「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
卓球のドイツオープンで伊藤美誠はベスト8、準々決勝は石川佳純選手に敗戦
[卓球:ITTFワールドツアー ドイツオープン]
◇1月27日(水)~31日(日) ◇ドイツ/ベルリン

ITTFワールドツアー ドイツオープンに出場した伊藤美誠(スターツSC・昇陽中学)は、ハンガリーオープンに続いてベスト8まで勝ち進みましたが、準々決勝で石川佳純選手(全農)に5-11,11-4,3-11,8-11,7-11で敗れ、ベスト4進出はなりませんでした。

各試合のスコアは以下の通りです。

◎女子シングルス
 1回戦 ◯4(11-8,8-11,7-11,13-11,11-7,11-8)2 vs ソン・マウン(韓国)
 2回戦 ◯4(5-11,7-11,11-7,11-5,7-11,12-10,11-1)3 vs ソルヤ(ドイツ)
 準々決勝 ●1(5-11,11-4,3-11,8-11,7-11)4 vs 石川佳純

スノーボードW杯モスクワ大会パラレル回転で、家根谷依里15位、川口晃平27位
[スノーボード:ワールドカップ ログラ大会]
◇1月30日(土) ◇ロシア/モスクワ

今シーズンもモスクワの街中に作られた特設のコースでスノーボードワールドカップのパラレル回転が開催され、家根谷依里(大林組スキー部)は、予選1本目10位で2本目に進むと、2本合計14位のタイムでW杯5戦中4戦目の決勝トーナメント進出を決めました。

迎えた決勝トーナメントの1回戦では、ソチオリンピックの金メダリスト、スイスのクンマー選手に敗れ、最終順位は15位でした。

男子パラレル回転に出場した川口晃平は、予選1本目のブルーコースで11位(全体14位)と好タイムで2本目に進みましたが、レッドコースは全体で33位のタイムに終わり、総合27位で惜しくも決勝トーナメント進出はなりませんでした。

本人はブログで「予選一本目に今シーズンで一番良い滑りができたのですが、二本目にそのチャンスを生かしきれませんでした。これが今の自分の実力です。」と、レースを振り返っています。特設会場の様子がわかる写真も掲載されていますので、ぜひご覧ください。