「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
車いす卓球の岡紀彦はタイオープンで個人、団体ともに決勝T進出
[車いす卓球:タイオープン]
◇7月24日(金)〜27日(月) ◇タイ/バンコク
車いす卓球の岡紀彦はタイオープンで個人、団体ともに決勝T進出ベスト8

肢体不自由者卓球のタイオープンに出場した岡紀彦は、個人戦、団体戦とも決勝トーナメントに進出しましたが、準々決勝で敗れ個人戦はベスト8、団体戦はベスト6の成績でした。

岡は個人戦のグループリーグを2勝1敗で2位通過すると、決勝トーナメントの初戦で、台湾のCHENG選手とフルゲームの接戦を演じましたが惜しくも敗れ惜しくもメダルには届きませんでした。

土井健太郎選手と組んだ団体戦では、台湾チームにはストレート負けを喫しましたが、マカオチームにはストレートで勝って決勝トーナメント進出。しかし準々決勝でタイチームにストレート負けを喫しベスト6止まりでした。

◇試合結果◇
・個人戦
グループ戦#1 ◯3(11:3,11:4,11:8)0 vs CHAM,Lee choon(シンガポール)
グループ戦#2 ●0(2:11,7:11,4:11)3 vs SUTANTO,Agus(インドネシア)
グループ戦#3 ◯3(11:8,11:3,11:2)0 vs CHEONG,Lam Sam(マカオ)
準々決勝 ●2(11:9,11:9,6:11,4:11,12:14)3 vs CHENG,Ming Chih(台湾)

・団体戦(パートナー:土井健太郎選手)
 グループ#1 日本 ● 0-3 vs 台湾
   第2シングルス ● 1(6:11,6:11,11:8,4:11)3 vs LIN,Yen-Hung
   ダブルス ● 0(8:11,8:11,6:11)3 LIN,Yen-Hung/CHENG,Ming Chih
 グループ#2 日本 ◯ 3-0 vs マカオ
   第1シングルス ◯3(11:7,11:3,11:6)0 vs CHEONG,Lam Sam
   ダブルス ◯3(11:7,11:6,11:3)0 vs CHEONG,Lam Sam/CHAO,Iong Fok
 準々決勝  日本 ● 0-3 vs タイ
   第1シングルス ● 1(7:11,13:11,7:11,8:11)3 vs KONGRUANG,Maitree
   ダブルス ● 0(4:11,11:13,10:12)3 vs
             CHAIWUT,Wanchai/KONGRUANG,Maitree

FIVBワールドグランプリ決勝ラウンドで全日本女子は5戦5敗。6位で大会終了
[FIVBワールドグランプリ2015 決勝ラウンド]
◇7月22日(金)〜7月26日(土) ◇アメリカ/オマハ

FIVBワールドグランプリ2015の予選ラウンドを6位で、決勝ラウンドに進んだ全日本バレーボール女子チームは、アメリカ、中国、ブラジル、イタリア、ロシアの5ヵ国と戦い全敗で大会を終えました。フルゲームとなったイタリア戦以外の4試合は、ストレート負けで、現時点での力の差がはっきりと出た結果となりました。

チームを率いた眞鍋政義監督は、最終戦終了後のコメントで、「決勝ラウンドに来てからは表彰台に上がろうと選手に話をし、(それを)目標にしてきたが、最終的には6位で残念。しかし選手をまんべんなく使い、能力を見極めることができた」と話していて、オリンピック出場権がかかる8月下旬開幕のワールドカップを見据えているようです。

監督の試合ごとのコメントは、バレーボール協会のサイトにありますので、ぜひご覧ください。⇒ 試合結果ページ
決勝ラウンド各試合のスコアは以下の通りです。

◇試合結果◇
7月22日 ●0(12-25,15-25,18-25)3 vs アメリカ 7月23日 ●0(20-25,19-25,12-25)3 vs 中国 7月24日 ●0(21-25,23-25,16-25)3 vs ブラジル 7月25日 ●2(25-20,20-25,30-28,24-26,22-24)3 vs イタリア 7月26日 ●0(11-25,19-25,18-25)3 vs ロシア

センチュリー21レディスで北田瑠衣は、トータル2アンダー36位タイ
[女子ゴルフ:センチュリー21レディスゴルフトーナメント]
◇7月24日(金)〜26日(日) ◇静岡県伊豆の国市・伊豆大仁カントリークラブ

センチュリー21レディスゴルフトーナメントに出場した北田瑠衣は、1アンダー42位タイで決勝ラウンド進出を決めると、最終日は、5バーディ4ボギーと出入りの激しいゴルフながらスコアを1つ伸ばし、トータル2アンダー36位タイに順位を上げてトーナメントを終えました。

なお、藤田幸希(チェリーゴルフ)は、2日目を終え、予選通過ラインに1打届かず決勝ラウンドに進めませんでした。