「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
世界トランポリン選手権のシンクロで、上山容弘・山口学ペアが金メダル獲得!
[トランポリン:第29回世界トランポリン選手権大会]
◇11月7日(木)〜10日(日) ◇ブルガリア/ソフィア
世界トランポリン選手権のシンクロで、上山容弘・山口学ペアが金メダル獲得!

ブルガリアで開催されたトランポリンの世界選手権で、上山容弘(モンパルテ)が山口学選手(写真左)とのペアで出場したシンクロ競技で、金メダルを獲得しました!

予選は少し乱れるところがあり5位通過となりましたが、決勝ではわずかな乱れがあったものの最後まで踏ん張って49.200点をマークし、優勝となりました。

上山は帰国後、自身のブログで次のように優勝を報告し応援に感謝しています。 「個人的には団体でチームの足を引っ張ってしまったのですべての成績に満足し ているわけではありませんが、今回で個人の6大会連続決勝進出の達成と6大会連 続で個人、シンクロ、団体のいずれかのメダルを獲得する事が出来ました。ここ まで出来ているのもみなさんの応援があってのものだと思っています! これか らも一生懸命頑張っていきたいと思いますので応援よろしくお願いします」

個人では予選、準決勝、決勝と準決勝が導入されました。予選を通過し準決勝に臨んだ上山は、58.645点で5位の得点、決勝には1ヵ国2名の進出となるため、4位での決勝進出となりました。

迎えた決勝では、58.745点と準決勝より点を上げましたが、準決勝で下位だったロシアの選手が58.900をマークし4位となり、惜しくもメダルを逃しました。

なお、前回大会で金メダルを獲得した団体ですが、上山にミスが出てしまい日本は4位、残念ながらメダル獲得はなりませんでした。

ポーランドオープンのアンダー21女子シングルスで伊藤美誠が準優勝!
[卓球:ITTFワールドツアー ポーランドオープン]
◇11月6日(水)〜10日(日) ◇ポーランド/スパワ
ポーランドオープンのアンダー21女子シングルスで伊藤美誠が準優勝!

卓球のポーランドオープンに出場した伊藤美誠(スターツSC・昇陽中学)は、女子シングルスに本戦から出場しましたが、シンガポールのリン・イエ選手に2-4で敗れ1回戦敗退となりました。

女子ダブルスでは、平野美宇選手(JOCエリートアカデミー)とのペアでやはり本戦から出場。1回戦を勝利しベスト8に進出しましたが、準々決勝で韓国ペアに0-3で敗れました。

アンダー21のシングルスでは、準々決勝までの3試合を危なげなく勝つと、松澤茉里奈選手(淑徳大)との準決勝は1-2とリードされましたが、3ゲーム連続で取って逆転勝利を収めました。迎えた決勝戦の相手は奇しくも女子シングルスで敗れたリン・イエ選手で、非常に競った試合となりましたが惜しくも2-4で敗れ、準優勝で大会を終えています。 なお、各試合のスコア、対戦相手は以下の通りです。

◇試合結果◇
・女子シングルス
本戦1回戦 ● 2(8-11,11-6,9-11,11-8,1-11,4-11)4 リン・イエ(シンガポール)

・女子ダブルス(平野美宇選手とのペア)
本戦1回戦 ◯ 3(11-3,7-11,11-7,11-6)1 ピエンカボバ/バチェノフスカ(チェコ)
準々決勝 ● 0(9-11,5-11,12-14)3 パク・ヨンスク/ヤン・ハウン(韓国)

・女子アンダー21
本戦1回戦 ◯ 3(11-8,11-9,6-11,11-5)1 マダラース(ハンガリー)
本戦2回戦 ◯ 3(11-7,11-7,11-9)0 前田美優(希望が丘高)
準々決勝 ◯ 4(11-4,12-10,11-6,11-3)0 ヤン・ハウン(韓国)
準決勝  ◯ 4(6-11,11-7,5-11,11-7,12-10,12-10)2 松澤茉里奈(淑徳大)
決勝 ● 2(3-11,14-12,15-13,9-11,11-13,9-11)4 リン・イエ(シンガポール)

BMXフラットランドの全日本選手権第3戦で佐々木元が2位、年間でも2位に!
[BMXフラットランド:全日本選手権KING OF GROUND(KOG)Round3 TOKYO]
◇11月9日(土) ◇東京都港区・ニューピアホール
BMXフラットランドの全日本選手権第3戦で佐々木元が2位、年間でも2位に!

BMXフラットランドの全日本選手権(KOG)の第3戦・最終戦が東京港区で開催され、4年連続年間ランキング1位を目指す佐々木元が出場しました。

プロ20人による予選の一番最後の登場した佐々木は、完璧なランを次々と決め、見事予選1位で決勝進出を決めました。

決勝で佐々木は、2分間のランのラストに勝負を決める技に挑戦するものの惜しくもメイクに失敗。それ以前の技で評価を待つこととなりましたが、ジャッジの判断は木場慎一選手に続く2位でした。

なお、今回の結果で、KOG3大会のポイントで争う年間ランキングでも木場選手に逆転され、惜しくも2位となり、年間1位の継続はなりませんでした。

表彰式で佐々木は次のようにコメントしました。
「いつもは1位じゃないと悔しいけど、今日は表彰台に上がった3人みんなやりきっての2位なので、嬉しいです。」

また、自身のブログでも、「今日は上位メンバーは本当にだれが勝ってもおかしくない戦いだったので、悔いはありません。正直年間ランキングはせめて4連覇穫りたかったけど、今年は惜しくも負けてしまいました。すっごい悔しかったけど、最後攻める判断をした自分にとても感謝し誇りに思っています!!」と、大会を振り返っています。

村上恭和監督の日本生命は、後期日本卓球リーグでサンリツに敗れ2位
[卓球:平成25年度後期日本卓球リーグ]
◇10月26日(土)〜11月10日(日) ◇大阪大会:大阪市港区・大阪市中央体育館

日本卓球リーグの後期は、9日、10日に行なわれた大阪大会で終了し、村上恭和監督の日本生命は、9日サンリツとの全勝対決に敗れましたが、翌10日の日立化成には勝利し、2位で全日程を終えました。

年間の上位4チームによるプレーオフは、12月7日、8日に埼玉県の越谷市立総合体育館で行なわれます。

◇試合結果◇
10月26日(土)アウェイ ◯3-0 vs 十六銀行
10月28日(月)ホーム ◯3-0 vs オークワ
11月2日(土)アウェイ ◯3-1 vs アスモ
11月6日(水)ホーム  ◯3-1 vs 中国電力
11月9日(土)大阪大会 ◯3-2 vs エクセディ
11月9日(土)大阪大会 ●0-3 vs サンリツ
11月10日(日)大阪大会 ◯3-2 vs 日立化成

ミズノクラシックに出場した北田瑠衣はトータル3アンダー27位タイ
[女子ゴルフ:ミズノクラシック]
◇11月8日(金)〜10日(日) ◇三重県志摩市・近鉄賢島カンツリークラブ

ミズノクラシックの最終日、3アンダー22位タイでスタートした北田瑠衣は、1バーディ1ボギーと我慢のゴルフでイーブンパーで回り、トータル3アンダー27位タイでトーナメントを終えました。