ライツネットワークメンバーの萩原美樹子プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
萩原 美樹子
Mikiko Hagiwara
アトランタ五輪で活躍後、日本人初のWNBA選手として招かれ、渡米。
現在は大学院に通いながら、講習会、講演等で東奔西走の毎日。
萩原美樹子
略歴
1970年4月17日生まれ。福島県出身。身長178cm。蓬莱小学校4年生の時に、同じくバスケットプレーヤーだった父の影響でミニ・バスケットボールを始める。福島女子高校時代は、インターハイ、国体ともに2回出場。
89年共同石油入社(現・ジャパンエナジー)、同時に全日本入り。96年アトランタ五輪7位入賞。97、98年アメリカのWNBAでプレー。04年アテネ五輪ではバスケットボール女子日本代表チームのアシスタントコーチを務める。現在は株式会社ジャパンエナジーCSR推進部に所属しつつ、早稲田大学大学院で学生として勉強中。
05〜07年、早稲田大学女子バスケットボール部ヘッドコーチ。07年4月より女子U-16、U-18日本代表アシスタントコーチ。
萩原美樹子
主な競技歴
  • 1993・
     94・95・96年
  • 日本リーグ得点王
  • 1995・
     97・98・99年
  • 全日本総合選手権(皇后杯) 優勝
  • 1996年
  • アトランタオリンピック 女子バスケットボール7位入賞(得点ランキング5位)
  • 1997年〜1998年
  • WNBA(アメリカ女子プロバスケットボール機構)でプレー(サクラメント・モナークス→フェニックス・マーキュリー)
現在の活動
  • ・バスケットボール講習会
  • ・講演
  • ・WJBL(女子バスケットボール日本リーグ機構)理事
  • ・バスケットボール女子日本代表チームアシスタントコーチ
  • ・(財)日本バスケットボール協会ジュニア専任コーチ
著書
  • 「プライド〜アメリカへの限りなき挑戦〜」(日本文化出版)
  • 「萩原美樹子のバスケットボール入門」(岩崎書店)
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]