ライツネットワークメンバーの田中ウルヴェ京プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
田中ウルヴェ京
Miyako Tanaka-Oulevey
 
シンクロナイズドスイミング ソウル五輪デュエット銅メダリスト。
現在は、個々の能力発揮を目的としたメンタルスキル・コンサルタントとして活躍中
1967年生まれ、東京都出身。10歳からシンクロナイズドスイミングを始め、13歳でジュニア日本代表選出。史上最年少の15歳で日本代表チーム入り。1988年ソウル五輪デュエット種目銅メダル。現役引退後は、6年半の米留学、ナショナルコーチを経て、「株式会社 MJコンテス」を立ち上げ、プロスポーツ選手からアーティスト・役者・一般まで、幅広い層に向けて、個々の能力発揮を目的としたメンタル・トレーニングを行っている。
田中ウルヴェ京
主な経歴
1981年 ジュニア日本代表
1983年 カナダ国際年齢別ジュニア大会 デュエット第2位
1985年 聖心女子学院高等科卒
1986年 日本選手権 ソロチャンピオン
1987年 日本選手権 デュエットチャンピオン
1988年 日本選手権 デュエットチャンピオン
ソウル五輪  デュエット銅メダル
現役引退
1989年 日本大学文理学部体育学科卒
1995年 米国カリフォルニア州セントメリーズカレッジ大学院
健康・ 体育・リク リ エーション学部修士課程修了
1999年 米国アーゴジー心理専門大学院で認知行動療法を学ぶ
2000年 米国サンディエゴ大学大学院スポーツカウンセリング学部修士課程でキャリアトランジションを学ぶ
 
コーチ歴 1989〜1999年
日本ナショナルチームコーチ、米国オリンピックチームヘッドコーチアシスタント、
フランスナショナルチーム招待コーチなど歴任。
1999年より、メンタルスキルコンサルタントとして活動
現在の活動
・株式会社MJコンテス取締役
・国際水泳連盟アスリート委員
・日本スポーツ心理学会認定メンタルトレーニング指導士補
・日本大学医学部講師、筑波大学体育専門学郡非常勤講師
・日本オリンピック員会(JOC)情報医科専門委員会科学サポート部会メンバー
・日本スポーツ精神医学会評議委員
・笹川スポーツ財団評議委員
・文部科学省独立行政法人日本スポーツ振興センター評価委員
・経済産業省「地域自律・民間活用型キャリア教育プロジェクト」委員
・財団法人日本障害者スポーツ協会科学委員
・日本体操協会新体操強化本部(強化スタッフ)メンタルトレーナー
・慶応義塾大学体育会庭球部メンタルアドバイザー
・日本オリンピック委員会ナショナルトレーニングセンターキャリアアカデミー講師
講演テーマ
オリンピック銅メダリストに至るまでの道のりや 、指導者としての経験談 を交 え 、メンタルスキルという「心の技術」を利用して毎日前向きに生きる方法などを伝える。 J リーグをはじめとするプロチームや、企業・地方自治体、教育機関など講演講師多数。 メンタルヘルス、ストレスマネジメントなどの企業研修ほか、自己啓発・ 恋愛・結婚・子育て・教育など、女性および子ども向きのテーマも得意とする。
(テーマ例)
「オンリーワン〜人生での本当の勝利 〜」 「ストレスマネジメント研修」 「リーダーシップ研修」
「人生で勝つ」(学生向け)
「女性のためのいきいきハピネス術」(女性向け)
著書
「ライフ トランジション」( 2003 年/しょういん)
「自己プロデュース 40 の方法 自分に勝つ、他人に勝つ」( 2004 年/講談社)
「ストレスに負けない技術」(日本実業出版社)
「1日30秒でできる新しい自分の作り方」(フォレスト出版)  その他多数。
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]