「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
バルドラール浦安はFリーグプレーオフ2nd Roundでシュライカー大阪に1-2惜敗
[フットサル:Fリーグ2014/2015プレーオフ 1st/2nd Round]
◇2月20日(金)、21日(土) ◇東京都墨田区・墨田区総合体育館

荒牧太郎所属のバルドラール浦安は21勝3分9敗、勝点66の3位でリーグ戦を終え、プレーオフに出場しました。

1st Roundは、リーグ戦4位のエスポラーダ北海道と対戦し、激しい点の取り合いの末6-5で勝利しました。

翌日に行なわれた2nd Roundの対戦相手はリーグ戦2位の大分を下したリーグ戦5位のシュライカー大阪でした。

試合は開始6秒にセットプレーから失点しましたが、前半のうちに浦安が追いつき1-1で前半を終了します。後半は得点が動かないまま延長戦突入かと思われた残り13秒で大阪のゴールが決まってしまい、1-2で惜しくも浦安は敗れ、シーズン3位が決まりました。

プレーオフ2試合どちらも先発出場した荒牧は、自身のブログで結果を報告。

「凄く情けない想いと悔しい想いが残っています。自分の存在意義は一体何なのか?と思います。誰にでも出来る様なプレーしかしていなかったと思います」と悔しさを表わし、「気持ちを切り替えて…というのは難しいと思います。こういう結果や現実を受け止めて、受け入れて先に進むしかありません。情けない想いも悔しい想いも自分のレベルアップでしか晴らすことも出来ません。自分のプレーももう一度考え直して、見直して、限られた現役生活の中でどう進んで行くのかをはっきりさせたいと思います」と、更なるレベルアップを誓っています。

◇試合結果◇
・Fリーグ2014/2015プレーオフ
1st Round バルドラール浦安 ○ 6(4-3,2-2)5 ● エスポラーダ北海道
2nd Round バルドラール浦安 ● 1(1-1,0-0)2 ○ シュライカー大阪