ライツネットワークメンバーの櫛部静二プロフィール お問い合わせ・出演依頼はこちら
櫛部 静二
Seiji Kushibe
自らの経験談から走る大切さ、失敗から学ぶ尊さを伝えるランナー
中学時代、友人や姉が陸上部だった影響から陸上競技を始める。
宇部鴻城高校3年時にインターハイ3000m障害にて高校新記録となる8分44秒77で優勝。その後、早稲田大学に進み、1年生ながらも箱根駅伝のエースが揃う「花の2区」の走者として抜擢されるも、体調不良による大失速というアクシデントに見舞われる。この苦い経験をバネに成長を遂げ、翌年の全日本インターカレッジで10000m優勝、3年時の箱根駅伝では1区を区間新となる走りで区間賞を取り、優勝に大きく貢献した。
大学卒業後は早大OBである瀬古利彦氏が監督を務めるヱスビー食品に入社し、全日本実業団10000mで優勝するなど活躍。1998年、指導者になるために同社を退社。1年のブランクを経て城西大学駅伝部のコーチに就任、後進の指導にあたる傍ら実業団ランナーとしても活躍した。
現在はランナーとしての一線を退き、駅伝部の指導、大学教員としての生徒指導、講演会活動、市民ランナーとして参加やラジオやテレビでのマラソン解説など、精力的な活動を展開している。
櫛部 静二
略歴略歴
1971年11月11日生まれ。山口県出身
1987年4月 宇部鴻城高等学校入学
1990年4月 早稲田大学人間科学部スポーツ学科入学
1994年3月 早稲田大学人間科学部スポーツ学科卒業
1994年4月 ヱスビー食品入社
2001年4月 城西大学駅伝部コーチ就任
2004年 城西大学理学部保健体育助手
2005年 城西大学経営学部 マネジメント総合学科講師
主な競技歴主な競技歴
1989年 全国高校選手権大会 3000m障害優勝(8分44秒77)
1992年 宇部鴻城高等学校入学
1993年 早稲田大学人間科学部スポーツ学科入学
1996年 早稲田大学人間科学部スポーツ学科卒業
1998年 全日本実業団選手権大会 10000m 優勝
1998年 バンコクアジア大会 5000m 7位
2001年 都道府県対抗 東日本縦断駅伝 20区区間賞(57分4秒)
2002年 防府読売マラソン 3位(2時間11分22秒)※自己ベスト
2004年 北京国際マラソン 8位
2005年 東京国際マラソン (2時間16分53秒)
自己ベスト自己ベスト
5000m 13分41秒1
10000m 28分16秒79
3000m障害 8分38秒95
マラソン 2時間11分22秒