「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2011年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■4月27日更新
梅村礼は最終節も3勝! ラングバイトは優勝と1部昇格を決めました!!
[卓球:ブンデスリーガ2部 10-11 第18節]
◇4月23日(土) ◇ドイツ
梅村礼は最終節も3勝! ラングバイトは優勝と1部昇格を決めました!!

梅村礼が所属する卓球のブンデスリーガ2部ラングバイトは、今シーズン最終戦で勝利し、リーグ優勝するとともに来シーズンの1部昇格を決めました。

ホームで行なわれたヴァツェンボルン戦、梅村はダブルスで1勝シングルスで2勝の計3勝をあげ、チームも6-1で快勝し優勝しました。今シーズンは、過去1部で常に上位にいたブーゼンバッハとの熾烈な首位争いが展開され、優勝は最終戦まで持ち越されましたが、ラングバイトが最終戦に勝って自力で優勝を決めました。

ラングバイトは2005年渡欧した梅村が初めて所属したチームで、2005-2006シーズン、2006-2007シーズンと、ブンデスリーガで2連覇を果たしましたが、その後チーム事情により2部に降格、今シーズン1部昇格を目指し梅村を獲得、見事1部に返り咲きました。

梅村はブログで「しんどかった〜〜〜〜 今日のダブルスも3-2。自分が思っていたよりも2部での試合はきつかったです・・・・ でも、いいメンバーで無事、1部に昇格することができてホントよかった!!!」と優勝の喜びを綴っています。

◇梅村の試合結果◇
4月23日 ○6-1 vs ヴァツェンボルン
第1ダブルス ○ 3(11:6,12:10,3:11,9:11,11:8)2
第1シングルス ○ 3(11:5,11:8,11:3)0
第5シングルス ○ 3(11:7,7:11,11:7,11:6)0

※チーム最終成績:(18試合)16勝2敗 優勝
※個人成績:ダブルス:17勝1敗、シングルス32勝4敗 いずれもリーグランキング1位

フジサンケイレディスクラシックで藤田幸希は一時トップに迫るも3位タイ
[女子ゴルフ:フジサンケイレディスクラシック]
◇4月22日(金)〜24日(日) ◇静岡県伊東市・川奈ホテルゴルフコース 富士コース
フジサンケイレディスクラシックで藤田幸希は一時トップに迫るも3位タイ

フジサンケイレディスクラシックに出場した藤田幸希(TOSHIN)は、1オーバー8位タイでスタートした最終日、16番を終えトータル4アンダーと、首位に肉薄しましたが、上がりの2ホールでボギーを叩いてしまい、惜しくも優勝はならず、トータル2アンダー3位タイで大会を終えました。

6オーバー42位タイで予選を通過した北田瑠衣は、最終日にスコアを伸ばすことはできず、トータル10オーバー49位タイに終わりました。

なお、この大会が今シーズン初戦となった小俣奈三香(アコーディア・ゴルフ)は、2日目にスコアを崩し、予選通過ラインに1打届かず、最終日に進むことはできませんでした。

ワールドカップ開幕戦で片山梨絵は32位。「次はもっと上」とコメント
[MTBクロスカントリー:ワールドカップ 南アフリカ大会]
◇4月23日(土) ◇南アフリカ/ピーターマリッツバーグ
ワールドカップ開幕戦で片山梨絵は32位。「次はもっと上」とコメント

MTBクロスカントリーのワールドカップの初戦が南アフリカのピーターマリッツバーグで開催され、片山梨絵(SPECIALEZED)は、トップから12分29秒遅れの32位でした。

片山梨絵応援サイトに上がったレポートによれば、苦手のスタートも決まり、第2集団でレースを進めているときに転倒しチェーンが外れ、大きくタイムをロスしてしまったとのことです。しかし、その後は納得の行くレース運びができたようで、徐々に順位を上げ、昨シーズンのランキング35位よりも前の順位でゴールとなりました。

以下は、本人から届いたコメントです。<br>
 「みなさま いつも応援ありがとうございます。
  ワールドカップが開幕しました。
  去年と変わり映えなしの32位。
  それでも世界中のライダーが五輪に向けて調子を上げる中、
  同じポジションであることに自信を持って、
  次はもっと上を狙いに行きます」

なお、ロンドンオリンピック出場を目指して、ヨーロッパを転戦する片山のことが、シクロワイアードに取り上げられています。連載レポートとなっていますので、ぜひお読みください。⇒ 連載 片山梨絵のOFFROAD TO LONDON vol.1 光が見えはじめた「ロンドンへ五輪への道」

ソフトボール女子2部リーグ開幕!湘南ベルマーレ厚木の開幕節は1勝2敗
[女子ソフトボール:2部リーグ ホープセクション第1節]
◇4月22(金)〜25日(月) ◇名古屋市港区・稲永公園野球場

ソフトボールの女子2部リーグは、今シーズンも昨シーズン同様、ホープセクションとアドバンスセクションという8チームずつのグループに分かれてリーグ戦を戦い、リーグ戦終了後、それぞれ上位2チームがプレーオフを行ない1部昇格チームと入れ替え戦出場チームを決めることとなります。

今シーズンからチーム名に“厚木”を加えた湘南ベルマーレ厚木女子ソフトボールチームは、今シーズンも安藤美佐子監督の下、ホープセクションで戦います。

開幕戦は、戸田中央病院を相手に0-8と敗戦スタートとなりましたが、雨で2日目が流れ、3日目の日本ウェルネス戦では8-0と大勝し、リーグ戦初勝利を上げました。しかし、予備日の4日目に行なわれたYKK戦は、21-0と大敗し、開幕節は1勝2敗の負け越しスタートとなりました。
各試合のスコアは以下の通りです。

◇試合結果◇
4月22日(金)             計
湘南ベルマーレ厚木 000 000 0 0
戸田中央病院     040 400 X 8
4月24日(日)             計
日本ウェルネス     000 000 0 0
湘南ベルマーレ厚木 101 006 X 8
4月25日(月)             計
YKK            065 303 4 21
湘南ベルマーレ厚木 000 000 0 0

■4月20日更新
澤野大地がアメリカで今シーズン屋外初戦。5m62を跳び3位
[棒高跳:マウントサックリレー]
◇4月16日(土) ◇アメリカ/カリフォルニア州 Mt.San Antonio College
澤野大地がアメリカで今シーズン屋外初戦。5m62を跳び3位

澤野大地が、アメリカカリフォルニア州で行なわれた「マウントサックリレー」に今年も出場しました。

5m42を2回目にクリアした澤野は、5m52をパスして5m62に挑み、3回目の試技で成功しました。試技数の差で、同記録のジオバンニ選手(メキシコ)が2位、澤野は3位となりました。(優勝はアメリカのスコット選手で、記録は5m72)

澤野は試合後「屋外初戦としては良い結果でした。調整も順調なので、29日の織田記念が自分でも楽しみです」とコメントしています。

BMXフラットランドの世界サーキット第2戦「NinjaSpin」で佐々木元は7位
[BMX Flatland World Circuit Round 1「Jomo Pro」]
◇4月16日(土)〜17日(日) ◇フランス/オネ ル シャトー
BMXフラットランドの世界サーキット第2戦「NinjaSpin」で佐々木元は7位

BMXフラットランドの世界サーキットの第2戦「NinjaSpin」がフランスで開催され、佐々木元が、1週前の開幕戦に続いて参戦しました。

予選は開幕戦と同じ3位で決勝進出を決めましたが、決勝は1回戦で敗れ7位で大会を終えました。

本人のコメントなどが入りましたら、当欄に追記いたします。

女子プロゴルフツアー再開。北田瑠衣はトップと2打差7位タイ!
[女子ゴルフ:心をひとつに 西陣レディスクラシック]
◇4月15日(金)〜17日(日) ◇熊本県菊陽町・熊本空港カントリークラブ
女子プロゴルフツアー再開。北田瑠衣はトップと2打差7位タイ!

西陣レディスクラシックが、 「心をひとつに 西陣レディスクラシック 〜東日本大震災 復興支援チャリティ〜」と名称を変え、女子プロゴルフツアーが再開しました。

北田瑠衣は、初日から安定したゴルフで、3日間トータル3アンダー、トップと2打差の7位タイの好成績を上げました。

藤田幸希(TOSHIN)はボギー先行の苦しいゴルフとなり、3日間トータル8オーバーの単独41位でトーナメントを終えています。

片山梨絵が南アフリカでクラス2レースに出場。W杯初戦と同コースを“試走”
[MTBクロスカントリー:CSA MTB National Series(UCI Class-2)]
◇4月16日(土) ◇南アフリカ/ピーターマリッツバーグ

長期遠征中の片山梨絵(SPECIALEZED)は、ワールドカップ初戦が行なわれる南アフリカに移動し、16日、クラス2のレースに出場しました。翌週(23日)にワールドカップが行なわれるコースでのレースで、表彰台はワールドカップで上位争いするメンバーとなりました。

そんな中、片山は、到着翌日のレースで、試走ができなかったこともあり、タイヤ選択の問題もあって7位でのゴールとなりました。

本人から届いたレースレポートには、「今回はトレーニングレースだったので結果は気にしない。しかし、1週間後にはワールドカップが開幕する。ロンドン五輪の枠を獲得するには一つのレースも落とせない。自分の声にしっかり耳を傾けて、復活するぞ!!!」と力強いの言葉が踊っています。

ボストンマラソンに出場した大南博美は、足の痛みがありながらも走り切りました
[マラソン:第115回ボストンマラソン]
◇4月18日(月) ◇アメリカ/マサチューセッツ州ボストン

州の祝日であるパトリオット・デイ恒例のボストンマラソンが行なわれ、大南博美(ユティック)が出場しました。

世界選手権選考レースの名古屋国際女子マラソンに出場予定でしたが、その直前に足を痛めていたとのことで、今大会はレース序盤からペースを上げることができませんでしたが、最後まで走り切り、2時間58分31秒の91位でゴールしました。

■4月13日更新
BMXフラットランドの世界サーキット第1戦で佐々木元は予選3位通過、決勝5位
[BMX Flatland World Circuit Round 1「Jomo Pro」]
◇4月9日(土) ◇アメリカ/ミズーリ州 ジョブリン
BMXフラットランドの世界サーキット第1戦で佐々木元は予選3位通過、決勝5位

BMXフラットランドの世界サーキットの第1戦「Jomo Pro」がアメリカで開催され、昨シーズン世界ランキング2位の佐々木元は、予選3位の好成績で決勝に進出しましたが、決勝の1回戦では、2009年のチャンピオンであるマティアス・ダンドワと対戦し惜しくも敗れ、5位に終わりました。

佐々木は次のようにコメントしています。
「決勝1回戦もとても調子が良く、今の段階での最高の演技が出来ましたが、敗れてしまいました。オフシーズンに新しい演技の練習に費やす時間がとても多かったために、演技自体の完成度の質が落ちてしまっているので、来週行なわれるフランスの大会ではミスを出来るだけ減らせるように挑みたいと思っています!!」

決勝進出者8名(うち4名が日本人ライダー!)のダイジェスト動画がアップされていますので、下記の文字リンクからぜひご覧ください。
ダイジェスト動画を見る

廣道純がパリマラソンで6位。最後は3人同タイムの2番手でのゴール
[車いすレース:パリマラソン]
◇4月10日(日) ◇フランス/パリ
廣道純がパリマラソンで6位。最後は3人同タイムの2番手でのゴール

パリマラソンに出場した廣道純は、先頭から5分4秒遅れの1時間34分17秒、6位でゴールしました。

本人のブログでの報告によれば、14km付近で集団が中切れを起こし、第2集団でのレースとなり、最後は3人同タイムの2番手でのゴールとなったようです。

本人は、「とりあえず出し切りました」とコメントしており、まずまず納得のいくレースとなったようです。

■4月6日更新
片山梨絵がポルトガルでのレースで優勝!クラス1レースで今季2勝目!!
[MTBクロスカントリー:Portugal Cup XCO(UCI Class-1)]
◇4月3日(日) ◇ポルトガル/ポーヴォア・デ・ラニョゾ
片山梨絵がポルトガルでのレースで優勝!クラス1レースで今季2勝目!!

片山梨絵(SPECIALEZED)は、ポルトガルで行なわれたクラス1のレースに出場し、スペインでのレースに続いて今季2勝目をあげ、UCIポイントを60pt.獲得しました。

1周目の後半に先頭に立ち、日本のレースのような走り慣れた状況となったことで、徐々に後続との差を広げ、2位に4分以上、先週敗れたカストロ選手には7分もの差をつける快勝となりました。

片山からの報告には、「周回を重ねるほど、どんどん体調が上がって体に力が入っていくような感覚があった。ペースを落とすことなくそのまま5周回のラップを刻み、2度目の嬉しい優勝だ!」と、満足そうな言葉が綴られています。

次は南アフリカに渡り、クラス2のレースのあと、23日に今シーズン最初のワールドカップを迎えます。

フラットランド全日本選手権に浦安市で被災した佐々木元が出場、2位表彰台!
[BMXフラットランド:全日本選手権第1戦 KING OF GROUND Round1]
◇4月3日(日) ◇名古屋市東区・オアシス21
フラットランド全日本選手権に浦安市で被災した佐々木元が出場、2位表彰台!

BMXフラットランドの全日本選手権の第1戦が名古屋で開催され、昨年の世界ランキング2位、日本ランキング1位の佐々木元が出場し、2位の成績でした。(写真左)

優勝を狙っていた佐々木は、次のようにコメントしています。
「去年の優勝からさらに練習に励みまた新たな自分を表現する事をテーマを決め、今年の全日本選手権初戦も攻めの姿勢で戦って来ることができました。優勝することが出来ずとても悔しいですが、挑戦する事を忘れずに、来週とその翌週にアメリカとフランスの世界大会にチャレンジしてきます!いい結果を報告できるように頑張ってきます!応援よろしくお願いします」

本人は口にしませんが、佐々木が住む浦安市は、東日本を襲った大地震による液状化の影響で、いまだにライフラインが完全に復旧せず、練習していた近くの公園も使用できなくなった中での大会参加でした。大会前に襲った災害を思えば、今回の2位は十分な結果と言えます。(⇒ ブログで浦安の様子をレポートしています。

佐々木はすでに、4月9日にアメリカで行なわれる世界サーキット第1戦のため日本を発ちました。同じ被災者として、明るいニュースを届けられるよう、精一杯の力を発揮するはずです。ぜひ、佐々木の活躍にご注目、ご声援をお願いします。