ライツネットワークメンバーの高須 力プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
西山 和明
Kazuaki Nishiyama
世界中のスポーツシーンを撮影!日本スポーツカメラマン界の重鎮。現在は各種スポーツ誌をはじめ、様々な媒体で活躍
長野県生まれ。1977年法政大学卒業。広告制作会社を経て、1984年からフリーのカメラマンに。1986年からスポーツを撮り始め、1992年よりスポーツ誌"Sports Graphic Number"の専属カメラマンとなる。2004年、スポーツ誌"VS."創刊と同時に、同誌のチーフカメラマン及びフォト・ディレクターに就任。"VS."創刊号から2年間表紙の撮影を担当した。現在はフリーとして活動し、野球、サッカーを中心に雑誌・広告などで作品を掲載している。
世界中のスポーツシーンを取材し、これまで訪れた国の数は約50カ国。
西山 和明
主な取材歴
< オリンピック >
1996年 アトランタオリンピック
1998年 長野オリンピック
2000年 シドニーオリンピック
< サッカーW杯 >
1994年 アメリカ大会
1998年 フランス大会
2002年 日韓大会
その他、サッカーのヨーロッパ選手権、や南米選手権(コパ・アメリカ)など 多数
主な掲載媒体

『Sportiva』(集英社)、『週刊プレイボーイ』(集英社)、『週刊文春』(文藝春秋社)
『Sports Graphic Number』(文藝春秋社)、『VS.(バーサス)』(光文社)
※『VS.』ではチーフカメラマンとフォト・ディレクターを務め、創刊から2年間表紙の撮影を担当

作品例
 





講演内容

世界中のスポーツシーンを取材してきた経験から、それぞれの国の文化、環境などについて、取材の経験談や、面白いエピソード。
実際にアスリートと接したときの話。撮影に関すること一切。

関連リンク

スポーツWEBマガジン「grazie」にてカメラマン座談会 (2007年8月) 

[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]