「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
穂積絵莉が日本を救う活躍見せるもフェドカップWG2部プレーオフ進出ならず
[テニス:フェドカップ2016 アジア・オセアニアゾーン・グループ1部]
◇2月3日(水)〜6日(土) ◇タイ/ホアヒン
穂積絵莉が日本を救う活躍見せるもフェドカップWG2部プレーオフ進出ならず

タイのホアヒンで開催されたテニスの国別対抗戦フェドカップアジア・オセアニアゾーン・グループ1部に出場した日本代表チームは、決勝戦で台湾に1-2で敗れ、ワールドグループ2部プレーオフ進出はなりませんでした。

昨年に続き、日本代表チームの一員として大会に出場した穂積絵莉(エモテント)は、初戦のウズベキスタン戦のダブルスに青山修子選手(近藤乳業)とのペアで出場し、価値ある勝利をもたらすと、続くインド戦では、ケガの奈良くるみ選手(安藤証券)に代わってシングルスにも出場し勝利。ダブルスでは、ダブルスの世界ランキング1位のミルザ選手を擁するペアにストレート勝ちを収めて、日本の窮地を救いました。

プール戦最終日のタイ戦は、シングルスで惜しくも逆転負けを喫したものの、勝てば決勝進出が決まるダブルスで見事に勝利を収め、決勝進出に大きく貢献しました。

昇格プレーオフ進出をかけた台湾との決勝でも、優勝は穂積・青山ペアのダブルスに託されましたが、惜しくも3-6,3-6で敗れ、昇格プレーオフ進出はなりませんでした。

穂積は自身のフェイスブックで「選手、コーチ、スタッフ一同、そして応援して下さっている皆さんの想いをひとつにチームジャパンとして戦い抜きました。悔しさは残りますが、これからツアーに戻って力をつけ、また皆で切磋琢磨しながらレベルアップしていきたいと思います。」と振り返っています。

◇試合結果◇
3日 ●日本1-2 vs ウズベキスタン
   奈良くるみ●3-6,2-6 vs S.シャリポワ
   日比野菜緒●7-6(6),4-6,3-6 vs N.アブドゥライモワ
   穂積絵莉/青山修子 ◯6-1,6-0 vs A.アマンムラドバ/A.フォルツ

4日 ○日本2-1 vs インド
   穂積絵莉 ◯6-2,6-1 vs P.トンバリ
   日比野菜緒●3-6,1-6 vs A.レイナ
   穂積絵莉/青山修子 ◯7-5,6-3 vs S.ミルザ/P.トンバリ

5日 ○日本2-1 vs タイ
   穂積絵莉 ●6-4,5-7,4-6 vs B.タムチャイワット
   日比野菜緒◯0-6,7-5,6-1 vs L.クムクム
   穂積絵莉/青山修子 ◯7-5,6-0 vs K.プアヤム/P.プリプーチ

6日昇格プレーオフ(決勝) ●日本1-2 vs 台湾
   奈良くるみ◯6-1,6-4 vs チャン・カイチェン
   日比野菜緒●6-4,3-6,3-6 vs シェイ・スーウェイ
   穂積絵莉/青山修子 ●3-6,3-6 vs チャン・ハオチン/チャン・ユンジャン