「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
旭川でのスノーボードW杯パラレル大回転で家根谷依里が決勝T1勝し8位の好成績
[スノーボードワールドカップ 旭川大会]
◇2月28日(土)、3月1日(日) 
◇北海道旭川市・サンタプレゼントパーク マロースゲレンデ
旭川でのスノーボードW杯パラレル大回転で家根谷依里が決勝T1勝し8位の好成績

旭川のサンタプレゼントパークで開催されたスノーボードのW杯に、家根谷依里(大林組スキー部)と川口晃平が出場しました。

家根谷依里は、初日のパラレル大回転で、予選1本目ブルーコースで8位(全体9位)となり、2本目に進出すると、レッドコースも全体で13位のタイムにまとめ12位で決勝トーナメント進出を決めました。

迎えた決勝トーナメント1回戦は、今年の世界選手権の銀メダリストで予選5位のアリョーナ・ザワルジナ選手(ロシア)と対戦し見事に勝利。準々決勝は予選4位のジュリー・ゾッグ選手(スイス)に惜しくも敗れましたが、7年ぶりの日本開催のW杯で8位の好成績を残しました。

翌日のパラレル回転は、大回転に比べると得意とは言えない種目ですが、予選2本を滑り27位の成績でした。

川口晃平は、初日のパラレル大回転は、1本目レッドコース7位(全体8位)の好タイムで2本目に進みましたが、ブルーコースは全体27位のタイムでトータル19位となり、惜しくも決勝トーナメントには進めませんでした。

翌日のパラレル回転も予選2本目に進みましたが、トータル27位で大会を終えました。

川口はブログで、大会の報告をしていますので、ぜひご覧ください。
・⇒ 初日終了後のブログ

穂積絵莉が二宮真琴選手とのペアで1回戦突破しベスト8!WTAツアー2勝目!
[テニス:Abierto Mexicano TELCEL(WTA International)]
◇2月23日(月)〜28日(土) ◇メキシコ/アカプルコ
穂積絵莉が二宮真琴選手とのペアで1回戦突破しベスト8!WTAツアー2勝目!

メキシコのアカプルコで開催されたWTAツアーの「Abierto Mexicano TELCEL」で、穂積絵莉(エモテント)と二宮真琴選手(橋本総業)のペアが、1回戦デュケ マリノ/イリゴエン組を6-2,7-5のストレートで破り、ベスト8進出を決めました。この勝利は、穂積にとってWTAツアーでの2勝目となります。

続く準々決勝は、第1シードでグランドスラム優勝2回のフラバチコバ/ラデッカ組に5-7,4-6で惜しくも敗れ、準決勝進出はなりませんでした。

本人は、フェイスブックで初戦の後「やはりWTAでの勝利は格別です!」と勝利を報告し、準々決勝については「パワーで押されることもあった中、戦術面では互角に戦うことができただけに悔しい敗戦となりましたが、手応えが得られ自信にも繋がりました」と振り返っています。
・⇒ 1回戦勝利後準々決勝後

なお、シングルスは予選1回戦で敗れ、今週メキシコのモントレーで行なわれた「Abierto Monterrey Afirme」(WTA International)のシングルスも予選1回戦で敗退しています。
各試合のスコア、対戦相手は以下の通りです。

◇試合結果◇
・Abierto Mexicano TELCEL ダブルス(二宮真琴選手とのペア)
1回戦 ◯6-2,7-5 vs M.Duque-Marino / M.Irigoyen (コロンビア/アルゼンチン)
準々決勝 ●5-7,4-6 vs A Hlavackova / L Hradecka(チェコ)

・Abierto Mexicano TELCEL シングルス
予選1回戦 ●6-7(3),2-6 vs M.Duque-Marino(コロンビア)

・Abierto Monterrey Afirme シングルス
予選1回戦 ●6-4,5-7,3-6 vs L.Hradecka(チェコ)

京都チャレンジャーで守屋宏紀はシングルス2勝!準々決勝で敗れベスト8
[テニス:ATP Challenger「京都チャレンジャー」]
◇2月23日(月)〜28日(土) ◇京都市北区・島津アリーナ京都

島津アリーナ京都で開催された「京都チャレンジャー」に出場した守屋宏紀(北日本物産)は、シングルス1回戦でオーストラリアのマシュー・エブデン選手、2回戦で斉藤貴史選手を下しベスト8に進出しました。

迎えた準々決勝は、同じ北日本物産所属の伊藤竜馬選手と対戦し、4-6,2-6で敗れ準決勝進出はなりませんでした。

また、小ノ澤新選手(イカイ)とのペアで出場したダブルスは、ポーランドのペアに3-6,4-6で敗れ初戦敗退となりました。

◇試合結果◇
・「京都チャレンジャー」シングルス
1回戦 ○6-3,7-6(5) vs マシュー エブデン(オーストラリア)
2回戦 ○4-6,7-6(6),6-3 vs 斉藤貴史(津幡町テニス協会)
準々決勝 ●4-6,2-6 vs 伊藤竜馬(北日本物産)

・「京都チャレンジャー」ダブルス(小ノ澤新選手とのペア)
1回戦 ●3-6,4-6 vs アンドリジ カバス/ミハエル プシシェズニー(ポーランド)

ジャパントップ12に出場した伊藤美誠はグループリーグ2位で準決勝進出ならず
[卓球:LIONカップ 第20回ジャパントップ12]
◇2月28日(土) ◇東京都渋谷区・国立代々木競技場 第二体育館
ジャパントップ12に出場した伊藤美誠はグループリーグ2位で準決勝進出ならず

日本のトップ選手12人だけが参加できるLIONカップジャパントップ12に伊藤美誠(スターツSC・昇陽中学)が出場しました。

3人ずつ4グループに分かれての第1ステージの初戦で対戦したのは、同級生の早田ひな選手(石田卓球クラブ)で、11-13,10-12,9-11と競ったゲームをストレートで落としてしまいました。

続く石垣優香選手(日本生命)との試合は、11-9,11-8,11-9でストレート勝ちし3人が1勝1敗で並びましたが、ゲーム数でグループ2位となり、準決勝には進めませんでした。