「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
澤野大地が織田記念陸上で5m61のB標準を跳び優勝! 屋外競技会2連勝!
[陸上:第48回織田幹雄記念国際陸上競技大会]
◇4月29日(火祝) ◇広島市安佐南区・広島広域公園陸上競技場(エディオンスタジアム広島)
澤野大地が織田記念陸上で5m61のB標準を跳び優勝!屋外競技会2連勝!

国内での屋外初戦を迎えた澤野大地(富士通)が、2週前のマウントサックリレーに続いて優勝しました。

5m35から試技を始めた澤野は、2回目にこれをクリアすると、その後は5m50、5m60、そしてアジア大会のB標準を大きく上回る5m70と続けて1回で成功させました。

澤野は、5m31、5m51、アジア大会の派遣B標準記録の5m61と1回で成功。5m51を成功した他の2選手が5m61を失敗し優勝が決まりました。その後はA標準記録の5m73に挑戦しましたが、残念ながら3回とも失敗に終わり記録は6m61となりました。

なお、男子やり投に出場した村上幸史(スズキ浜松AC)は、1投目に投げた78m79で予選を通過。4投目に80m43を投げ3位となりましたが、B標準の81m71には届きませんでした。

両選手とも、5月11日に東京・国立競技場で行なわれるセイコーゴールデングランプリ陸上に出場します。

フジサンケイレディスで北田瑠衣が最終日好スコア。大きく順位を上げ10位タイ
[女子ゴルフ:フジサンケイレディスクラシック]
◇4月25日(金)〜27日(日) ◇静岡県伊東市・川奈ホテルゴルフコース 富士コース

フジサンケイレディスに出場した北田瑠衣は、2オーバー44位タイと予選通過ラインギリギリで最終ラウンドに進出。迎えた最終日は、3バーディ1ボギーとこの日4番目の好スコアで回って大きく順位を上げ、トータルイーブンパー10位タイでトーナメントを終えました。

なお、藤田幸希は、初日のラウンドを終え、腰痛のため2日目以降を棄権しました。