ライツネットワークメンバーの佐々木明プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
佐々木 明
Akira Sasaki
 
競   技 アルペンスキー/プロスキー  
生年月日 1981年9月26日 出 身 地 北海道大野町(現北斗市)
出 身 校 北照高等学校
所   属 ICI石井スポーツスキークラブ  
趣   味 スキー、旅 好   物 寿司
好きな言葉
座右の銘
死ななきゃかすり傷、hardwork is the key to success
公式FBAKIRA sasaki official FB  
Instagramakiraemusi  
佐々木明
W杯の表彰台3回、ソルトレイク、トリノ、バンクーバー、ソチオリンピック4大会に出場したアルペンスキーヤー。現在はプロスキーヤーとして更なる高みを目指す
略歴略歴
高校1年でナショナルチーム入りし、インターハイ、FISジャパンシリーズなどで優勝を重ねる。世界戦デビューは2001年サンアントン世界選手権(オーストリア)19位。
2003年、ウェンゲン(スイス)で行われたワールドカップSL戦5戦で65番スタートとから2位表彰台の快挙。(日本人最高位タイ、最小タイム差0.04秒)
2004年SL種目別総合11位、2005年14位、2006年7位と3年連続第1シード入りを果たす。ワールドカップでは、表彰台に3回上っている。(日本人最多)
オリンピック4大会連続出場となった2014年ソチ大会を最後に、アルペンスキーの第一線からは退き、現在はスキーヤーとして「誰も登っていない山を、斜面を滑る」為、世界のフィールドで更なる高みを目指している。
また、アスリートとして活動する傍ら、オリジナルブランド「EMUSI」を立ち上げ、自らスキーゴーグル、スキーヘルメット、サングラス、アパレルのプロデュースを手掛ける。2009年には、スキーを通じて、夢や希望を与えられるように、自身のオリジナルブランドのネーミングで「TEAM EMUSI」を設立。全国各地でスキーキャンプやAKIRA CUPなど子供から大人まで楽しめるイベントを自ら仕掛けて、スキーの普及活動に尽力している。
佐々木明
Photo by 田草川嘉雄

佐々木明
Photo by Jacob Slot
主な戦績主な戦績
2001年 サンアントン世界選手権 世界デビュー戦 19位
2002年 ソルトレイクオリンピック 出場
2003年 W杯 ウェンゲン(スイス) 2位 ※日本人史上最高位タイ
2006年 W杯 シュラドミング(オーストリア) 2位
トリノオリンピック 出場
W杯 志賀高原(日本) 2位
2010年 バンクーバーオリンピック 出場
2013年 シュラドミング世界選手権 19位
2014年 ソチオリンピック 出場
現在の活動現在の活動
・山岳スキーに挑戦中。命を懸けて世界の自然に挑む現役アスリート
・自身プロデュースのアイウェア「EMUSI」代表
・「Re.Ra.Ku 麻布十番店」オーナー
・「ReBoot Stretch by Re.Ra.Ku」プロデュース
・東日本大震災の被災者支援のNPO法人「NPO Skiers help foundation」で活動
・講演会講師
・雪育活動
・北斗市観光大使
・Non-Violence Project(NVP)アンバサダー
講演内容講演内容
「目標を持つことの大切さ」、「攻める勇気」
  小学校3年生の時に「世界で一番になる」と決めた。表彰台の真ん中に立つために生きてきた。アルペンスキーで世界一になった日本人はいない。最高位は2位。3人目の世界2位の選手となった佐々木明は、W杯で3度、2位になった。しかし・・・1番にはなれなかった。表彰台の真ん中には立てなかったけれど、「世界で1番になる」という気持ちは、最後までブレることはなく、「1番」になるために攻め続けた。
目標にたどり着かなかったとしても、「よし、次に行こう」と思えたら、それは大きな成功。その先に、もっと大きく広い世界があることを伝える。

「上を目指す!」、「自分を信じ、目標に向かって攻める」
 どんなプレッシャーのかかる場面でも常に「平常心」。何事にも動じない、消極的にならない、負けん気の強さは、佐々木明の武器だった。しかし、メダル有力とされていたトリノオリンピックで心が乱れた。結果、メダルには届かなかった。やらなきゃいけないときは、やるべきことだけを考える。自分のやってきたことを信じ、目標に向かって攻める。未来は自ら攻めてつかみにいくもの。攻めていれば壁にもぶち当たるし、負けの辛さも味わう。しかし、その先には間違いなく成長した自分がいる。
  人生、攻めなきゃ面白くない!佐々木明流、超ポジティブ思考方法を伝える。
関連リンク関連リンク
ICI石井スポーツグループ
「EMUSI」
北斗市観光大使
Non-Violence Project(NVP)