ライツネットワークメンバーの神保康広プロフィール お問い合わせ・出演依頼はこちら
神保 康広
Yasuhiro Jimbo
 
パラリンピック4大会連続出場。車椅子バスケでの海外留学第1号日本人選手として世界で活躍
神保康広
講演参加者の声 >> 1 2
神保康広
略歴略歴
1970年6月16日、東京都墨田区生まれ。16歳の時にバイクの自損事故で脊髄損傷に。失意と絶望の中、1年半に渡り引きこもりの生活を送った。18歳の時に熱心な知人の勧めで、車椅子バスケットボールを始め、90年からは全日本入りを目指して名門・強豪の「千葉ホークス」に入部。92バルセロナ、96アトランタ、00シドニー、04アテネパラリンピックに4回連続出場。

2000年の始めから、ダスキンの奨学金を得て単身で渡米。アラバマ州にあるレイクショア財団にて研修。主に障害を持ったジュニアのスポーツプログラムを学ぶ傍ら、同財団がサポートする「ストーム」の一員として、NWBA(全米車椅子バスケットボール協会)2部で活動。翌シーズンには、全米選手権優勝及びオールスターファイブを受賞。02年にはNWBA1部の強豪である、“デンバーナゲッツ”のトライアウトに合格して移籍。最終成績は、03年の全米選手権ベスト4。その後、退団して完全帰国。しかし、06年に自身の海外経験を活かすべく、 JICA(青年海外協力隊)でマレーシアに渡り、同国で車椅子バスケットの普及活動及びナショナルチームのコーチに就任。同年11月に開催されたフェスピック大会(アジアパラリンピック)で指揮をとる。

15年秋にJPC(日本パラリンピック委員会)の派遣事業で、アフリカ・ジンバブエ国の短期普及活動に従事。また、その活動は毎年継続中である。16年秋にリオデジャネイロ・パラリンピックを視察。2020年の東京パラに向けて様々な角度から車椅子バスケをサポートしている。17年4月より、日本財団パラリンピックサポートセンター事業「あすチャレ!school」の講師を務める。全国の小中学校を訪問して、スポーツの素晴らしさを伝えるために駆け回る日々。

現在は、(株)松永製作所「MP」ブランドマネージャーとして、主にスポーツ用車椅子の企画、開発、製造、販売を手掛けている。また、CSR活動にも積極的に携わっており、仕事を通してもスポーツの魅力を多くの人々に伝えるべく、普及活動やイベントにも積極的に参加している。
著書
著書著書
「夢よ、僕より速く走れ」(海拓舎)
車椅子バスケとの出会い、障害者としての自分の克服。そして、自分の夢を実現させるために走りつづける「車椅子バスケット選手」の生き様が描かれている。
関連リンク関連リンク
Js-page(自身のサイト)
(株)松永製作所(所属企業)
MP wheelchair(所属部署)
日本財団 あすチャ!school(講師)