ライツネットワークメンバーの秦真司プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
秦 真司
Hata Shinji
ヤクルトスワローズが6年間で4度日本一に輝いた黄金時代の中心選手。現在は、コーチとして現場で指導にあたる
1962年7月29日生まれ、徳島県出身。 鳴門高校から法政大学を経て85年ヤクルトスワローズに入団。ヤクルトの黄金期を支えた。99年日本ハム、00年千葉ロッテと移籍し、00年現役引退。引退後は指導者として手腕を発揮している。
秦 真司
略歴
ヤクルトスワローズが6年間で、4度の日本一(92〜97年)に輝いた黄金時代の中心選手。大学野球部では主将(84年)として、ヤクルトでは選手会長(93年)としてチームを日本一に導くなど、周囲からの人望も厚い人物だ。
捕手としてヤクルトに入団し正捕手も務めたが、古田敦也選手の入団後、外野手に転向(90年)。その後は、勝負強い打撃でチームに貢献した。秦は自ら表に立つ選手ではなかったが、ファンからの支持は極めて高かった。それは、得点圏にランナーがいる場面、特に試合終盤の大事な局面では必ず打ってくれるという信頼によるものだった。巨人の槇原や斉藤など相手チームのエースの前に打線が沈黙しているときこそ、秦の一打が試合を決めた。
2000年秋、38歳で現役引退後は、千葉ロッテマリーンズの打撃コーチを務めた。その後、野球評論家としても捕手出身ならではの冷静な分析、的確な解説が好評。
2005年中日ドラゴンズコーチ、2008年独立リーグ群馬ダイヤモンドペガサス監督、読売ジャイアンツ一軍バッテリーコーチを経て、2016年読売ジャイアンツ三軍バッテリーコーチに就任。
秦 真司
主な球歴
  • 1977年
  • 全国軟式野球大会 準優勝
  • 1979年
  • 鳴門高 明治神宮大会 準優勝
  • 1980年
  • 同春・夏甲子園出場 ベスト8進出
  • 1984年
  • 法政大学 六大学野球・春季リーグ優勝
  • 同 全日本選手権優勝
  • ロサンゼルス五輪日本代表 金メダル獲得
  • 1985年
  • ヤクルトスワローズ入団(ドラフト2位)
  • 1990年
  • 捕手から外野手へ転向
  • 1991年
  • リーグ優勝/日本シリーズ第6戦サヨナラHR
  • 1993年
  • 選手会長/ヤクルト日本一
  • 1999年
  • 日本ハムへ移籍
  • 2000年
  • 千葉ロッテへ移籍(秋/現役引退)
  •  ◎通算成績
  • 1182試合 2790打数 732安打 97本塁打 341打点 打率.262
  • 2001年〜
  • マスターズリーグ 札幌アンビシャス所属
  • 2005年〜
  • 中日ドラゴンズコーチ
  • 2008年
  • 独立リーグ 群馬ダイヤモンドペガサスの監督に就任
  • 2012年〜
  • 読売ジャイアンツ一軍バッテリーコーチ
  • 2016年〜
  • 読売ジャイアンツ三軍バッテリーコーチ
現在の活動
  • ・読売ジャイアンツ三軍バッテリーコーチ
  • ・メディア
  • JSKY Sports 野球解説
  • NHK-BS TV 野球解説
  • 日本経済新聞 スポーツコラム執筆
  • 「Hit & Run」(ベースボール・マガジン社)連載
  • ・その他
  • 指導者対象の講演会、野球教室(実技指導)
  • 各スポーツクリニックやイベントにも多数出演
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]