「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
伊藤美誠が卓球の全日本選手権女子シングルスベスト4!初の決勝はならず
[卓球:平成27年度全日本卓球選手権大会]
◇1月11日(月祝)~17日(日) ◇東京都渋谷区・東京体育館
伊藤美誠が卓球の全日本選手権女子シングルスベスト4!初の決勝はならず

全日本卓球選手権に出場した伊藤美誠(スターツSC・昇陽中学)は、女子シングルスで昨年のベスト8を更新し、ベスト4まで勝ち進みました。

決勝進出をかけた準決勝の相手は、ダブルスでペアを組む同学年の平野美宇選手(JOCエリートアカデミー)で、どちらが勝っても史上最年少ファイナリストになる対戦となりました。伊藤は、平野選手の思い切りのいいプレーの前に流れを引き込むことができず、12-14,6-11,6-11,5-11のストレートで押し切られ、初の決勝進出はなりませんでした。

なお、二人が組んだ女子ダブルスは、初戦となった2回戦でまさかの敗戦を喫しました。

各試合のスコアは以下の通りです。

◎女子シングルス
 4回戦 ◯4(11-3,9-11,15-13,11-3,11-6)1 vs 土田美紀(中国電力)
 5回戦 ◯4(8-11,12-10,12-10,8-11,11-8,11-5)2 vs 阿部恵(サンリツ)
 6回戦 ◯4(11-8,11-5,11-7,10-12,8-11,6-11,11-5)3 vs 若宮三紗子(日本生命)
 準々決勝 ◯4(7-11,11-9,11-4,11-8,11-3)1 vs 浜本由惟(JOCエリートアカデミー)
 準決勝●0(12-14,6-11,6-11,5-11)4 vs 平野美宇(JOCエリートアカデミー)

◎女子ダブルス(パートナー・平野美宇/JOCエリートアカデミー)
 2回戦 ● 1(11-13,11-4,12-14,3-11)3 vs 桑村郁未・粟屋美佳(龍谷大学)

全豪OP、土居美咲は第7シードのケルバーとフルセットの熱戦の末惜しくも敗戦
[テニス:グランドスラム 全豪オープン]
◇1月19日(火) ◇オーストラリア/メルボルン
全豪OP、土居美咲は第7シードのケルバーとフルセットの熱戦の末惜しくも敗戦

全豪オープン女子シングルス1回戦に登場した土居美咲(ミキハウス)は、世界ランキング6位で第7シードのアンジェリック・ケルバー選手(ドイツ)を相手に、2時間41分に及ぶフルセットの熱戦を演じ、7-6(4),6-7(6),3-6で惜敗しました。

第1セットは0-4から追いつきタイブレークをものにすると、第2セットも1-4からタイブレークに持ち込み、マッチポイントも一度握りましたが惜しくも落とすと、ファイナルセットもどちらに転んでもおかしくないゲームが続きましたが、惜しくも敗れました。

金星は逃したものの、ウィナーの数では相手の35本に対し土居が59本と圧倒。ストローク戦では世界のトップ選手に引けをとらない実力があることを証明しました。

本人のブログには、NHKでの録画中継があった影響か、その試合内容に興奮を隠せないファンからのコメントがたくさん寄せられています。

土居は女子ダブルスにも日比野菜緒選手とのペアで出場しましたが、1回戦でSu-Wei Hsieh(中華台北)・Oksana Kalashnikova(ジョージア)ペアにファイナルセットタイブレークで敗れ、2回戦進出はなりませんでした。