「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
伊藤美誠がリオ五輪アジア大陸予選会で世界女王の丁寧選手に勝利!
[卓球:第31回オリンピック競技大会卓球競技アジア大陸予選会]
◇4月13日(水)~  ◇香港

香港で開催されたリオ五輪アジア大陸予選の女子シングルス準々決勝で、伊藤美誠(スターツSC・昇陽高校)が、昨年の世界選手権で優勝した丁寧選手(中国)を6-11,11-9,12-10,11-5,6-11,11-9の4-2で破り、準決勝進出を決めました。丁寧選手とは5度目の対戦で、初めての勝利です。

なお、その後行なわれた準決勝は、石川佳純選手と対戦。第1ゲームのデュースを制したものの、ケガにより棄権しています。

ケガは丁寧選手との試合中に右手首を台にぶつけ、その痛みがあり、大事を取ったとのことです。

◇試合結果◇
2回戦 ◯4(12-10,4-11,9-11,11-8,11-8,8-11,15-13)3 vs キム・ソンイ(北朝鮮)
準々決勝 ◯4(6-11,11-9,12-10,11-5,6-11,11-9)2 vs 丁寧(中国)
準決勝1(12-10,棄権)4 vs 石川佳純選手(全農)

卓球のブンデス2部最終節、梅村礼がシングルス初黒星。連勝は23でストップ
[卓球:ブンデスリーガ2部]
◇4月17日(日) ◇ドイツ
卓球のブンデス2部最終節、梅村礼がシングルス初黒星。連勝は23でストップ

卓球のブンデスリーガ2部のクレーベで、リーグ戦にスポット参戦している梅村礼が、敵地でのアンレヒテ戦に出場し、ダブルス1勝、シングルス1勝1敗でした。シングルスは開幕以来22戦無敗でこの試合に臨みましたが、1試合目に勝利し23連勝したあとの試合で2-3とフルゲームの末に敗れてしまい、負けなしでシーズンを終えることはできませんでした。

チームも4-6と惜敗し、通算成績は3勝2分11敗で9チーム中最下位でシーズンを終えました。

梅村は自身のブログで「最後の最後で・・・・負けました。。。。今シーズン、ずっと負けなしできていたのに・・・・ツメ甘すぎ」とシングルスでの初の敗戦に悔しさを表わしています。また、「今シーズンはチームも大変で結局3番手(の選手)は1回も来ず、その為毎回第二チームの選手を借りてくるという状態で試合の方も16回中8回は4-6負け。あと1勝していればビリではなかったんですけどね・・・・」と、苦しいチーム事情だったことを明かしています。

◇梅村の試合結果◇
・4月17日(日)TTVg WRW Kleve ●4-6 TTK Anröchte
第1ダブルス ○ 3(11:8,11:6,4:11,11:6)1
第2シングルス ◯ 3(11:5,6:11,11:8,11:8)1
第5シングルス ● 2(11:9,12:14,11:5,10:12,8:11)3