「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2017年の試合結果INDEX > 山田幸代、谷真海、穂積絵莉、藤田さいきの試合結果
ワールドゲームズの女子ラクロスでオーストラリア代表・山田幸代が日本人初の銅メダル!
[ラクロス:THE WORLD GAMES 2017]
◇7月27日(木)~30日(日) ◇ポーランド/ヴロツワフ

 ポーランドで開催されたTHE WORLD GAMES 2017の女子ラクロスに山田幸代がオーストラリア代表として出場しました。

 オーストラリア代表は、初戦カナダに敗れましたが、2戦目は山田の1得点1アシストを含む23得点で開催国ポーランドに大勝し、決勝トーナメント進出を決めました。

 準決勝は、再びカナダと対戦。ワールドカップから4度目となる対戦でもカナダの壁を突破できず、オーストラリア代表は3位決定戦に回りました。

 3位決定戦は、ワールドカップと同じ組み合わせで、イングランドと対戦。1週間前は開催国の驚異的な粘りにあって敗れたオーストラリアでしたが、この大会ではしっかりと逃げ切り10-8で勝利、銅メダルを獲得し、ワールドカップの雪辱を果たしました。

 山田幸代はブログで結果を報告「メダルを獲得できたことは、ここまでのチャレンジの証として残るものがあり、本当に感動しています。メダルを取るって本当に難しいことだと。日本人で初めてラクロスでメダルを手にしたことを誇りに思い、またラクロスを日本で広めて行くため、日本を強くするために精進したいと思います」と、思いを綴っています。

◇試合結果◇
 27日●10-15(6-9,4-6) vs カナダ
 28日◯23-0(17-0,6-0) vs ポーランド
 29日準決勝●8-14(3-7.5-7) vs カナダ
 30日3位決定戦◯10-8(5-4,5-4) vs イングランド

谷真海がカナダエドモントンでの世界パラトライアスロンシリーズで優勝!
[ITU世界パラトライアスロンシリーズ2017エドモントン]
◇7月28日(金) ◇カナダ/エドモントン

 カナダのエドモントンで開催された世界パラトライアスロンシリーズに谷真海(サントリー)が出場し、女子PTS4のクラスで優勝しました。

 同クラスに出場したのは谷と谷が優勝した横浜大会で2位だったサリー・ピルビーム選手(オーストラリア)との2名で、スイムとその後のトランジションで谷が1分48秒の差をつけましたが、バイクとその後のトランジションでは56秒詰められてしまいます。しかし、得意のランで2分以上引き離し、トータル1時間22分29秒、3分4秒の差をつけフィニッシュしました。

なお、谷は、9月15日にオランダのロッテルダムで開催されるグランプリファイナルに出場する予定です。

穂積絵莉が100位以内の選手から初勝利を上げ、今シーズンWTAツアー初勝利!
[テニス:WTA International「江西オープン」]
◇7月24日(火)~ ◇中国/江西省南昌市

 穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)が、予選を突破し出場したWTAツアー「江西オープン」の1回戦で、第7シードのジェン・サイサイ選手(中国)を2-6,6-2,6-0のフルセットで下し、今シーズンWTAツアー初勝利を上げました。

 サイサイ選手は対戦時点で世界ランキング75位の選手で、穂積が100位以内の選手に勝利したのは、これが初めてです。

 続く2回戦は、台湾のシェイ・スーウェイ選手と対戦。フルセットの熱戦を演じましたが、6-4,3-6,4-6で惜しくも敗れ、シングルスで初めてのツアー8強入りはなりませんでした。

 本人はフェイスブックで、「内容的には自分が成長していることをすごく感じることが出来た大会でした。負けてしまったことはすごく悔しいですが、自分が前へ進んでいることを感じることが出来た大会でした」と、振り返っています。

 なお、尾﨑里紗選手(江崎グリコ)とのペアで出場したダブルスは、1回戦でタイのペアにスーパータイブレークの末敗れています。

◇試合結果◇
・シングルス
予選1回戦 ◯6-0,6-1 vs Y-Y.Qiu(中国)
予選決勝 ◯6-2,6-7(5),6-4 vs 波形純理(伊予銀行)
1回戦 ◯2-6,6-2,6-0 vs S.Zheng(中国)
2回戦 ●6-4,3-6,4-6 vs S.Hsieh(台湾)

・ダブルス(パートナー/尾﨑里紗)
1回戦 ●4-6,6-3,[8-10] vs N.Lertpitaksinchai / P.Plipuech(ともにタイ)

大東建託・いい部屋ネットレディスで藤田さいきは10アンダー13位タイ
[ゴルフ:大東建託・いい部屋ネットレディス]
◇7月27日(木)~30日(日) ◇山梨県鳴沢村・鳴沢ゴルフ倶楽部

 4日間で争われる大東建託・いい部屋ネットレディスに出場した藤田さいき(チェリーゴルフ)は、首位と3打差の5位タイと好位置につけて決勝ラウンドに進出しましたが、第3ラウンドでイーブンパーとスコアを伸ばせず17位タイに後退。最終日は、3バーディノーボギーのゴルフで、トータル10アンダー13位タイでトーナメントを終えました。