ライツネットワークメンバーの小鴨由水プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
小鴨 由水(現姓・松永)
Yumi Kokamo
大阪国際女子マラソンに彗星のごとく現れ、日本最高記録をマークし初優勝。バルセロナオリンピックに出場。現在は西日本短期大学非常勤講師、駅伝部監督。男の子2人を育てる「ママさんランナー」でもある。
小鴨由水
略歴
1971年、兵庫県明石市生まれ。高校卒業後、90年ダイハツ工業に入社。92年、大阪国際女子マラソンに出場し、初マラソンながら2時間26分26秒の日本最高記録で初優勝。同年、バルセロナオリンピック女子マラソン代表。93年、ダイハツ工業を退社。94〜96年、龍谷大学短期大学部社会福祉科にて学業に勤しむ。96年、岩田屋に入社し、往年の名ランナー重松森雄監督のもと、マラソンに再チャレンジ。99年、岩田屋の陸上部廃止に伴い、退社。現在、福岡市障害者スポーツセンター、老人福祉センター、心身障害福祉センターの指導員として勤務するかたわら、2007年から福岡大学で重松監督とともに市民ランナーのランニング指導に取り組む。
自身も市民マラソン大会のガイドランナーやゲストランナーとして活動。2009年1月から、重松監督のもと発足した女性アスリートクラブ「ファーストドリームAC」でキャプテンを務めた。
現在は西日本短期大学非常勤講師、駅伝部監督。男の子2人を育てる「ママさんランナー」でもある。
小鴨由水
主な競技歴
1992年 大阪国際女子マラソン優勝(当時の日本最高記録で優勝)
1992年 バルセロナオリンピック女子マラソン代表
自己ベスト記録
1500m 4分31秒5
3000m 9分53秒00
5000m 16分15秒00
10000m 33分10秒00
20km 1時間7分10秒
ハーフ 1時間12分34秒
マラソン 2時間26分26秒
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]