「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
全日本実業団対抗陸上の棒高跳で澤野大地が優勝。富士通の男子優勝に貢献
[陸上:第61回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会]
◇9月22日(日) ◇埼玉県熊谷市・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
全日本実業団対抗陸上の棒高跳で澤野大地が優勝。富士通の男子優勝に貢献

全日本実業団対抗陸上競技選手権の男子棒高跳に出場した澤野大地(富士通)は、5m30から試技を始め、5m40、5m50といずれも2回目に成功し、モンテローザの川口選手、ミズノの荻田選手を抑え優勝しました。

優勝を決めたあとは大会新記録となる5m63にバーの高さを上げましたが、残念ながら3回とも失敗に終わり、新記録樹立はなりませんでした。 澤野が所属する富士通は、団体総合では優勝を逃し2位となりましたが、男子総合では見事優勝しました。

富士通陸上競技部のブログには、チームメイトとの集合写真前列でトロフィーを持つ澤野大地の姿がありますので、ぜひご覧ください。

マンシングウェアレディースの最終日、北田瑠衣は6つスコア伸ばし5位タイ
[女子ゴルフ:マンシングウェアレディース東海クラシック]
◇9月20日(金)〜22日(日) ◇愛知県美浜町・新南愛知カントリークラブ美浜コース

マンシングウェアレディース東海クラシックの最終日を首位と4打差の6アンダー9位タイで迎えた北田瑠衣は、6バーディノーボギーの66で回って12アンダーまでスコアを伸ばしました。最終順位は首位と3打差の5位タイでした。

バレーボールのアジア女子選手権で全日本女子は、地元タイに敗れ準優勝
[バレーボール:第17回アジア女子選手権大会]
◇9月13日(金)〜21日(土) ◇タイ

眞鍋政義が監督を務める全日本女子バレーボールチームは、第17回アジア女子選手権大会に出場し、順位決定予備戦と決勝戦で地元のタイに敗れ、準優勝に終わりました。

各試合のスコアは以下の通りです。
13日 ◯3(25-6,25-13,25-16)0 vs ベトナム
14日 ◯3(25-6,25-11,25-9)0 vs インドネシア
15日 ◯3(25-10,25-7,25-11)0 vs 香港
16日順位決定予備戦 ●1(15-25,23-25,25-23,28-30)3 vs タイ
17日    〃    ◯3(25-15,25-15,24-26,25-12)1 vsカザフスタン
19日準々決勝 ◯3(25-16,25-13,25-11)0 vs イラン
20日準決勝 ◯3(25-22,19-25,25-19,15-20)1 vs 韓国
21日決勝 ●0(22-25,18-25,17-25)3 vs タイ