「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
穂積絵莉、土居美咲が大活躍!日本がフェドカップWG2部プレーオフ進出!
[テニス:フェドカップ2015 アジア・オセアニアゾーン・グループ1部]
◇2月4日(水)〜7日(土) ◇中国/広州
穂積絵莉、土居美咲が大活躍!日本がフェドカップWG2部プレーオフ進出!

中国広州で行なわれたテニスの国別対抗戦フェドカップアジア・オセアニアゾーン・グループ1部の決勝戦で、日本代表チームがカザフスタンを2-0で破り、4月18日、19日に行なわれるワールドグループ2部プレーオフ進出を決めました。

この大会には、穂積絵莉(エモテント)、土居美咲(ミキハウス)が出場していて、穂積は青山修子選手とペアを組んだダブルスで3戦3勝しただけでなく、エースの奈良くるみ選手のコンディション不良により急きょ出場した香港戦とウズベキスタン戦のシングルスでも2勝を上げ、初めてのフェドカップ代表で5勝を上げる大活躍でした。

土居は、ラウンドロビンの3戦と決勝戦と、シングルス4戦をしっかりと勝利し、日本を優勝に導きました。

また、日本代表の監督は吉田友佳が務めていて、日本テニス協会のサイトに次のようにコメントがアップされています。

「厳しい戦いになることは分かっていたが、全員で勝てたのがうれしい。奈良は第2戦(香港戦)の直前に腰の張りを訴えたので、急きょ、穂積に交代した。第3戦(ウズベキスタン戦)も穂積の調子がよかったので、そのまま穂積を起用した。(決勝では)土居は一番いいプレーをした。奈良は最初、硬さがあり、相手のシュウェドワもいいサーブが入って手がつけられないテニスをしていたが、よく挽回した。マッチポイント10本をセーブしての逆転勝ちは感動的だった。昨年からアウェーが続いているので、プレーオフはできればホームでやりたいが、みんなで思い切ってチャレンジしたい」
・⇒ 全文はこちら

なお、ワールドグループ(WG)2部プレーオフの組み合わせ抽選が10日行なわれ、日本の対戦国はベラルーシに決まり、吉田監督念願のホームでの開催が決定しています。

◇試合結果◇
4日 ○日本3-0 vs 韓国
   土居美咲 ○3-6,6-1,6-0 vs ハン・ナレ
   奈良くるみ○6-2,6-3 vs チャン・スジョン
   穂積絵莉・青山修子 ◯6-4,6-2 vs ハン・ナレ/チャン・スジョン

5日 ○日本3-0 vs 香港
   穂積絵莉 ◯6-1,6-4 vs ホーチン・ウー
   土居美咲 ◯6-1,7-6(2) vs リン・ジャン
   穂積絵莉/青山修子 ◯6-1,6-2 vs チュンウィン・シェル/リン ジャン

6日 ○日本3-0 vs ウズベキスタン
   穂積絵莉 ◯6-3,6-3 vs アクグル・アマンムラドワ
   土居美咲 ◯2-6,6-0,6-3 vs ニジナ・アブドゥライモワ
   穂積絵莉/青山修子 ◯6-2,6-4 vs アリナ・フォルツ/サビーナ・シャリポワ

7日 ○日本2-0 vs カザフスタン
   土居美咲 ◯6-1,6-3 vs ユリア・プティンツェワ
   奈良くるみ○2-6,7-6(4),6-2 vs ヤロスラワ・シュウェドワ

スノーボードW杯ドイツ大会で家根谷依里は100分の4秒差で決勝Tならず18位
[スノーボードワールドカップ ドイツ大会]
◇2月6日(金) ◇ドイツ/スーデルフェルド

ドイツで開催されたスノーボードのW杯パラレル大回転に出場した家根谷依里(大林組スキー部)は、予選1本目で8位タイ(全体で11タイ)の好タイムをマーク。2本目は全体20位のタイムでトータル1分19秒69、決勝トーナメントに進める16位にはわずか100分の4秒届かず、惜しくも18位で大会を終えました。