「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トランポリンの環太平洋選手権で上山容弘が個人、シンクロの2種目優勝!
[トランポリン:2014環太平洋体操選手権大会]
◇4月10日(土)〜12日(日) ◇カナダ/リッチモンド
トランポリンの環太平洋選手権で上山容弘が個人、シンクロの2種目優勝!

トランポリンの2014環太平洋体操選手権大会に出場した上山容弘(モンパルテ)が、個人、シンクロの2種目で優勝し2冠の快挙を成し遂げました。

大会初日に行なわれた男子シンクロナイズドには、伊藤正樹選手(東栄住宅)とのペアで出場。この大会で使用されるトランポリンがカナダでしか使われていないということで、調整がうまくいかず、難度点を抑えた演技構成で臨む決断をしたとのことです。予選は地元カナダのペアに次ぐ2位でしたが、決勝もしっかりとできる演技を確実にやった結果、50.100点で2位となった中国ペアを0.1点抑え優勝しました。

個人は、予選では途中で演技構成を変える不本意な演技で5位での通過となりましたが、決勝では、本人曰く「思いきって演技した結果」演技時間、実施、難度すべて2番目の安定した得点で総合58.760点、中国の2選手を抑えて見事に優勝しました。

上山が国際大会の個人で優勝したのは4年ぶりで、自身のブログに「かなり嬉しかったです」と感想を上げ、「今年初戦の大会でこのような結果を残せたので、幸先の良いスタートを切ることが出来ました。帰国したら少し休んでまた次の5月の選考会に向けて頑張ります。応援ありがとうございました」と綴っています。