「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2016年の試合結果INDEX > 穂積絵莉、山下佐知子、小出義雄の試合結果
ハワイオープンに出場した穂積絵莉が加藤未唯選手とのペアでダブルス優勝!今季3勝!
[テニス:WTA125K「ハワイオープン」]
◇11月21日(月)~27日(日) ◇アメリカ/ホノルル
ハワイオープンに出場した穂積絵莉が加藤未唯選手とのペアでダブルス優勝!今季3勝!

穂積絵莉(エモテント)がシーズン最終戦として出場したWTA125Kシリーズの「ハワイ・オープン」のダブルスで優勝し、今シーズン3勝目を上げました。

穂積は加藤未唯選手(佐川印刷)とのペアでダブルスに出場。1回戦、準決勝とストレート勝ちで決勝に進むと、ニコール・ギブズ/エイジア・ムハメッド(ともにアメリカ)ペアを6-7(3),6-3,[10-8]とスーパータイブレークの接戦の末に下し、シーズン最終戦を今季3度目の優勝で終えました。

穂積は自身のフェイスブックで優勝を報告。「今シーズン最後の大会で優勝でき、良い形で締めくくることができました。今年はパートナーの未唯と3回優勝することができました。応援して下さった皆様、ありがとうございました!」と、コメントしています。

なお、シングルスは出場した日本人選手で一人だけ初戦を突破しましたが、2回戦でサーシャ・ヴィッカリー選手に(アメリカ)敗れています。

◇試合結果◇
・ダブルス(パートナー:加藤未唯)
1回戦 ◯6-0,6-2 vs X.WEN/N.ZHANG(ともに中国)
準決勝◯6-3,6-3 vs J. CAKO(アメリカ)/大前綾希子(島津製作所)
決勝 ◯6-7(3),6-3,[10-8] vs N. GIBBS A. MUHAMMAD(ともにアメリカ)

・シングルス
1回戦 ◯6-2,6-3 vs O.GOVORTSOVA(ベラルーシ)
2回戦 ●4-6,1-6 vs S. VICKERY(アメリカ)

クイーンズ駅伝で第一生命が2位!ユニバーサルエンターテインメントは8位シード維持
[クイーンズ駅伝 in 宮城(第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走)]
◇11月27日(日) ◇宮城県松島町文化観光交流館前~仙台市陸上競技場の6区間42.195km

全日本実業団対抗女子駅伝「クイーンズ駅伝 in 宮城」が行なわれ、山下佐知子が監督を務める第一生命グループが、昨年のチーム記録を37秒縮める2時間15分21秒、2位でフィニッシュしました。

第一生命は区間賞こそありませんでしたが、5区でリオデジャネイロオリンピックマラソン代表の田中智美選手が、区間3位の走りを見せて混戦を抜け出し2位に上がると、最終6区の佐々木文華選手が区間2位タイの走りで順位を維持してゴールテープを切りました。優勝したJP日本郵政グループとのタイム差は13秒でした。

小出義雄が指導するユニバーサルエンターテインメントは、2区木村友香選手が区間賞の走りで6位に上がりましたが、第5中継所でアンカーにタスキが渡ったときにはシード圏外の10位と苦しいレースとなりました。しかし、アンカーの中村萌乃選手が区間2位タイの走りで順位を上げ、競技場でのシード券(8位以内)争いをわずか2秒制し、8位でのシード権確保に成功しました。