ライツネットワークメンバーの中山竹通プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
中山竹通
Takeyuki Nakayama
2時間9分を切る公式記録を4回も出している不屈の天才マラソンランナー
高速マラソンの時代とはいえ、2時間9分を切る公式記録を4回も出している日本人(男子)はまだいない。決して妥協する事なく競技に取り組み、苦難に挑戦・克服してきた、不屈の天才マラソンランナー。
中山竹通
略歴
1959年12月20日生。長野県出身。県立池田工業高校卒業後、長野鉄道車輌整備会社、(株)富士通を経て、83年(株)ダイエー入社。84年福岡国際マラソンで優勝すると、85年ワールドカップ(広島)で、当時・日本最高記録を樹立。その後も2時間8分台の記録をコンスタントに出し、「天才ランナー」の称号を与えられる。88年ソウル、92年バルセロナの両オリンピックで共に4位。95年大阪産業大学・付属高校陸上部監督に。大阪産業大・付属高校陸上部、愛知製鋼陸上競技部監督を経て、現在もランナーへの指導や講演活動を行なう。
中山竹通
主な競技歴
1984年 福岡国際マラソン 優勝
1985年 ワールドカップ広島大会 2位(当時・日本最高記録)2時間08分15秒
1986年 第10回アジアソウル大会 優勝 2時間08分21秒
1987年 福岡国際マラソン 優勝 2時間08分18秒
1988年 ソウル・オリンピック 4位
1992年 バルセロナ・オリンピック 4位
現在の活動
【講演】
「ゼロからの出発」…エリートコースとは程遠いランニング人生を、自ら切り開き頂点にたった、その半生。大好きな言葉「克服」の意味を、若い世代に伝える。
【クリニック】
マラソンと、駅伝・トラック競技の違いや、30km以降に落ちる脚力、足の筋力、持久力の強化など、経験から得た貴重なノウハウ。
著書
本

「挑戦〜炎のランナー中山竹通の生き方・走り方」著:中山竹通/文構成:井上邦彦(自由国民社)
なぜ走るのか…。反骨のランナー中山竹通に迫る。“マラソン界の異端児”と形容された炎のランナー中山竹通の人生哲学、ランナー魂の書。

ライツからの一言
マラソンランナーとしての基礎は、長野の寒村で山中を走り回って育てたといいます。そして、強いプロ意識を持って競技に取り組み、損を承知で戦うその姿勢は、さまざまな摩擦や誤解も生み、波乱万丈の競技人生でした。そんな彼が、今取り組んでいるのは「ハングリーさに欠け苦難に挑戦しようとしない若者」に、いかにプロ意識を持たせるか…。【天才】と呼ばれた世界最強のランナーの、この新しい挑戦は、日本中すべての指導者・教育者にとって、共有できるものが沢山あるはずです。
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]