ライツネットワークメンバーの石井義信プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
石井 義信
Yoshinobu Ishii
現役時代は、東洋工業で天皇杯、リーグ制覇などの輝かしい実績を持ち、引退後はフジタで指揮を執って、数々の栄冠に導いてきた。86年〜87年には、日本代表監督を務め、01年からFC東京アドバイザーに就任。また石垣市親善大使として子供たちを指導するなど、サッカーの普及に力をいれている。
石井義信
略歴
1939年3月13日生まれ、広島県福山市出身
1957年 広島県立福山葦陽高校卒業 東洋工業(株)(現マツダ)に入社
1968年 藤和不動産(株)にコーチ兼選手として移籍
1975年(株)フジタで監督就任(〜80年)
1981年 日本サッカーリーグ常任運営委員(〜85年)
1986年 日本代表監督 (〜87年)
1991年 日本サッカーリーグ2部総務主事
1998年 石垣市親善大使に就任
2001年 FC東京アドバイザーに就任
2004年 (財)日本サッカー協会技術委員会委員就任
石井義信
主な競技歴
選手時代 天皇杯優勝1回(1965年)
日本サッカーリーグ優勝3回(1965、1966、1967年)
国体優勝2回(熊本国体、岡山国体)
実業団選手権優勝(1962年)
フジタ監督時代 戦績:73勝44敗21分
天皇杯優勝2回(1977年、1979年)
日本サッカーリーグ優勝2回(1977年、1979年)
日本代表監督時代 戦績:19勝12敗9分
ソウルアジア大会、ソウルオリンピックアジア予選、等
現在の活動

ラジオ
FC東京ホームゲーム(味の素スタジアム)試合の解説(調布FM)

【主な講演活動】
東京消防庁消防学校で臨時講師。
企業研修会・教育委員会・学校関係・業界団体・神奈川県・平塚市等で講演を実施。
《主な講演テーマ》
・「サッカーは楽しい!」
・「スポーツの心・・・サッカーは子供を大人に、大人を紳士に育てる」
・「チームワーク、チームプレー」・「メンバーシップとリーダーシップ」
・「サッカーで街づくり」・「Jリーグへの道・・・一流へのチャレンジ」
・「サッカーの話」・「10年目のJリーグとFC東京の役割」
・「W杯体験を一人一人のスポーツに」、など

著書
『ジュニア入門シリーズ「サッカー」』(ベースボールマガジン社
『基本レッスン「サッカー」』(大修館書店)
イベント・講演会等ヘの派遣に関するお問い合わせ・お申し込み
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]