「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
山下佐知子指導の田中智美選手が日本人トップの2位!リオ五輪代表発表は17日
[名古屋ウィメンズマラソン2016]
◇3月13日(日) ◇名古屋市東区・ナゴヤドーム発着
山下佐知子指導の田中智美選手が日本人トップの2位!リオ五輪代表発表は17日

名古屋ウィメンズマラソン2016で、山下佐知子が指導する田中智美選手(第一生命)が小原怜選手(天満屋)との壮絶な日本人トップ争いを1秒差で制し、2時間23分19秒の2位でゴール、リオデジャネイロオリンピック代表に大きく近づきました。

山下監督は会見で、「いろんな思いがあった長い一年でした。田中の指導に専念させてもらうシステムを会社に認めてもらい、チームにも理解してもらったことにつきます。予定通りのレースができてホッとしています」と話していました。

ロンドンの尾崎好美選手に続いて2大会連続で選手を五輪に送り出せるか、リオオリンピックの代表選手発表は17日です。(※3月17日、陸連によるリオ五輪代表選手の発表会見が行なわれ、田中智美選手の選出が正式に決まりました。山下監督は、ロンドンの尾崎好美選手に続いて2大会連続で選手を五輪に導いたことになります。)

なお、このレースは、東海テレビ、東海ラジオで中継され、テレビでは有森裕子が第1放送車で、金哲彦がバイクに乗って解説し、ラジオでは松尾和美が解説、深山計がナゴヤドームでレポーターを務め、劇的なレースの様子を全国に届けました。

バルドラール浦安は全日本選手権の3位決定戦に勝利しシーズン終了
[フットサル:第21回全日本フットサル選手権大会]
◇3月4日(金)〜3月13日(日)
◇予選ラウンド/兵庫・グリーンアリーナ神戸、決勝T/東京・代々木第一体育館

全日本フットサル選手権で、荒牧太郎が所属するバルドラール浦安は、予選ラウンド3戦全勝で決勝トーナメント進出を決めました。

準々決勝はデウソン神戸を2-1で下すと、準決勝はFリーグ9連覇中の名古屋オーシャンズでした。3年連続の準決勝での対戦で、一時2点リードしましたが追いつかれ、試合は5分ハーフの延長戦にもつれ込みました。そして、PK戦に突入するかと思われた残り50秒に決勝点を奪われ、残念ながら決勝進出を逃してしまいました。

シーズン最終戦となった3位決定戦は、府中アスレティックFCと対戦。前半1-0のリードで折り返すと、30分、32分と追加点を上げ3点のリードを奪うことに成功その後の府中の激しい追撃を2点に抑え、3-2で勝利し大会を終えました。なお、バルドラール浦安はフェアプレー賞も受賞しています。

荒牧太郎はブログで試合について、「全員でまとまって勝利を目指した結果、シーズン最後の試合を勝利で締めくくることが出来ました。終わり良ければ全て良しとは全く思いませんが、負けて終わるよりは間違いなく良いです。」と振り返っています。

◇試合結果◇
・予選ラウンド
3月4日(金)#1 ◯7-0 vs 広島エフ・ドゥ(荒牧は控えで出場、1得点)
3月5日(土)#2 ◯2-0 vs 名古屋オーシャンズ サテライト(荒牧は先発出場)
3月6日(日)#3 ◯3-1 vs ヴォスクオーレ仙台

・決勝トーナメント
3月11日(金)準々決勝 ◯2-1 vs デウソン神戸
3月12日(土)準決勝  ●3-4(延長) vs 名古屋オーシャンズ
3月13日(日)3位決定戦◯3-2 vs 府中アスレティックFC

ヨコハマタイヤゴルフトーナメントで藤田さいきは9位T、北田瑠衣は21位T
[女子ゴルフ:ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ]
◇3月11日(金)〜13日(日) ◇高知県香南市・土佐カントリークラブ

ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップに出場した藤田さいき(チェリーゴルフ)は、4アンダー6位タイで最終日を迎え、2バーディ1ボギーで回りトータル5アンダー9位タイでトーナメントを終えました。

北田瑠衣は最終日を1オーバー28位タイで迎えると、2バーディノーボギーでスコアを伸ばし、トータル1アンダー21位タイの成績でした。