「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2016年の試合結果INDEX > 佐々木元、廣道純、藤田さいき、北田瑠衣の試合結果
世界王者決定戦「FLAT ARK」で佐々木元が世界No.1に勝利!しかし準決勝で惜敗
[BMX FLATLAND世界王者決定戦「FLAT ARK」]
◇10月30日(日) ◇神戸市中央区・神戸ハーバーランド高浜岸壁特設ステージ

世界でも破格の決勝賞金500万円をかけたBMXフラットランドの世界王者決定戦「FLAT ARK」が開催され、今シーズンのワールドサーキット年間ランキング5位の佐々木元は、予選免除で決勝トーナメントから出場しました。

1回戦の漢那史哉選手との対戦では、初戦の緊張感からか、序盤こそトリックを決められませんでしたが、徐々に本領を発揮し、難易度、バラエティ、クリエイティビティ、ベストコンボ、オーバーオールの5項目のジャッジすべてで勝利しました。

続く準々決勝の相手は、ワールドサーキット年間チャンピオンのビッキー・ゴメス選手(スペイン)でした。最強の相手の短い時間でのトリックに対し、佐々木は自身のライディングを完遂し、難しいトリックを成功させチャンピオンにプレッシャーをかけました。その結果、難易度、バラエティではビッキー・ゴメスの名前が上がりましたが、クリエイティビティ、ベストコンボ、オーバーオールでは佐々木元の名前が上がり、3-2で現世界チャンピオンを退けました。

そして迎えた準決勝は、今シーズンの世界ランキング2位のマティアス・ダンドワ選手(フランス)と対戦。お互いがトリックを決め合うハイレベルなバトルを展開しましたが、ジャッジ5項目のうち佐々木元の名前が上がったのはクリエイティビティだけで、惜しくも決勝進出はなりませんでした。

各バトルの動画がアップされていますので、ぜひご覧ください。
・1回戦 vs 漢那史哉⇒ https://youtu.be/OC_AlBuqUT0
・準々決勝 vs ビッキー・ゴメス⇒ https://youtu.be/884nInF_r1k
・準決勝 vs マティアス・ダンドワ⇒ https://vimeo.com/189507040 
 (10分すぎから)

※準決勝の動画

大分国際車いすマラソンに出場した廣道純は、1時間30分39秒で10位
[第36回大分国際車いすマラソン]
◇10月30日(日) ◇大分県庁前スタート~大分市営陸上競技場フィニッシュ

世界初の車いす単独の国際マラソン大会として開催され、今年で36回目を迎えた「大分国際車いすマラソン」に、地元の廣道純(プーマジャパン)が今年も出場しました。

廣道は、7人による第2集団でレースを進めましたが、最後はやや遅れ、1時間30分39秒10位でのフィニッシュとなりました。

なおレースは、リオパラリンピック金メダリストで大会7連覇を目指した優勝候補のマルセル・フグ選手(スイス)が、序盤でコースアウトしリタイアしてしまう波乱が起き、先頭集団4人の争いを最後に制したのは、50歳の山本浩之選手(福岡県)でした。日本人選手の優勝は10年ぶりとなりました。

樋口久子 三菱電機レディスで藤田さいきは11位タイ、北田瑠衣は15位タイ
[女子ゴルフ:樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント]
◇10月28日(金)~30日(日) ◇埼玉県飯能市・武蔵丘ゴルフコース

樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントに出場した藤田さいき(チェリーゴルフ)は、首位と2打差の3アンダー4位タイで予選を通過すると、最終日は最終組の1つ前でプレーしました。アウトの9ホールではスコアを2つ伸ばしましたが、インの9ホールでスコアを4つ落としてしまい、残念ながら優勝争いから脱落し、トータル1アンダー11位タイでトーナメントを終えました。

北田瑠衣は、首位と3打差の2アンダー8位タイで最終日をスタート。1バーディ1ボギーのイーブンパーで迎えた13番でダブルボギーを叩き、この日は2オーバー。トータルイーブンパーの15位タイの成績でした。