「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
なでしこジャパンはアメリカに敗れ準優勝。「最後まで選手はよく走ってくれた」
[サッカー:FIFA女子ワールドカップカナダ2015]
◇7月5日(日) ◇カナダ/バンクーバー
なでしこジャパンはアメリカに敗れ準優勝。「最後まで選手はよく走ってくれた」

FIFA女子ワールドカップカナダ2015に出場したサッカー女子日本代表(なでしこジャパン)は、2大会連続でファイナリストの座を掴み取り、日本時間の6日、アメリカ代表との決勝戦に臨みました。

連覇に王手をかけた日本でしたが、4年前にPK戦の末に敗れたアメリカの闘志に立ち上がりから苦しめられます。3分、5分と立て続けにセットプレーから失点すると、攻めに転じたもののミス絡みで14分と16分にも得点を許し、思ってもみなかった0-4のビハインドを背負ってしまいました。

佐々木則夫監督は、ボランチの宇津木選手を左サイドバックに、左サイドハーフの宮間選手をボランチにするなど、ポジション変更を指示し試合を落ち着かせ、得点を狙いに行きます。

すると27分、宮間選手からのロングボールを右サイドで受けた川澄選手が中央にクロスを入れ、これを受けた大儀見選手が素晴らしい反転からのシュートでゴールネットを揺らし、追撃の得点を上げました。

さらに佐々木監督は33分と39分に選手交代を行ない、追加点を狙いますが、前半は1-4で終了しました。

後半開始直後はまたもアメリカのパワーとスピードに劣勢となりましたが、50分にGK海堀選手の右手一本のセーブが飛び出すと、その2分後、宮間選手のフリーキックを前半交代で入った澤選手が競り、相手ディフェンダーのオウンゴールを誘い、決勝前までこの大会1失点だった堅守のアメリカから2点を奪います。2-4と2点差に迫りましたが、得点の2分後にまたもコーナーキックからの流れで失点し再び3点差とされていまいました。

佐々木監督は60分、岩渕選手を最後の交代カードとしてピッチに送りました。岩渕選手のドリブルで攻撃にリズムができ、選手たちも最後まで得点を狙って走り、シュートを放ちましたが、追加点をうばうことはできずに、2-5で試合終了となりました。

監督は試合直後のテレビのインタビューで次のように話していました。
「大会を通して、本当に多くの方々に応援していただいて、ファイナルまで来ることができましたけれども、もう一つ、立ち上がりに気を引き締めていればということがありますけれども、本当に最後まで最後まで選手はよく走ってくれたと思いますので、僕自身も選手には誇りを持っております。」

そして、この4年間について聞かれると、「4年間、チャンピオンとして、いろいろなプレッシャーがある中でも、このステージまで上がってきた選手たちは本当によくやってくれたと思います。また日本の皆さんも本当によく応援していただいて、本当にありがとうございます。細かいことはたくさんありますけど、とにかくこのファイナルまで来たということは、まずは成功だと僕は思っていますし、次はまた若い世代もここに入ってきて、そしてまた更にパワーアップすることが大事だと思います。今日はしっかりと結果は出ませんでしたけれども、最後の最後まで諦めないで走り切るという姿は見せられたと思いますので、ぜひ多くの少女たちがサッカーに注目してもらえればと思います。(この4年間で監督自身が手にできたものは?と聞かれ)選手たちと本当に楽しくここまでサッカーを積み上げてこれて、本当に幸せだったと思います。本当に応援ありがとうございました。」と、答えていました。

韓国OPで伊藤美誠が女子ダブルス優勝!シングルスは福原選手に敗れ準優勝
[卓球:ITTFワールドツアー 韓国オープン]
◇7月1日(水)〜5日(日) ◇韓国/仁川
韓国OPで伊藤美誠が女子ダブルス優勝!シングルスは福原選手に敗れ準優勝

ITTFワールドツアー韓国オープンに出場した伊藤美誠(スターツSC・昇陽中学)が、平野美宇選手とのペアで出場した女子ダブルス決勝で、早田ひな選手・佐藤瞳選手の日本人ペア対決を制し優勝、今シーズンダブルス初優勝を成し遂げました。

女子シングルスでは、準々決勝で平野早矢香選手を破るなど、その平野選手に1ゲーム落としただけで決勝まで勝ち進みました。迎えた決勝の相手は福原愛選手で、これが公式戦では初対戦となりましたが、残念ながら0-4のストレート負けを喫し、準優勝で大会を終えました。

各試合の対戦相手、スコアは以下の通りです。

◇試合結果◇
・女子シングルス
1回戦 ◯4(11-8,12-10,11-8,11-6)0 vs シャオ・ジエニー(ポーランド)
2回戦 ◯4(11-3,11-5,11-6,11-7)0 vs アン・ヨンウン(韓国)
準々決勝◯4(11-3,9-11,11-6,11-8,14-12)1 vs 平野早矢香(ミキハウス)
準決勝 ◯4(11-7,11-8,12-10,11-5)0 vs チェ・ヒョジュ(韓国)
決勝   ●0(6-11,7-11,10-12,4-11)4 vs 福原愛(ANA)

・女子ダブルス(平野美宇選手/JOCエリートアカデミー とのペア)
準々決勝◯3(11-8,11-6,11-6)0 vs バラージョバー/メシュレフ(スロバキア/エジプト)
準決勝 ◯3(11-7,11-6,11-7)0 vs チェ・ヒョジュ/イ・ジオン(韓国)
決勝  ◯3(8-11,8-11,11-5,11-6,11-9)2
            vs 早田ひな(石田卓球クラブ)/佐藤瞳(札幌大谷高校)