「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
福岡国際女子テニスに出場した穂積絵莉が波形選手との初ペアでダブルス準V!
[テニス:福岡国際女子テニス2015]
◇5月4日(月祝)〜10日(日) ◇福岡市博多区・博多の森テニス競技場
福岡国際女子テニスに出場した穂積絵莉が波形選手との初ペアでダブルス準V!

ITFサーキット$50,000「福岡国際女子テニス2015」に出場した穂積絵莉(エモテント)が、波形純理選手とのダブルスで決勝まで勝ち進み準優勝の成績を収めました。

初めてペアを組んだ二人は、準々決勝、準決勝と2試合続けてスーパータイブレークの末に勝利。決勝は3-6,4-6とわずかの差で敗れました。

穂積は、自身のフェイスブックで、「決勝は負けてしまいましたが、はじめてペアを組む波形さんと、試合を重ねるごとに良いプレーが出来てきました。特に決勝は積極的に動けて、次に繋がるダブルスが出来ました。久留米でもペアを組むので、次は優勝出来るように頑張ります。」とコメントしています。
なお、シングルスは2回戦で加藤未唯選手に敗れています。

◇試合結果◇
・ダブルス(パートナー 波形純理選手)
1回戦 ○6-3,6-4 vs 岡田上千晶/田中優季
準々決勝○6-3,4-6,[11-9] vs 瀬間友里加/瀬間詠里花
準決勝 ○5-7,7-5[10-5] vs A.Mestach / E.Webley-Smith(ベルギー/イギリス)
決勝 ●3-6,4-6 vs ナオミ・ブローディ / クリスティーナ・プリスコバ(イギリス/チェコ)

・シングルス
1回戦 ○6-2,6-4 vs 奥野彩加
2回戦 ●4-6,3-6 vs 加藤未唯

土居美咲がローマでのWTAツアーで予選突破!本戦1回戦はフルセットを戦い惜敗
[テニス:WTA Premier「Internazionali BNL d'Italia」]
◇5月9日(土)〜 ◇イタリア/ローマ

WTAツアーBNLイタリア国際女子に出場した土居美咲(ミキハウス)が、予選1回戦でランキング76位のポロナ・ヘルツォグ選手(スロベニア)をフルセットで下し、本戦出場が決まる2回戦では、同58位のアイラ・トムヤノビッチ選手(クロアチア)を6-3,6-4で破り予選突破を果たしました。

本戦1回戦の相手は、同じく予選を勝ち上がったルーマニアのアレクサンドラ・ダルゲル選手で、土居は第1セットをタイブレークの末取りましたが、2セット、3セットは惜しくも落とし、2時間20分を超える接戦をものにすることはできませんでした。

本人はブログで、「予選の時に比べてサービスキープに苦しんだのも敗因の一つだと思います。 しかし今大会では予選を上る事ができ得る物も沢山ありました」と振り返り、「フレンチまでもう一大会ありますが、日々成長できるように頑張ります!」と結んでいます。

土居は、ドイツでの大会に出場したあと、グランドスラムの全仏オープンに挑みます。

◇試合結果◇
予選1回戦 ○6-7(2),6-4,6-4 vs ポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)
予選2回戦 ○6-3,6-4 vs アイラ・トムヤノビッチ(クロアチア)
本戦1回戦 ●7-6(2),3-6,3-6 vs アレクサンドラ・ダルゲル(ルーマニア)

篠宮龍三がバハマでの「Vertical Blue」で、3種目総合準優勝!初の総合表彰台
[フリーダイビング:「Vertical Blue 2015」]
4月27日(月)〜5月7日(木) ◇バハマ/ディーンズブルーホール

バハマでフリーダイビングの大会に出場した篠宮龍三が、コンスタントウィズフィン(足ひれを使用して潜る種目)で2位(95m)、ロープを手繰って潜るフリーイマージョンで3位(91m)、コンスタントノーフィン(足ひれを使用せず、平泳ぎのスタイルで潜る種目)で4位タイ(62m)の成績を収め、総合準優勝に輝きました。

本人はブログで結果を報告し、「バハマ大会は2008年の第一回目から出ていますが、初めてのメダル、表彰台です。(昔は表彰もしなかったんです)なので、格別な思いです。」と喜びを表現しています。

しかし、さらに、「本当のバハマ大会はこんなレベルじゃ勝てない。この記録ではせいぜい5位に入れるかどうか。いつもはもっともっと超ハイレベルな選手が超シビアな戦いをしています。やるかやられるか。去年も一昨年も。今回の入賞はかなりの運があったと思います。本来ならコンスタント&フリーイマージョンで105m以上、ノーフィンで75m以上出さないと総合には割って入れません。これで楽することを覚えたり気を緩めたりせずに、また次の戦略を練りたいと思います。世界のトップレベルで戦うのはもっと厳しいのですから。」とシビアに分析しています。

ゴールデングランプリで村上幸史は日本人トップも7位、澤野大地は記録なし
[陸上:セイコーゴールデングランプリ陸上2015川崎]
◇5月10日(日) ◇川崎市中原区・川崎市等々力陸上競技場
ゴールデングランプリで村上幸史は日本人トップも7位、澤野大地は記録なし

セイコーゴールデングランプリ陸上で男子やり投に村上幸史(スズキ浜松AC)は、1投目75m62、2投目75m67、3投目に76m54と徐々に記録を伸ばしましたが、4投目以降は記録を伸ばせず、日本人トップも7位に終わりました。なお、優勝は、チェコのヤクブ・バドレイヒ選手で、記録は85m13でした。

男子棒高跳に出場した澤野大地(富士通)は、5m30から試技をスタートしましたが、3回とも失敗し、記録なしに終わりました。5m50を成功した山本聖途選手(トヨタ自動車)が、試技数の差で優勝しています。

今年最初の公式戦、サロンパスカップで藤田幸希が27位T、北田瑠衣は32位T
[女子ゴルフ:ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ]
◇5月7日(木)〜10日(日) ◇茨城県つくばみらい市・茨城ゴルフ倶楽部 東コース

日本女子プロゴルフの公式戦ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップが開催され、藤田幸希(チェリーゴルフ)と北田瑠衣が出場しました。

藤田幸希は、1アンダー17位タイで2日間の予選ラウンドを通過。3日目は2つスコアを伸ばして8位タイまで順位を上げましたが、最終日は7つスコアを落としてしまい、トータル4オーバー27位タイでトーナメントを終えました。

北田瑠衣は、イーブンパー24位タイで予選ラウンドを通過。3日目は1オーバーで25位タイでスタートした最終日は4つスコアを落とし、トータル5オーバー32位タイでした。

守屋宏紀は韓国でのチャレンジャーツアー2大会に出場。ともに初戦突破ならず
[テニス:ATPチャレンジャーツアー 釜山オープン、ソウルオープン]
◇5月4日(月)〜韓国/釜山 ◇5月11日(月)〜韓国/ソウル

守屋宏紀(北日本物産)は、先週、今週と2大会続けて韓国でのATPチャレンジャーに出場しましたが、両大会ともシングルスのみの出場で、残念ながら1回戦敗退となりました。

各試合のスコア、対戦相手は以下の通りです。

◇試合結果◇
・釜山オープン シングルス
1回戦 ● 4-6,1-6 vs F.SKUGOR(クロアチア)

・ソウルオープン シングルス
1回戦 ● 7-5,6-7(4),5-7 vs F.NIELSEN(デンマーク)