「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トリニダード・トバゴで開催されたBMXフラットランドの世界戦で佐々木元が3位!
[BMXフラットランド:Monster Energy BMX Freestyle Exams]
◇4月26日(土)〜27日(日) ◇トリニダード・トバゴ
トリニダード・トバゴで開催されたBMXフラットランドの世界戦で佐々木元が3位!

トリニダード・トバゴで行なわれたBMXフラットランドの世界戦「モンスター・エナジー BMXフリースタイル・イグザム」に出場した佐々木元が予選を2位、準決勝も2位で通過すると、決勝ではヴィッキー・ゴメス選手、アダム・クン選手に続く3位となって見事表彰台に上がりました。

大会を終えた佐々木は、「今回は世界戦の中でも特にハイレベルな戦いでしたが、プレッシャーに弱い自分に打ち勝つ事が出来て、とてもいい結果で一年をスタートする事が出来ました」とコメントしています。

世界戦の第2戦は今月(5月)末にフランスで開催されます。

世界卓球団体戦で、村上恭和が率いた日本女子は31年ぶりの銀メダルを獲得
[卓球:JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会]
◇4月28日(月)〜5月5日(月祝) ◇東京・代々木第一体育館

東京で開催された世界卓球の団体戦で、村上恭和が監督を務めた日本女子代表チームが、31年ぶりの銀メダルを獲得しました。

日本女子は、グループリーグの5試合すべてでストレート勝ちという快進撃を演じ、グループリーグを1位で通過しました。オランダとの準々決勝は、どの試合も接戦となり、2勝2敗のタイで迎えた最終5番手での決戦もフルゲームとなる戦いの末勝利し、メダルを確定させました。 準決勝は香港と対戦。1番手の石垣選手は敗れましたが、その後の3試合はすべてフルゲームの接戦を制し、王者中国への挑戦権を得ました。 迎えた決勝戦は、大会を通じて無敗の中国の牙城を崩すことはできず、ストレート負けを喫し、準優勝で大会を終えました。

中国との試合を終えた村上監督は、テレビのインタビューに「全員が持てる力を出しきり戦ってくれた」と答え、打倒中国こそならなかったものの選手たちの戦いを評価しました。

◇試合結果◇
・グループリーグ
4/28(月)◯3-0 vs ベラルーシ
4/29(火)◯3-0 vs アメリカ
4/29(火)◯3-0 vs ハンガリー
4/30(水)◯3-0 vs 台湾
5/01(木)◯3-0 vs オーストラリア

・決勝トーナメント
5/03(土)準々決勝 ◯3-2 vs オランダ
5/04(日)準決勝 ◯3-1 vs 香港
5/05(月)決勝  ●0-3 vs 中国