「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2011年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■9月28日更新
ジャパンパラリンピックに出場した山本篤が200mと走幅跳の2種目で日本新記録!
[2011ジャパンパラリンピック陸上競技大会]
◇9月24日(土)、25日(日) ◇大分県大分市・大分市営陸上競技場
ジャパンパラリンピックに出場した山本篤が200mと走幅跳の2種目で日本新記録!

ジャパンパラリンピックの陸上競技大会が大分市営陸上競技場で開催され、山本篤(スズキ浜松AC)が、200mと走幅跳の2種目で日本記録を更新しました。

大会初日、200mに出場した山本は、自身の持つT42(片大腿切断)クラスの日本記録を0秒20更新する26秒72でゴールし、日本新記録を樹立しました。さらに同じ日、走幅跳でも自身の持つ記録を21cmも上回る6m14を記録。日本新記録で初の6m超えを達成しました。

山本は、大会2日目の100mにも出場し、12秒90(追風参考。日本記録は山本が5月に記録した12秒73)の1位でゴールしています。

ジャパンパラリンピックで廣道純は2種目自己ベスト、3種目で1位フィニッシュ!!
[2011ジャパンパラリンピック陸上競技大会]
◇9月24日(土)、25日(日) ◇大分県大分市・大分市営陸上競技場
ジャパンパラリンピックで廣道純は2種目自己ベスト、3種目で1位フィニッシュ!!

地元大分でのジャパンパラリンピックに出場した廣道純は、4種目中2種目で自己ベストを記録し、3種目で1位となりました。

大会初日、T53(腹筋と下部背筋の機能がない)クラスの200mに出場した廣道は、27秒15の自己ベストで大会記録も更新し1位となりました。ブログでの報告によれば、この記録で世界ランキングは6位に浮上したとのことです。なお同じ日に行なわれたT53の800mでも1分43秒65の1位でゴールしています。

大会2日目は、400mで51秒27の1位となり世界ランキングは12位から8位に。障害の軽いT54クラスと同走となる1500mでは3位で予選を通過し、決勝では順位こそ7位に終わりましたが、自己ベストとなる3分00秒79でゴールしました。
2日目のブログでの報告は⇒こちら

フリーダイビング世界選手権で篠宮龍三は目標のメダルならず。コンスタント5位
[フリーダイビング世界選手権]
◇9月15日〜25日(競技日22日、24日) ◇ギリシャ/カラマタ

ギリシャのカラマタで開催されたフリーダイビング世界選手権に、アジア記録保持者の篠宮龍三が出場しました。本人によるブログでの報告によれば、コンスタントは112m申告105m実技の97点で5位、フリーイマージョンは、102m申告で102mに到達したものの水面下でブラックアウトとなり記録なしという結果でした。

以下はブログでのコメントの抜粋です。
「両種目ともに、思うような調整ができず、調子が整わなかったので、目標設定をし直す必要があったかもしれません。今回はコンスタントで金メダルを取ることを最大の目標にしてトレーニングしてきました。そのための最低限の目標設定にし、112mへチャレンジしました。その経験自体は大きな財産です。世界を獲るための必要な準備、調整、そして本番での気持ちの持っていき方。すべてがいい勉強となりました。世界の頂点へここからがスタートです。海からもらったメッセージをより多くの皆さんとシェアするため、必ずやり遂げます。これからもあたたかい声援をよろしくお願いします。最後まで応援ありがとうございました」

全文はこちらからご覧ください。⇒篠宮龍三オフィシャルブログへ

ダンロップ女子オープンで北田瑠衣、藤田幸希はともに26位タイ
[女子ゴルフ:ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント]
◇9月23日(金)〜25日(日) ◇宮城県利府町・利府ゴルフ倶楽部

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンに出場した北田瑠衣藤田幸希(TOSHIN)の2人は、ともに3日間トータル2オーバー26位タイでトーナメントを終えました。

■9月21日更新
伊藤美誠が3冠!ジュニア女子単ではITTFジュニアサーキット史上最年少優勝!
[卓球:ITTFジュニアサーキット チャイニーズタイペイ ジュニア&カデットオープン]
◇9月15日(木)〜18日(日) ◇台北
伊藤美誠が3冠!ジュニア女子単ではITTFジュニアサーキット史上最年少優勝!

15日から始まったITTFジュニアサーキット・チャイニーズタイペイ大会は16日、カデット女子団体の決勝が行われ、日本女子チームが優勝しました。伊藤美誠(豊田町卓球スポーツ少年団 wr300=9月発表の世界ランキング)は、第1ステージ(予選)でダブルス1勝、シングルス1勝、決勝戦(対チャイニーズタイペイA)ではシングルスで2勝をあげ、日本女子チームの優勝に大きく貢献しました。

団体戦と並行して行なわれたカデット女子シングルスの第1ステージは、2勝0敗でグルー1位通過し、第2ステージ(32枠のトーナメント)に進出しました。さらに、ジュニア女子シングルスでも第1ステージ2勝1敗の2位で第2ステージに進出を決めました。

カデット女子シングルスは、準決勝で同じ5年生の平野美宇選手(wr498)を3-0、決勝で中学1年の浜本由惟選手(wr178)を3-0で破り、圧倒的な強さを見せ優勝しました。

ジュニア女子シングルスでは、準々決勝で宋恵佳選手(青森山田高1年wr230)を4-1で下すと、準決勝では鈴木李茄選手(青森山田高2年)に追い込まれながら第6、第7ゲームを連取して4-3の逆転勝利、決勝では香港の呉嘉儀選手(wr255)を4-1で破り、ITTFジュニアサーキット史上最年少優勝を成し遂げました。

ITTFの公式サイトでも「Breaking the Age Barrier, Sensational Win」と最年少優勝を大きく報じています。

MTBジャパンシリーズ第5戦で、片山梨絵が2位に9分近い差をつけ圧勝!
[マウンテンバイク:ジャパンシリーズクロスカントリー第5戦]
◇9月18日(日) ◇長野県富士見町・富士見パノラマリゾート
MTBジャパンシリーズ第5戦で、片山梨絵が2位に9分近い差をつけ圧勝!

マウンテンバイクのジャパンシリーズの第5戦が富士見パノラマリゾートで開催され、クロスカントリー女子エリートの部で、片山梨絵(SPECIALEZED)は、2位に8分55秒の差をつける圧倒的な強さで優勝しました。

片山梨絵応援サイトのレポートによれば、海外で感じる課題を克服するために、新しい機材でのレースを選択。途中転倒や機材のトラブルもあったものの「なかなか好感触の新機材を使ったレース」だったようで、来シーズンのベスト機材をここから探していく作業になるとのことです。

新機材の感想は、ブログ「RIDE RIE RIDE」の方でも詳しく報告していますので、そちらもぜひお読みください。

卓球のブンデスリーガで、梅村礼はシーズン初勝利も、チームは開幕3連敗
[卓球:ブンデスリーガ1部 2011-12 開幕節]
◇9月16日(金)、18日(日) ◇ドイツ

ドイツ卓球1部リーグ、ブンデスリーガのラングバイトに所属する梅村礼は、16日アウェイでのクロパッハ戦に出場し、ダブルスでは敗れたもののシングルスで昇格後初勝利を含む2勝をあげました。しかしチームは梅村の2勝のみの2-6で敗れ、開幕2連敗となりました。

1日おいて18日には、ホームでビンゲン戦が行なわれました。梅村は、ダブルス1敗シングルス1敗と勝利を収めることができず、チームも0-6で敗れ開幕3連敗。昇格後初勝利はなりませんでした。

◇梅村の試合結果◇
9月16日 ●2-6 vs クロパッハ
第2ダブルス  ● 2(8:11,11:5,11:7,11:9,11:7)3
第2シングルス ○ 3(12:10,5:11,710:12,11:6,11:5)2
第5シングルス ○ 3(11:6,7:11,11:13,11:6,11:6)2

9月18日 ●0-6 vs ビンゲン
第1ダブルス  ● 1(12:10,8:11,9:11,9:11)3
第1シングルス ● 2(11:6,5:11,11:3,8:11,5:11)3

車いす卓球の岡紀彦は、イギリスオープンで勝利なく個人・団体とも予選敗退
[肢体不自由者卓球:イギリスオープン]
◇9月13日(火)〜19日(月) ◇イギリス/シェフィールド
車いす卓球の岡紀彦は、イギリスオープンで勝利なく個人・団体とも予選敗退

肢体不自由者卓球のイギリスオープンに出場した岡紀彦は、個人戦、団体戦ともに、予選2試合を戦いましたが2敗に終わり、決勝トーナメントに進出することができませんでした。

来年のパラリンピックの開催国での大会ということもあり、ヨーロッパのトップ選手も多く参加するレベルの高い大会となったようです。

岡は、「個人戦・団体戦とも結果を残すことができず、ロンドンパラの出場権獲得がかなり困難になってきましたが、最後まであきらめず残り2大会を全力で戦いたいと思います」とコメントしています。

マンシングウェアレディースで藤田幸希は最終日順位を上げ31位タイ
[女子ゴルフ:マンシングウェアレディース東海クラシック]
◇9月16日(金)〜18日(日) ◇愛知県美浜町・新南愛知カントリークラブ 美浜コース

マンシングウェアレディース東海クラシックに出場した藤田幸希(TOSHIN)は、2オーバー42位タイで迎えた最終日、1イーグル1バーディ1ボギーの2アンダーで回り、トータルイーブンパー31位タイでトーナメントを終えました。

なお、北田瑠衣は、2日目を終え2打及ばず予選通過はなりませんでした。

■9月14日更新
なでしこジャパンが重圧に打ち克ち、アジア1位でロンドン五輪の出場権獲得!
[サッカー:ロンドンオリンピック 女子サッカーアジア最終予選]
◇9月1日(木)〜11日(日) ◇中国/山東スポーツセンター、済南オリンピックスポーツセンター
なでしこジャパンが重圧に打ち克ち、アジア1位でロンドン五輪の出場権獲得!

佐々木則夫が監督、望月聡がコーチを務めたなでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は、ロンドンオリンピックのアジア最終予選で、4勝1分の成績を収め、見事1位で本大会への出場を決めました。

世界一となり、注目度も格段に上がった中での予選でしたが、世界チャンピオンといえども、アジアで2つしかない出場権を得るのは決して簡単なことではありませんでした。11日間で5試合を戦うという過酷な日程もあり、タイ戦の後半以外は“なでしこらしい”と言える試合にはなりませんでしたが、最終的には、佐々木監督、澤キャプテンを中心にチーム一丸となって期待された結果を残しました。

ロンドンオリンピックの出場権獲得後に日本サッカー協会の公式サイトに上がった佐々木監督のコメントには、「日本の皆さんにお約束した五輪への切符。ひやひや、ドキドキさせましたが、選手の頑張りがあって決めることができました」とあり、ホッとしている様子が伺えます。
コメントの全文は協会のページをご覧ください。

◇試合結果は以下の通りです。
・9月01日/○3-0 vs タイ
・9月03日/○2-1 vs 韓国
・9月05日/○1-0 vs オーストラリア
・9月08日/△1-1 vs 北朝鮮
・9月11日/○1-0 vs 中国

廣道純が鳥取さわやか車いすマラソン3連覇!優勝タイムも過去2年を上回る
[第23回鳥取さわやか車いすマラソン&湖山池ハーフマラソン]
◇9月11日(日) ◇鳥取県鳥取市・コカ・コーラウエスト スポーツパーク及び周辺道路
廣道純が鳥取さわやか車いすマラソン3連覇!優勝タイムも過去2年を上回る

鳥取さわやか車いすマラソン(ハーフマラソン)に出場した廣道純は、昨年の優勝タイムを5秒縮める46分10秒でゴールし、見事に3連覇を果たしました。

本人のブログによれば、10kmより前にハンドリムのゴムがめくれ上がるというレーサーのトラブルがあったため、セーブして集団での走りに作戦を変えたようです。競技場入り口でスパートし、2位の佐矢野選手に2秒、3位の西田選手に4秒の差をつけフィニッシュしました。

日本女子プロ選手権、昨年優勝の藤田幸希は3日目終え2位タイも連覇はならず
[女子ゴルフ:第44回日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯]
◇9月8日(木)〜11日(日) ◇千葉県市原市・キングフィールズゴルフクラブ

日本女子プロゴルフ選手権が開催され、昨年この大会で初のメジャータイトルを獲得した藤田幸希(TOSHIN)は、3日目を終えて首位と3打差の2位タイと、連覇を狙える位置につけましたが、最終日は7オーバーと大きく崩れてしまい、トータル4オーバー12位タイの成績でした。

北田瑠衣は、初日1アンダー10位タイとまずまずのスタートを切りましたが、2日目以降はスコアを伸ばせず、トータル10オーバー46位タイで大会を終えました。

伊藤美誠が高校生を次々破り県予選優勝!全日本選手権ジュニアの部出場決定
[全日本卓球選手権ジュニアの部 静岡県最終予選会]
◇9月10日(土) ◇静岡県藤枝市・静岡県武道館
伊藤美誠が高校生を次々破り県予選優勝!全日本選手権ジュニアの部出場決定

全日本卓球選手権ジュニア(高校生以下)の部の静岡県予選が藤枝市で行なわれ、小学5年生の伊藤美誠(豊田町卓球スポーツ少年団)は、対戦相手の高校生を次々と破り、見事優勝。来年1月に行なわれる本大会への出場を決めました。

■9月7日更新
片山梨絵はMTBの世界選手権女子クロスカントリーで難コース克服し完走、28位
[マウンテンバイク:世界選手権スイス大会]
◇8月31日(水)、9月3日(土) ◇スイス/シャンペリー
ワールドカップ第2戦で片山梨絵は「満足」の25位!UCIポイント56ポイント!

マウンテンバイクの世界選手権に出場した片山梨絵(SPECIALEZED)は、スタートループを終えた後の1周目に転倒しましたが、その後は徐々に順位を上げ、トップと11分51秒差の28位で完走を果たしました。

片山梨絵応援サイトに上がったレポートによれば、このコースは昨シーズンのW杯で唯一ラップアウトとなり完走できなかったコースで、現地に入ってから、コースの攻略に主眼を置いて調整したことが完走に繋がったようです。

なお、31日に行なわれたチームリレーでは、3番手で走り、日本チームは優勝したフランスから6分22秒遅れの19位でゴールしています。

片山は、体調不良で予定していた7、8月のワールドカップを回避していましたが、「トレーニングをしても上手く体が反応せずに苦しい日々が続いたけど、淡々とトレーニングと休養を継続していくことでレース直前にやっと良い感覚を取り戻しつつある手ごたえを感じた。ぶっ倒れていても優しく見守り、復活をサポートしてくれた多くの皆さん、本当にありがとうございました。今年の世界選手権は足踏みの結果に終わってしまったけど、もう一回、自分のペースで上を目指してみたいと思います。」とコメントし、体調とともに気力も戻ってきているようです。

世界陸上に出場した廣道純は車いす400m7位。「これが今の実力」とコメント
[第13回IAAF世界陸上競技選手権大会:車いす400m]
◇9月3日(土) ◇韓国・テグ
世界陸上に出場した廣道純は車いす400m7位。「これが今の実力」

廣道純は3日、世界陸上韓国テグ大会の車いす400mに出場しました。3レーンからスタートした廣道は、地元韓国の2選手が出場していることもあって、大歓声の中を走り、51秒93の7位でフィニッシュしました。

本人はブログで、「応援ありがとうございました。自己記録より2秒近く遅かったです。これが今の実力です。ロンドンに向けて、もう一回出直します。」とコメントし、決意を新たにしています。

卓球のブンデスリーガ開幕!梅村のラングバイトは3年ぶりの1部で白星ならず
[卓球:ブンデスリーガ1部 2011-12 開幕節]
◇9月4日(日) ◇ドイツ

ヨーロッパに渡って7年目を迎えた梅村礼(ラングバイト)は4日、ドイツブンデスリーガ2011-12シーズンの開幕を迎え、アウェイでシュヴァブハウゼンと対戦しました。

3シーズンぶりに1部に復帰したラングバイトでしたが、開幕戦は2-6で黒星スタート、梅村もダブルス1敗、シングルス2敗と勝利を収めることはできませんでした。

◇梅村の試合結果◇
9月4日 ●2-6 vs シュヴァブハウゼン
第2ダブルス  ● 0(9:11,9:11,8:11)3
第1シングルス ● 1(7:11,11:3,9:11,7:11)3
第5シングルス ● 2(7:11,11:8,11:6,8:11,4:11)3

ソフトテニスの全日本社会人選手権で上原・阿部ペアは優勝ペアに敗れベスト8
[ソフトテニス:第39回全日本社会人選手権大会]
◇9月3日(土)〜4日(日) ◇大分スポーツ公園内だいぎんテニスコート
ソフトテニスの全日本社会人選手権で上原・阿部ペアは優勝ペアに敗れベスト8

ソフトテニスの全日本社会人選手権が大分市で行なわれ、上原絵里(ナガセケンコー)は、阿部悠梨選手(ナガセケンコー)と、平田清乃(ナガセケンコー)は、中川静香選手(ナガセケンコー)とペアを組んで出場しました。

この大会は、昨年、上原・平田ペアで優勝していて、今年はペアを変えてそれぞれが連覇を目指しましたが、上原・阿部ペアは準々決勝で優勝したペアに敗れベスト8、平田・中川ペアは3回戦敗退に終わりました。

◇試合結果◇
・上原絵里・阿部悠梨ペア
2回戦 ○4-1 vs 村上実佳子・林瑞枝(旭化成)
3回戦 ○4-2 vs 濱松沙耶香・金岩宏美(太平洋工業)
4回戦 ○4-2 vs 膳亀美奈子・高橋郁美(タカギセイコー)
準々決勝 ●2-4 vs 杉本瞳・森原可奈(東芝姫路)

・平田清乃・中川静香ペア
2回戦 ○4-1 vs 中川真弓(阿波銀行)・油野木優恵(徳島県体育協会)
3回戦 ●2-4 vs 中野優・沼口菜生(山口県体育協会クラブ)

ソフトボール女子2部、湘南ベルマーレ厚木は第4節の3試合を1勝2敗
[女子ソフトボール:2部リーグ ホープセクション第4節]
◇9月2日(金)〜4日(日) ◇富山県富山市・富山県岩瀬スポーツ公園ソフトボール広場

ソフトボールの女子2部リーグのホープセクションの湘南ベルマーレ厚木(安藤美佐子監督)は、富山市での4節の3試合を戦い、1勝2敗でした。

湘南ベルマーレ厚木は、11試合を終えて3勝8敗となっています。
各試合のスコアは以下の通りです。

◇試合結果◇
9月2日(金)            計
ドリーム☆ワールド  705 011 0 14
湘南ベルマーレ厚木 100 000 0 1
9月3日(土)                         計
湘南ベルマーレ厚木          000 000 012 3
日本ウェルネススポーツ専門学校 000 000 010 1
9月4日(日)              計
湘南ベルマーレ厚木 001 000 0 1
YKK            310 001 X 5

ゴルフ5レディス最終日、藤田幸希は粘って順位を2つ上げ7位タイ
[女子ゴルフ:ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント]
◇9月2日(金)〜4日(日) ◇岐阜県瑞浪市・みずなみカントリー倶楽部

ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントに出場した藤田幸希(TOSHIN)は、首位と3打差の3アンダー9位タイで最終日を迎えました。台風の影響もあって大きくスコアを崩す選手も多い中、藤田は2バーディ3ボギーと粘ってトータル2アンダー7位タイで大会を終えました。

北田瑠衣は、予選通過ラインに1打届かず、最終日に進めませんでした。

伊藤美誠が静岡県予選でミックスダブルス3位。全日本選手権の出場権獲得!
[卓球:全日本卓球選手権(ダブルスの部)静岡県予選]
◇9月4日(日) ◇静岡県磐田市・アミューズ豊田

全日本卓球選手権ダブルスの静岡県予選が行なわれ、伊藤美誠(豊田町卓球スポーツ少年団)は、中学3年生の加藤健太選手とのペアで出場したミックスダブルスで、社会人ペアを破って3位に入り、来年1月の全日本選手権出場を決めました。ミックスダブルスでの出場は初となります。

また、9月のITTF世界ランキングが発表され、伊藤美誠は、8月の367位から300位と大幅に順位を上げました。お母さんによれば、毎月世界ランキングの発表が楽しみで、モチベーションアップに大いに役立っているそうです。