ライツネットワークメンバーの小林 宏プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
石坂 有紀子
Yukiko Ishizaka
ビーチバレーで2大会連続五輪出場、現在はLPGAツアー出場を目指す
マルチアスリート
1968年3月14日、神奈川県生まれ。中学時代はバレーボールで県大会優勝。高校では槍投げでインターハイ出場。24歳から始めたビーチバレーでアトランタ、シドニー2大会連続オリンピック出場。現在は会社社長としての仕事をしながら、アメリカでプロゴルファーとしてLPGAツアー出場を目指してツアーに出場している、まさしくスーパーマルチアスリート。
石坂 有紀子
主な競技歴
  • ビーチバレー
  • 1994年
  • 広島アジア大会 銀メダル
  • 1996年
  • アトランタオリンピック出場9位
  • 1997年
  • ワールドツアー韓国大会 2位
  • クイーン・オブ・ザ・ビーチ 優勝
  • 2000年
  • シドニーオリンピック出場
  • ゴルフ
  • 2002年
  • WCLGT優勝(アマチュア部門)
  • 2004年
  • Futures Tour 他 ミニツアーに出場しはじめる
  • 2005年
  • ニューメキシコオープン7位
  • 2006年
  • カリフォルニアオープン10位
  • 陸上(高校時代)
  • 槍投げ インターハイ出場
    円盤投げ 関東大会出場
  • その他
  • 1997年、2000年 ボルヴィックトロフィー・イン・ジャパン出場 敢闘賞
    ※マウンテンバイク・クライミング・カヌー・など7種目を競う大会
現在の活動
  • 茅ヶ崎で人材派遣やエアロビクス・スタジオを営む有限会社サウス・ウインズの代表取締役社長
  • LPGAツアー出場を目指して、アメリカで大会に出場
  • ビーチバレー石坂有紀子CUP開催(毎年1回藤沢鵠沼海岸)
  • ビーチバレーイベント大学生対象(ロスにて年2・3回)
石坂 有紀子
講演
・テーマ例「TRY・TRY・TRY・夢に向かって・・・」
一般企業や仕事をしている女性、そして中高年の方向けにインドアバレー経験が中学時代のみなのに、競技歴3年でオリンピックへ出場するまで。
その間も継続してきた会社経営の仕事と競技の両立の難しさについて。
28歳でオリンピックへ再チャレンジ、シドニー出場まで。
ゴルフとの出会い、オリンピック出場後、さらにゴルフに挑戦している現在まで。
こういった話で「何歳になってもどんなことにでもいいので、目標を(夢)をもってチャレンジしてほしい!」というメッセージを送っている。
著書
  • 『ユキの肉体改造計画』(日本文化出版)
 
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]