ライツネットワークメンバーの君原健二プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
君原 健二
Kenji Kimihara
メキシコ五輪銀メダリスト、ボストンマラソン優勝など、マラソン王国ニッポンを牽引してきた功労者。現在は、競技会、講演会などに参加しながら趣味を満喫。
君原健二
略歴
1941年3月20日、福岡県北九州市生まれ。59年福岡県立戸畑中央高校卒業後、新日本製鐵に入社し91年まで勤務。92年九州女子短期大学(教授)勤務。01年まで勤める。32歳で競技の第一線を退いたが、70回以上マラソン大会に出場し、途中棄権はない。58歳の時、大型自動二輪の免許を取得し、現在もツーリングに出かけている。
主な競技歴
1962年 朝日国際マラソン(初マラソン) 3位 2時間18分01秒
1963年 毎日マラソン 1位 2時間20分24秒
1964年 東京オリンピック マラソン 8位 2時間19分49秒
1966年 ボストンマラソン(アメリカ) 優勝 2時間17分11秒
1966年   アジア大会(タイ) 優勝 2時間33分22秒
1967年   別府大分毎日マラソン 優勝 2時間13分33秒
1968年   ウインザーマラソン(イギリス) 優勝 2時間15分15秒
1968年   メキシコオリンピック マラソン 銀メダル 2時間23分31秒
1969年   アテネ古典マラソン(ギリシャ) 2位 2時間13分25秒
1972年   ミュンヘンオリンピック マラソン 5位 2時間16分27秒
1982年   ホノルルマラソン 40歳代の部1位 40歳代の部1位 2時間28分42秒
  ※競技者として35回出場(優勝13回) これまでフルマラソンに73回出場(途中棄権なし)
現在の活動
日本オリンピックメダリストクラブ理事
日本ランニング学会理事
ハート・オブ・ゴールド理事
北九州市スポーツ大使

─これまでの活動─
・新日本製鐵株式会社勤務(1959年〜1991年)
・九州女子短期大学教授(1992年〜2001年)
・北九州市教育委員(1997年〜2009年)
・北九州市立大学地域創生学群 特任教授(2009年〜2012年)
地元での活動
  2007年8月に、NPO団体・北九州地域実業団陸上競技連合会(北実会)が設立。
メンバーは、君原健二をはじめとする、かつて日本の陸上界をリードしてきた、
同地区実業団陸上部OBの50人。中学・高校を訪問し、定期的に指導している。
主な競技歴
1963年 西日本スポーツ賞(西日本新聞社)
1968年 ヘルムス賞(米国ヘルムス財団)
1968年 スポーツ功労者賞(文部省)
1969年 岸記念賞(日本陸上競技連盟)
1970年   栄誉功労者賞(北九州市)
1975年   朝日スポーツ賞(朝日新聞社)
2006年   地方教育行政功労者表彰(文部科学省)
2010年   生涯スポーツ功労者表彰(文部科学省)
講演テーマ
「ゴール無限」
著書
『君原健二聞書きゴール無限』(文芸社/2002年) 助清文昭著
『人生の走りかた』(勁文社/2001年)
『人生ランナーの条件』(佼成出版社/1992年)
『君原健二のマラソン』(ランナーズ社/1982年)
『マラソンの青春』(時事通信社/1975年)
関連リンク
君原健二オフィシャルブログ「ゴール∞無限」
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]