「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2018年の試合結果INDEX > 上山容弘、澤野大地の試合結果
トランポリンの年齢別選手権で上山容弘が優勝!世界選手権代表に返り咲き!
[第5回全日本トランポリン競技年齢別選手権大会]
◇5月20日(日) ◇群馬県前橋市・ヤマト市民体育館 前橋

 今年11月にサンクトペテルブルクで開催されるトランポリンの世界選手権の代表選考会を兼ねた全日本年齢別選手権が前橋市で行なわれ、男子個人オープンの部に出場した上山容弘(ベンチャーバンク)は、決勝で60.225点の高得点をマークし、見事優勝しました。この得点は選考基準を満たしているため、2015年以来の世界選手権代表返り咲きが決まりました。

 日本体操協会公式ツイッターに「今回は捻り方を変えてみたら、技の完成度が上がり美しさに磨きがかかったと思う。個人で決勝進出を目指し、その後の五輪につなげたい。」と、コメントがアップされています。

澤野大地がセイコーゴールデングランプリで5m50を跳び日本人トップの2位!
[陸上:セイコーゴールデングランプリ陸上2018大阪]
◇5月20日(日) ◇大阪市東住吉区・ヤンマースタジアム長居

 IAAFワールドチャレンジ第2戦「セイコーゴールデングランプリ陸上2018大阪」が開催され、男子棒高跳に出場した澤野大地(富士通)は、5m30から試技をスタート。2回続けて失敗してしまいましたが、3回目に成功させると、5m40は見事に1回でクリア。続く5m50は2回目で成功させ、記録で3選手が並びました。

 5m50は3選手とも2回目での成功でしたが、それまでに失敗のなかったスコット・ヒューストン選手(アメリカ)が優勝。澤野は、5m40までに3回失敗の江島雅紀選手(日本大学)を抑え日本人トップの2位で大会を終えました。