝
  2005/2006年ワールドカップシリーズファイナル大会 個人 優勝、シンクロ 2位
  第43回全日本選手権大会 個人 優勝(2連覇)
  第15回ドーハアジア大会 4位
 2007年 第44回全日本選手権大会 個人 優勝(3連覇)
  世界選手権個人3位、シンクロ優勝、団体2位
 2008年 北京オリンピック 9位(予選敗退)
  2007/2008ワールドカップファイナル 個人 3位、 シンクロ 優勝
 2009年 世界選手権(ロシア) 個人3位、シンクロ優勝、団体5位
 2010年 ワールドカップシリーズドイツ大会 個人・シンクロ優勝(坂本鷹志とのペア)
  世界選手権大会 個人3位
 2011年 ワールドカップシリーズチェコ大会 シンクロ優勝(坂本鷹志とのペア)
  世界選手権大会 団体戦優勝(日本初優勝)・シンクロ2位(坂本鷹志とのペア)
  第48回全日本選手権大会 個人・シンクロ優勝の2冠を達成
 2012年 ロンドンオリンピック 5位入賞
上山容弘
表彰
・テレビ朝日ビッグスポーツ賞 五輪奨励賞受賞(2007年)
・文部科学大臣賞国際競技大会優秀賞受賞(2008年)
・第60回読売新聞社日本スポーツ大賞 競技団体別最優秀賞受賞(2011年)
関連リンク
上山容弘のトランポリンブログ「飛翔」