「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2017年の試合結果INDEX > 穂積絵莉、髙橋礼華、上山容弘の試合結果
中国蘇州でのITF6万ドル大会で、穂積絵莉・加藤未唯ペアが準優勝!
[ITFサーキット「$60,000 Suzhou」]
◇10月17日(火)~22日(日) ◇中国/蘇州市

 ITFサーキット「$60,000 Suzhou」のダブルスに、穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)は加藤未唯選手(佐川印刷)とのペアで出場。17日の1回戦のあと2日置いて同じ日に準々決勝と準決勝を行なう変則的な日程を乗り越え決勝に勝ち進みました。

 しかし、決勝では第2シードのJacqueline.Cako(USA)/Nina.Stojanovic(SRB)ペアにスーパータイブレークの末、惜しくも敗れ、準優勝で大会を終えました。

◇試合結果◇
・ダブルス ※加藤未唯選手(佐川印刷)
17日/1回戦 ◯6-0,6-2 vs J.Lu/R.Meng(CHN)
20日/準々決勝◯7-6(4),6-3 vs J.Glushko(ISR)/P.Hon(AUS)
20日/準決勝◯6-2,6-0 vs 桑田寛子(島津製作所)/L.Robson(GBR)
21日/決勝 ●6-2,5-7,[2-10] vs J.Cako(USA)/N.Stojanovic(SRB)

・シングルス
18日/1回戦 ●3-6,1-6 vs J.Glushko(ISR)

髙橋礼華・松友美佐紀ペアは2回戦で敗れデンマークオープンの連覇ならず
[BWFスーパーシリーズプレミア「DANISA デンマークオープン」]
◇10月17日(火)~ ◇デンマーク/オーデンセ

 スーパーシリーズプレミア「デンマークオ-プン2017」の女子ダブルスに出場した髙橋礼華(日本ユニシス)と松友美佐紀選手(日本ユニシス)のペアは、2回戦で韓国のチャ・ユジュン/キム・ヘリンペアに17-21,19-21で敗れ、大会連覇はなりませんでした。

 髙橋・松友ペアは、1回戦の第1ゲーム3-2となったところで相手が棄権して勝ち上がりだったため、2回戦が実質大会初戦となりました。難しい状況の中、勢いのある韓国ペアに1ゲームを奪われると、第2ゲームは途中14-6と8点リードも終盤逆転されてしまいました。(下記埋め込み動画は2回戦のフルタイム)

◇試合結果◇
 18日/1回戦 vs J.FINNE-IPSEN/R.SOBY(DEN)
 19日/2回戦 17-21,19-21 vs チャ・ユジュン/キム・ヘリン(韓国)

全日本トランポリン競技選手権で上山容弘がまさかの失敗、予選敗退
[第54回全日本トランポリン競技選手権大会]
◇10月21日(土)~22日(日) ◇宮崎県小林市・小林市民体育館

 宮崎県小林市で開催された第54回全日本トランポリン競技選手権大会に上山容弘(ベンチャーバンク)が出場しました。結果は、個人予選第2自由演技の6回目のジャンプでまさかの失敗、それ以上演技を続けられず予選46位となり、準決勝には進めませんでした。

 本人は悔しい気持ちがあったと思いますが、下記の通り自身のツイッターで結果を報告し、演技の動画も公開しています。

 なお、坂本鷹志選手(ゼウス・エンタープライズ)とペアを組んだシンクロは、8位で予選を通過しましたが、決勝では最後まで演技を続けられず8位に終わっています。